記事一覧

お盆を前に

2018.08.11

アイコン

お盆が明ければ 9月議会の準備開始

 6月議会が終って、暑い暑いと言っている間にもう8月となり、23日には一般質問通告締切、27日には議案が配布されるなど9月議会が始まります。

 7月5日には「可燃ごみ処理の広域化に係る協議について」が、8月1日には「幸手市立吉田幼稚園の今後の対応等について」という通達が市長から全議員に配信されました。その説明も9月議会でなされるということ。ごみ処理広域化とは、現在の杉戸町環境センターの老朽化に対応することなく、久喜市と宮代町が進めているごみ処理施設の新炉建設の協議に参加を申し入れたというものです。吉田幼稚園については市がついに平成33年度末の「廃園」を決定したというものです。

 財政厳しき最中、さらに人口減少が止まらない中で、どのような判断をすべきなのか、説明のない今の段階で何も語ることはできませんが、なにはともあれ、幸手市の課題は何にしても「財政」です。

 庁舎の老朽化、水害対策、都市計画道路の整備、下水道の延伸などなど、やらめばならない大型事業の財政需要が山積の上に、新たな課題も目白押し。おカネがないからと必要な事業を先送りすることはできません。
 毎年のことながら、このブログはお盆の間はお休みをいただきますが、以上のようなことを宿題として、お盆の間、いろいろな情報収集を怠ることなく、9月議会に向けて準備していきたいと思います。

 また、お盆明けから更新をしてきたいと思っております。皆さまにはお体ご自愛の上、お過ごしくださいますよう。
 それでは、お盆明けに。

しらさぎ子ども祭り

2018.08.11

アイコン

香日向 祭りだワッショイ!

 どうなっているのかと思うほど暑い毎日が続いています。この暑さの中、本日は毎年恒例の香日向「しらさぎ子ども祭り」が開催されます。

 今年第6回目となる祭りです。香日向小学校が長倉小学校と統合した平成24年に地域の方が廃校を惜しみ、記念の山車を造ってくださったのが発端で、地域の有志の方たちによって引き継がれています。

 午後3時から旧香日向小学校グラウンドでイベントがあり、その後3時45分から山車が香日向の中を練り歩きます。子どもさんが減っている香日向地区ですが、お孫さんの参加も増えてきて、毎年たくさんの小さなお子さんたちが参加してくれています。途中で冷たいスイカの提供もあります。駄菓子のお土産もありますよ。

 近隣からの参加もOKのようです。暑い最中ですが、お時間のある方はご参加を。また、山車の巡行ルートの皆さまは是非、声援をよろしくお願いいたします。なお、お世話くださる皆さまには熱中症に十分お気を付け下さい。
 さて、私も少し覗いてくるかな。
 
 

台風一過 高齢化・老朽化の一幕

2018.08.04

アイコン

地域の”あのひと”が思い浮かびますか

 7月28日以来更新が滞り申し訳ございませんでした。実は、台風12号に背中を押されるように1日まで郷里(京都)の実家を訊ねておりました。今回はその時の出来事から。

 今回の台風は、幸手市においては降雨量も比較的多くなく過ぎ去ったと聞いてほっとしていますが、東から西に通りぬけるという異例の経路をたどり、奈良、京都、そして岡山や広島など西日本の広範囲に深い爪痕を残す結果となりました。大阪北部地震、西日本豪雨などに引き続いて被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

 さて、台風12号では奈良、京都でも多くの地域で避難勧告が出ました。特に土砂災害などの危険がある地域です。実家付近でも28日から29日にかけてたいへんな雨が暴風と共に降りつけました。夜、一瞬電気が消えてヒヤッとするも、幸いすぐに復旧し停電は回避。しかし、台風一過、夜が明けて外に出てびっくりしたのは、実家の2階の屋根の破風を覆っていた板金が無残にはがれて、以下の写真の状態に。一部は風で飛ばされて庭に落ちていました。中の木の板が相当程度傷んでいたんですね。
ファイル 1075-1.jpg

 夜中に激しい雨音の中、トタンの打ち付ける音がするなあと思っていましたが、まさかこんなになっていたとは。地元の業者や親戚などにいろいろ電話をかけ、幸い、数ヶ月前に屋根の修理を依頼した工務店に連絡がつき、当日のうちに危ないトタンは取り外してもらえました。築50年以上の家ともなると見た目ではわからない傷みが進んでいます。
ファイル 1075-2.jpg 

 今回はたまたま私がいたことで何とか必要な処理ができましたが、高齢の母では対応できません。親戚や身内がそばにいない、ご近所に頼むにも限界はあるなど、様々な条件の中で生活している私たちが、このような問題に直面するケースは今後増えていくことが想定されます。 

 皆さまは「何かのときにはあの人に相談しよう」という方はいらっしゃいますか。身近な家族や親戚を頼れる方はよし。もし、地域に「あのひと」が思い浮かばないという方は是非、いろいろな機会に交流の場にお出かけになってお顔見知りを一人でも二人でも増やされますよう。

 もちろん、私も「あのひと」に加えていただければ幸いです。個人の限界、立場の限界はありますが全力対応して参ります。ご遠慮なくご連絡ください。
 

 

台風一過 高齢化・老朽化の一幕

2018.08.04

アイコン

地域の”あのひと”が思い浮かびますか

 7月28日以来更新が滞り申し訳ございませんでした。実は、台風12号に背中を押されるように1日まで郷里(京都)の実家を訊ねておりました。今回はその時の出来事から。

 今回の台風は、幸手市においては降雨量も比較的多くなく過ぎ去ったと聞いてほっとしていますが、東から西に通りぬけるという異例の経路をたどり、奈良、京都、そして岡山や広島など西日本の広範囲に深い爪痕を残す結果となりました。大阪北部地震、西日本豪雨などに引き続いて被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

 さて、台風12号では奈良、京都でも多くの地域で避難勧告が出ました。特に土砂災害などの危険がある地域です。実家付近でも28日から29日にかけてたいへんな雨が暴風と共に降りつけました。夜、一瞬電気が消えてヒヤッとするも、幸いすぐに復旧し停電は回避。しかし、台風一過、夜が明けて外に出てびっくりしたのは、実家の2階の屋根の破風を覆っていた板金が無残にはがれて、以下の写真の状態に。一部は風で飛ばされて庭に落ちていました。中の木の板が相当程度傷んでいたんですね。
ファイル 1076-1.jpg

 夜中に激しい雨音の中、トタンの打ち付ける音がするなあと思っていましたが、まさかこんなになっていたとは。地元の業者や親戚などにいろいろ電話をかけ、幸い、数ヶ月前に屋根の修理を依頼した工務店に連絡がつき、当日のうちに危ないトタンは取り外してもらえました。築50年以上の家ともなると見た目ではわからない傷みが進んでいます。
ファイル 1076-2.jpg
 ファイル 1076-3.jpg

 今回はたまたま私がいたことで何とか必要な処理ができましたが、親戚や身内がそばにいない、ご近所に頼むにも限界はあるなど、様々な条件の中で生活している私たちが、このような問題に直面するケースは今後増えていくことが想定されます。 

 皆さまは「何かのときにはあの人に相談しよう」という方はいらっしゃいますか。身近な家族や親戚を頼れる方はよし。もし、地域に「あのひと」が思い浮かばないという方は是非、いろいろな機会に交流の場にお出かけになってお顔見知りを一人でも二人でも増やされますよう。

 もちろん、私も「あのひと」に加えていただければ幸いです。個人の限界、立場の限界はありますが全力対応して参ります。ご遠慮なくご連絡ください。
 

 

台風12号

2018.07.28

アイコン

午後から今夜にかけて

 数日前の酷暑がウソのような気温にほっとする間もなく、今日の昼から明日にかけて日本列島を縦断すると考えられている台風12号。警戒が必要です。

 大型の台風です。関東甲信越では400ミリの雨が予想されています。今、6時半過ぎですが、予報より早く雨音が強くなってきました。災害情報や防災無線に注意してお過ごしください。

ページ移動