記事一覧

私たちが考える不信任の理由

2019.08.21

アイコン

報道の視点との違い

昨日の市長辞職については、夕方以降、メディア各社がネット速報やテレビなどで報道。どのメディアも事実を解りやすく報じていましたが、ひとつ気になるのは多くのメディアの見出しが、例えば、「暴行容疑の幸手市長が辞職へ 事件は事実無根 争う」など、市長の罪状に視点をおいたものになっていることです。

私たち(今回の事件でいち早く会派代表者会議や議会運営委員会、議員全員協議会の開催を求め、辞職はしないとしていた市長に対して不信任決議を模索した有志議員)が問題としているのは、市長が異郷の地で逮捕された事実もさることながら、平和事業の団長として公務出張中に、引率した中学生を置き去りに飲酒に及ぶという公人としての不適格な行動そのものです。

暴行容疑が晴れようと晴れまいと、事実無根で争うか否かは市長個人の問題であり、私たちが辞任を求める主たる理由ではありません。被疑者の立場で公務が継続されることは問題だと思っていますが、しかし、この問題が、市長の起訴不起訴問題に矮小化され、不起訴なら不信任が吹っ飛ぶということではないということに是非、皆さまのご理解とご認識をお願いします。

また、昨日の"たった4分議会"を傍聴した方から、議会運営に疑問を禁じえないとの厳しいご指摘をいただきました。私たち( 〃 )としては最速かつ精一杯の対応で市長の責任を問うたつもりです。その結果、最後の最後に不信任決議ではなく、市長自らが辞任という形で終止符が打たれた。この経緯についての市民の皆さまへの説明がもう少し丁寧にできなかったか。私にもそんな思いが残りました。一方で、議会の手続きとしてはあれが限界との意見もあり。この点については今一度精査し見直してみますのでしばらくお時間を下さい。

いずれにせよ、市長は今日辞任。秋の市長選で新たな市長が決まるまで「幸手市長」は不在です。その間、副市長が職務代理者に。市政の停滞は許されない。自治法の定めにより辞任後50日以内に市長選挙が行われるとなると告示、投開票の日にちが繰り上がります。

そして、市長問題にひとまず決着が付き、9月議会は予定通りの日程で開催されることに。22日は一般質問の締め切り日。市長不在の虚しい一般質問ですが準備を急がねばなりません。また、平成30年度決算や補正予算なども予定通り26日に配布され、審議も通常通りの予定です。

♥日々執行される行政は待ったなし。市政一新。今の幸手市ではこれ以上の命題はありません。

呆気なく終わった 幕引き4分

2019.08.20

アイコン

速報 臨時会の結果

今日の臨時会は市長の不信任案提出の段取りでしたが、臨時会開会前に市長から議長にあて辞職届が出され、議運は不信任決議案を取り下げ、急遽、市長の退職についての件という議案に切り替えて上程、議会は退職に同意しました。21日付けでの辞任です。

事の経過は次のブログにまとめますが、取り敢えず、NHKはニュース645で報道されるとの情報です。報道機関が多数詰めていたので明日の朝刊を待たず、他のテレビどもニュースとして取り上げられるかも知れません。

率直な感想として、臨時会はあまりに呆気なく終わり、市長の肉声での挨拶もなし。市民は市長の意図を知る術もなく終わりました。
辞職という目的を達成したことは一定のご評価を頂きたいところですが、それにしても、あまりに呆気ない幕引きに、臨時会の後の市長記者会見の取材を終えた記者さんに市長のコメントを逆取材した次第です。

次のブログでもう少し詳しくお伝えしたいと思いますが、今日の夕方以降のニュース、明日の朝刊を見てからということで。よろしくお願いします。

ご報告 市長の不信任決議について 明日臨時会招集

2019.08.19

アイコン

日の議会運営委員会議で臨時会の開催が決まりました

今朝、議会事務局から、「突然ながら市長から、議会から請求されていた臨時会を明日1時に招集する旨通知があった。ついては本日午後1時から議会運営委員会を開催する」との知らせあり。私は議運のメンバーではありませんが、本日の議運は必見と考え、一部始終を傍聴(委員長の許可を得て)、6時前に帰って来ました。

突然の招集で、議運メンバーの1名が欠席のもと、委員会は午後1時開会。その後、途中休憩を挟みながら午後4時過ぎまで協議が続きました。委員からは、「あまりに性急。今日の明日という日程では告示の時間が考慮されていない」との指摘もありましたが、議会からも9月議会への影響を避け速やかな開催を要望していたこともあり、明日の開催という日程は合意されました。開会時間については微妙な調整ながら、諸般の事情を考慮し、明日の午後3時からに変更されました。
会議の途中、暫時休憩が連発。調整不足感が否めない中ではありましたが、4時頃になって取り敢えず、開催日時と臨時会の運営、不信任案の案文についての協議が整いました。

臨時会に付議される事案は「渡辺邦夫幸手市長に対する不信任決議について」です。明日は議運委員長が提案者となって提案される段取りです。

皆さまへも突然のご連絡となりましたが、ご了解ください。しかし、不信任決議の行方はまだまだ予断は許されません。いろいろなシナリオは考えられます。明日の臨時会は本会議場で、傍聴可能です。報道各社も来ることになっているようです。

午後3時開会です。皆さまにはお時間のご都合がつく限り傍聴にお越しくださいますよう。今回の騒動の最後(多分)を見届けていただけたらと存じます。

風変わる

2019.08.19

アイコン

お盆が過ぎると風が変わる

暑い暑いと言いながらお盆を過ぎ、気がつけば、日暮れも早く、吹く風にも心なしか秋の気配を感じる今日この頃。昨日は確かに風が変わったように感じましたが皆さまはいかがでしょうか。

16日、議会運営委員会で、市長不信任を議案とする臨時会の招集を請求することが決まり、議長から市長に即日手続きがなされたことをお伝えしました。土曜、日曜を挟み今日は何か動きはあるや否や。

公務出張で広島に出かけ、引率する6人の中学生を置き去りに、深夜の私的な"甘美な時間"を過ごした挙句の逮捕劇。今も公務を続ける市長に、市民は早期辞任を望んでいます。市長は自ら辞任すると暴行を認めることになるという考えのようですが、市議会の不信任決議を待つことなく、速やかに適切なご判断で自らの進退を自らお示しいただきたい。

今日、幸手市の風は変わるか。

いよいよ大詰め

2019.08.17

アイコン

不信任は渡りに船?

今朝の朝刊、朝日新聞は埼玉版で、埼玉新聞は一面で昨日の議会運営委員会の様子を取り扱っています。両新聞とも市議会が市長不信任提出を決めたことを大きく伝えるほか、独自取材によると思われるミニ情報が端々に。その気になる部分をピックアップしてみます。

◆渡辺市長は処分保留で釈放後の記者会見で辞職を否定したが、市議会の宮杉勝男議長には辞める意思があると伝えているという。面談や電話で渡辺市長と接触してきた宮杉議長は「自らやめれば暴行を認めたことになるので辞表は出さないが、議会には従うということだった」と渡辺市長の意向を説明した。渡辺市長は朝日新聞の取材に「現時点ではノーコメント」とする一方「進退に関してはきちっとした形で私の考えを説明したい」と答えた。
◆不信任案可決の場合、議会の解散または市長が失職する。否決の場合でも宮杉議長は賛成多数で可決となる辞職勧告決議案が提出される見通しを明らかにした。

◆宮杉勝男議長は公務を続ける意向を示す渡辺市長の姿勢に対し、「そのままにしておくわけにはいかないと言う人がほとんど。議員全員で諮って不信任決議案を出したい」と述べた。
◆16日朝、市長と複数の議員が面会したが市長は自ら辞職する意思を示さなかったという。
◆臨時会が開かれて不信任案が可決された場合、市長は10日以内に辞職するか議会を解散する。不信任案が否決された場合は複数議員が法的拘束力のない辞職勧告決議案を提出する見通し。

後段の2つの◆に出てくる複数の議員とは多分重複していると思われます。朝、複数の議員が市長応接室に集まっていたことは承知していますが、私を含み13日から不信任決議を模索してきた有志議員に辞職勧告をする意思はありませんし、その席には呼ばれてもいません。しかし、ここでチェックは、不信任を否決した議員が辞職勧告をするという構図です。不信任を否決するということは信任を意味し、信任した者が辞職を勧告するのでは道理が通らないと思うのですが。
また、議長は否決の場合でも賛成多数で可決となる辞職勧告決議案が提出される見通しを示したとの報道ですが、一方で議員全員に諮って不信任案を出したいとする趣旨と整合するのか。

♥まだ何が起きるか予断は許されませんが、いずれにせよ、今回の問題はいよいよ大詰め。市長の私的問題でこれ以上の市政の停滞は許されません。そして、議会がこのような問題にケジメのつけられないままで幸手市創生、再生はできないことを心して臨まねばなりません。

ページ移動