記事一覧

福島会津若松にて

2013.05.19

アイコン

会津磐梯山は~宝の山よ~ 

 先日、地域のご高齢の方のグループとご一緒に、NHK大河ドラマの舞台、会津若松城、白虎隊のお墓のある飯盛山などを回ってきました。

(会津若松城)
ファイル 229-1.jpg   

 ご高齢者の旅ですから、無理は禁物。ご自分の体力に応じて散策を楽しまれましたが、中には若松城や飯盛山に登る階段や坂道にチャレンジする90歳、80歳代の方もあって、介添えするこちらが元気をいただいたという場面もありました。

 飯盛山の正面。登りはエスカレーターで。日陰にはシャガやヤマブキが花盛りでした。
ファイル 229-2.jpg ファイル 229-3.jpg

 もう皆さまご承知の通り、白虎隊は会津藩の藩校で学ぶ15歳、16歳という年端もいかない少年たちによって戊辰戦争の折りに組織されました。官軍と闘い、傷ついた体で目指した飯盛山は、お城や城下が見渡せる彼らの幼いころの遊び場だったそうです。そこで彼らは、遠く離れた若松城が炎上している姿を見て、もうこれまでと自刃を決意したのですと現地の女性ガイドさんが教えてくれました。しかし、彼らが見たのは味方が城を守るため、城の周囲に放った火で、実は城が燃えたのではなかったのです。哀しい結末ですね。若松城には彼らの凛々しい肖像画も飾られています。

 新緑の山々とは対照的に、まだ少し雪が残っている磐梯山の雄大な景色と、穏やかな湖面の猪苗代湖です。     
ファイル 229-4.jpg ファイル 229-5.jpg
   
 

久々の更新 第2弾

2013.01.21

アイコン

地域情報 @富山市のタクシー

 先週の週末、所用のため富山市におりました。そこでタクシーに乗ったのですが、料金表が後部座席に向けて張り出してあったので、写真を撮らせてもらいました。他の街にはその街の事情もあるでしょうし、少なくとも富山市は県庁所在地ですから単純な比較はできませんが、この富山市のタクシー会社は初乗り運賃が破格に安い。運転手さんに聞いてみると「他のタクシー会社の料金と比べると1.3倍走らないと儲けにならないが、お客様の数は確実に増えている」とのことでした。
ファイル 157-1.jpg

 私は12月議会で「幸手市の循環バスの利便性の向上と、公共交通の将来ビジョン」について一般質問をしました。幸手市でもすでに交通手段としてタクシーを利用されている方、今後免許返納をされる方の増加など潜在的に公共交通のニーズは増えていることが想定される中、それにどう対応していくのか。より住みよい街づくりが促進されるよう考えていきたいと思ったからです。この件については幸手市ではまだ議論は行われていませんが、公共交通の在り方についてはこれからも考えて行きたいと思っています。

 さて、そして下の写真は平成15年春に開通予定の北陸新幹線富山駅の工事風景です。この新幹線が開通すると、大宮から富山までが1時間30分で結ばれるそうですよ。
ファイル 157-2.jpg ファイル 157-3.jpg

奈良・京都 帰省でリフレッシュした後は

2012.08.19

アイコン

9月に向かって

 9月は市議会が開催されます。開催日程は9月3日から28日まで。平成23年度の決算が主な議案となる予定です。

 そして、8月23日は議会での一般質問の通告期限となっています。お盆前にもお話しましたが、お盆期間中も幸手市のまちづくりの課題についていろいろ考えていました。持って行った資料も一生懸命読みました。
 私は幸手市が大好きです。ここ数日、奈良・京都を題材にブログを書きましたが、奈良や京都が良いというのではなく、それぞれのまちにはそれぞれに良いところがあって、それをどう活かしていくか、どこのまちでも必死に取り組んでいるんですね。
 幸手市にも市民の総力を集めた素晴らしいまつりがありますよね。今年は残念ながら”取材”できませんでしたが、長い歴史を守っていくというのは本当に大変なことだと思います。

 最後に、私のふるさとの景色を掲載します。山があるかないかの違いくらいで、幸手市と良く似た田園風景でしょう?
ファイル 58-1.jpg

 
 

奈良・京都 Part2 なら燈花会

2012.08.18

アイコン

帰省報告第2弾 夜の奈良公園 興福寺と猿沢池から望む五重塔

 14日は夕方から主人と奈良公園へ。この日は奈良公園で8月5日から行われてきた「なら燈花会(とうかえ)」という光の祭典の最終日でした。前日の雨で蒸し暑さの増した奈良公園には多くのボランティアの協力によって灯されたろうそくが揺らめいて、浴衣がけの女性やカップル、中高年夫婦など多くの人たちといっしょに汗だくになって漫ろ歩きながら興福寺や春日大社、東大寺大仏殿などを巡りました。
 
 まずは近鉄奈良駅から興福寺、猿沢池へ。
ファイル 56-1.jpg ファイル 56-3.jpg ファイル 56-2.jpg ファイル 56-4.jpg ファイル 56-5.jpg

奈良・京都 Part1

2012.08.17

アイコン

皆さま、お久しぶりです

 お盆が過ぎましたね。まだまだ暑いですが皆さまお変わりありませんか。また今日からブログを再開いたします。今後ともご愛読のほどよろしくお願いいたします。さて、このお盆期間中、私はふるさとに帰省し、久しぶりに老親と過ごしてきました。ブログ再開にあたり、まずは今回の帰省で撮った写真の幾つかをご紹介したいと思います。

ファイル 55-1.jpg往路、東京から新幹線で京都へ。品川近く、車窓からの夏雲と、京都駅から近鉄線で奈良へ向かうとすぐ見えてくる東寺さんの五重塔。この塔を見ると「ああ、帰ってきた」と実感します。
ファイル 55-2.jpg

ファイル 55-3.jpg 近鉄線で大和西大寺から奈良に向かう途中の平城宮跡。奈良に向かって車窓左手に、再現された「大極殿(だいごくでん)」が見えます。平城宮跡に風のわたる風情は私が小学生の頃からほとんど変わっていません。

ファイル 55-4.jpg 実家の庭で父が作っている「ひもとうがらし」。関西の野菜です。「万願寺とうがらし」は食べたという方もいらっしゃるかも知れませんね。でもこのとうがらしはまだ、関東では売っていないと思います。美味しいですよ。しかし今年は新種なのでしょうか、やけに細いとうがらしです。

ページ移動