記事一覧

悪いニュースこそ先

2020.01.07

アイコン

増田寛也日本郵政新社長就任 「危機感を共有して事態の解決を図ろう」

かんぽ生命保険の不適切販売問題などが発覚した日本郵便は6日、増田寛也元総務相を社長に迎え、新体制を発足。その様子をメディアが取り上げていました。増田新社長が語る言葉の中に"なるほど"と思うフレーズがありましたので、私の備忘録方、お伝えします。

その言葉とは、「いいニュースは後でもいい。悪いニュースこそすぐに伝えてほしい」ー。というもの。「なんだ、当たり前じゃないか」そう思う方もいらっしゃるでしょう。でも、この当たり前が当たり前でないときに、やはり"事件"は起きるのです。これは個人でも家庭でも組織でも同じ。「問題対処のセオリー」ですね。世の中、悪いニュースを後回しにすることを要因とする不祥事や不適切な出来事は後を断ちません。悪いニュースは即刻共有する。これは失敗を失敗に終わらせない究極のセオリーです。
しかし、それにはまず、何が悪いことかを見極める目が大事。何が悪いニュースなのかが分からなかったり、闇雲に根拠のない杞憂を伝達するのでは周りを翻弄させるだけですから。

情報とは玉石混交。発信者のバイヤスが入ってしまうことはどうしても避けられません。このブログを始め、今、私は情報発信者という立場にあって、そんな落とし穴に落ちないよういつも自分を戒めています。その防御策の一つが複数の新聞を読むことです。経済新聞、一般紙、地方紙、時に専門紙など。本当はもっと専門紙を読みたいところですがそれには時間が足りません。今でも全紙を読むのがアップアップな時もあります。それでもとにかく新聞を読む。そして、各紙の論調の相違を確認する。今、新聞を取らないご家庭も多いようですが、一面トップニュースから経済、国際、文化、生活などの情報を満遍なく否応なしに目にできる媒体は貴重です。そして、テレビを観る。キーワードが見つかればネットでさらに検索する。そして何より大事なのは皆さまとの会話です。家に籠もって情報収集し、皆さまの声も聴かないでは本末転倒ですよね。

世の中のキャッチーな言葉や情報、雰囲気、キーワードやキーポイントを摘み出し咀嚼する作業は楽しいですが、実はまだまだアナログ派の私は、紙ベースの情報保存も多く、おかげで家中が書類だらけ。読みきれない新聞や資料の山は部屋のキャパを超えるまでに達して。これには閉口しています(笑)。

♥話はそれましたが、今日は日本郵便新社長の言葉を取り上げました。当たり前だけれど、何か起きた時ほど実行が困難な言葉です。昨日は役所の仕事始め。私も会派で挨拶に行きましたが、その中で、木村市長の新年あいさつで、「私が責任を持つから、持ち場持ち場で思う存分やってくれ」との主旨のお言葉があり、職員のヤル気が随分鼓舞されたようですよ。職員が言ってました。人の心に届く言葉って大事ですね。

♥♥私も、これまで以上に、出来る限り皆さまのご判断に資する「玉」な情報を発信することに心がけてまいります。まだまだ未熟者かつ、皆さまのご関心やご興味のあることばかりの発信ではないかも知れませんが、これからもご訪問をお待ちしています。また、ご知人にもご紹介(拡散)いただければ幸いです。皆さまの日々のご訪問に力をいただいています。いつもありがとうございます。

久しぶりの映画

2020.01.05

アイコン

「決算!忠臣蔵」現在にも重なる財政諸事

早いもので、今日はもう5日。明日が仕事始めという方も多いかと思います。私も昨日は少し時間ができたので、お正月最後のイベントとして久しぶりに家人と一緒に映画館へ。今話題の「決算!忠臣蔵」を観て来ました。予算だ決算だという言葉をみるとつい反応しています。

このお話しは、赤穂藩筆頭家老の大石内蔵助が残した決算書をもとに、討ち入り計画を金銭面から描いたもので、突然の藩お取り潰しという悲劇の裏で起きていた藩の台所諸事が喜劇として描かれています。私は歴史に明るくはないのですが、大石内蔵助が最期に遺した決算書は通常の藩政の記録ではなく、お取り潰しの際に藩主の奥方から借りたお金の清算書というべきものではないかと想像します。取り潰しのあとの残務整理をしながら再興を目指すも、藩内や江戸庶民の仇討ちを熱望する空気に抗えず、残りわずかな資金を工面して討ち入り計画を決行する。限られた「予算」で一大プロジェクトを「決算」できるかー。これが大石内蔵助始め、勘定方に課せられた使命でした。

この映画の宣伝は「時代劇コメディ」となっていますが、ギャグコメディとは違って、よくよく噛むとさらに味の増すお話でした。ヒトやモノゴトが動くと必ず必要となるのがお金です。そんな当たり前なことを改めて思い出させられました。決算や予算という言葉に反応してしまうという方、今日、もう一日、お時間のある方は是非映画館に。安倍首相も3日に昭恵夫人と観賞されたようですよ。

♥さて、あっと言う間に日にちが過ぎていきます。まだ1月だと思っていても、2月後半には3月議会が始まります。今年の3月議会に上程される予算案は新市長の初めての予算編成であり、今まさに、木村市長の下、予算編成が佳境を迎えています。かなり厳しい査定余儀なしとの情報もあり。勘定方には昨年度の決算を総点検して無駄・無理のない予算編成に期待しています。

新年を迎えて

2020.01.01

アイコン

新たな年が明けました。本年もよろしくお願いいたします

令和2年の幕が開きました。私儀、昨年義母が亡くなり喪中につき、新年を寿ぐご挨拶は失礼いたしますが、日頃より頂く皆さまの温かなご支援、また、いつもブログにお立ち寄り下さりお力を頂いておりますことに心より感謝申し上げ新年のご挨拶とさせていただきます。本当にありがとうございます。

昨年は、春の統一地方選挙での3期目の挑戦、夏の市長広島事件、秋の市長選挙、台風19号などなど大きな出来事がたくさんありました。今年は市議会議員として10年目を迎え、これまでの経験を礎として、私たちの生活の安全、安心を守ることを第一に、将来を見据え、議員活動にさらに精進して参ります。皆さまには変わらぬご指導、ご支援をよろしくお願い申し上げます。

日本人だなあ

2019.08.31

アイコン

季節は移ろい ツクツクボウシ鳴く

今、庭からツクツクボウシの鳴き声が聞こえてきました。ツクツクボウシの声が聞こえると秋は近い。

セミで鳴き声ということはありませんが、でもセミは鳴くと形容しますね。セミといえば、
静けさや岩にしみ入る蝉の声 芭蕉

誰でも一度は聞いたことのある俳句です。日本人は古来自然を大切にし、自然を感じながら生活してきました。世界中の誰もがセミやスズムシ、コウロギなどの虫の声が聞こえるわけではないようです。虫の声を聞き分けられるのは聞き分けることが楽しいからです。四季折々があり、その移ろいや風情を楽しむ中で研ぎ澄まされてきた感覚です。

いろいろ考えゴトが煮詰まってくると考え事から逃避したくなっちゃいますね。今日、ツクツクボウシの声を聞きながら、私も一度リセットです。静かに耳を澄ませてみると、扇風機の音に混じって小さな虫の音、鳥のさえずりなどが聞こえます。ほっと心が和みまます。世の中は慌ただしく、目まぐるしくあるからこそ、ほんの一瞬でも自分の中の五感と戯れて一息つこうではありませんか。
そうそう、こんな歌もありましたね。

🎵🎵 あれ松虫が 鳴いている
ちんちろ ちんちろ ちんちろりん
あれ鈴虫も 鳴き出した
りんりんりんりん りいんりん
秋の夜長を 鳴き通す
ああおもしろい 虫のこえ

きりきりきりきり こおろぎや(きりぎりす)
がちゃがちゃ がちゃがちゃ くつわ虫
あとから馬おい おいついて
ちょんちょんちょんちょん すいっちょん
秋の夜長を 鳴き通す
ああおもしろい 虫のこえ 🎵🎵

♥よかったら口ずさんでみてください。秋はすぐそこに🍂🍁🌾

暑い熱い夏

2019.08.07
熱中症🥵 知事選🎤 甲子園⚾️ オリンピック🎽…

今日も暑い1日が始まりました。"暑い、暑い"と言っても涼しくなるわけはないのですが、それにしても暑い日が続いています。夜も汗が引かない寝苦しさで不眠状態という方はいらっしゃいませんか。

消防庁は、7月29〜8月4日の一週間に全国で1万8347人が救急搬送されたとの速報値を発表。うち高齢者が54.3%だそうです。埼玉は重症68人、中等症503人。高齢者が56.3%と過半数を超えています。また、発生場所は、庭などを含む「住居」が41.0%。照り返しが強くなりがちな「道路」が17.1%と続きます。

昨日は、京成線では通勤時間帯の停電で、駅間で8本の電車が立ち往生。東京墨田区の押上線でも普通電車のエアコンが止まり、乗客の男女15人が体調不良を訴え、うち9人が熱中症と診断されたとか。

そのような中、明日告示の知事選では行田邦子氏が体調不良で出馬を断念。疲労で体重が激減したり、連日の猛暑の中での街頭演説で熱中症のような症状が見られたとか。甲子園では昨日、第101回全国高校野球選手権大会が開会され、埼玉代表花咲徳栄高校はじめ、全国の高校球児たちがこれから熱戦を繰り広げます。このほかにも、来年の東京2020に向けた戦い、また、いろいろな地域や街角でも様々な屋外行事🎋やイベント🎸が連日行われているようです。当然、お仕事でどうしても屋外に出なければならないという方も多いと思います。本当にご苦労さまです。兎にも角にも、暑い熱い夏、皆さまにはご体調に気をつけてお過ごしください。

♥♥クーラーをかけっ放し状態にすることに何となく罪悪感を感じたり電気代が気になるという方もあるかも知れませんが、まずは体調を最優先に。私も少々時間が長くなっても体調第一にクーラーを使います。また、雨戸を半開けにして直射日光を遮ったりしています。今年は昨年あたりまでよく耳にした「クールスポット」という言葉もあまり目や耳にしませんが有効です。往来に無理がなければ、暑い時間帯は地域の公共施設などをクールスポットとして避暑や喫茶をするとか、知人やご近所でひと所に集まって過ごすなど工夫をして乗り切って行きましょう。

♥🥤🍙🍇🍌🍫🍦
水分補給は当然のことながら、暑くて料理もしたくない、食欲がないという時もありますね。でも、そんな時も何かしら口にして体力をキープされますようお務め下さい。

ページ移動