記事一覧

シンクキッズシンポジウム

2013.02.04

アイコン

シンクキッズ―子ども虐待・性犯罪をなくす会シンポジウムに参加

 枝久保喜八郎県議の「県政報告」に載っていた開催案内で知ったこのシンポジウム。以前より関心を持っていた内容でもあり、昨日は水道橋まで聴講に行って参りました。超満員の会場には、弁護士や医師など関係機関から多くの方が来場されているようでした。

 開会に当たり挨拶をされたのはNPO法人シンクキッズ顧問の国松孝次氏(元警察庁長官)。そして、岡村勲氏(弁護士・全国犯罪被害者の会前代表幹事)の基調講演に続き、労働省や内閣府の関係各種審議会委員を務める大学教授や警視庁、新聞記者など多様な機関のメンバーにより「虐待の現状と問題点」についてパネルディスカッションが行われました。
ファイル 167-1.jpg

 NPO法人シンクキッズは「子ども虐待ゼロを目指し、一人でも多くの被虐待児が希望を持って前向きに生きていけるようにすること」を目的に、「実効ある法律・条令の整備と被虐待児への支援」を主な活動としている団体です。

 国松氏は挨拶の中で「虐待が社会現象化している。どうやって少なくしていくか。これには個々人や機関の努力と共に、社会のしくみづくりが不可欠である。社会のしくみとは国の法律(立法)であり、法律ができることで圧力がかかり、救済に広がりが出る」と、法整備の促進の重要性を語られました。

 また、パネルディスカッションではパネラーから、「子ども虐待は現行刑法では犯罪立証が困難で、虐待を犯罪とするのは重い事例のみとなっている。見逃される事案は数多く存在し、統計にも表れない」と。その一因に、「児童相談所・警察・検察・医療機関等の連携不足がある。各機関による複数回に及ぶ事情聴取が被害者を更に傷つけ、立証に耐える聴取を困難にしている」と、”縦割り行政”の壁の厚さに強い憤りを訴えるパネラーもあり。

 また、「事故死であったとしても、その検証が行われないため、同じタイプの事故死が繰り返されている。子どもの自死も、その理由や背景因子の解明があまりにも不十分で、対策が講じられないため、自ら命を絶つ子どもたちが後を絶たない。法制化がここまで遅れているのは先進国では日本だけである」ことを全員が訴えておられました。

 子どもたちが伸びやかに成長する環境をつくることは私たち大人の責任です。現在、東京都や大阪市、横浜市などで子どもの虐待に関する条例化などの動きが出てきているということですが、地域の関係機関が「虐待を見逃さない・再発させない」ために、意識を高め、子どもを守る取り組みや制度づくりを加速させることの必要性を改めて肝に銘じたシンポジウムでした。

区長会主催「防災」研修に参加

2012.11.26

アイコン

研修テーマ「自主防災組織に期待されること」

        _地域防災力の向上とその重要性_

 昨日、北公民館にて区長会主催の上記研修会が開催され、市議会議員もお招きをいただき、参加して参りました。
 現在、幸手市においては「自治会単位」での自主防災組織立ち上げを奨励しています。組織率でみますと、埼玉県全域では80%を超えるようですが、幸手市では今のところ50%未満ということで、市では職員の派遣や資金的補助を行って組織化を進めています。
 大災害時に、市内の隅々にまで「公助=市や消防機関などの援助」が及ぶことは到底無理なことです。そこで期待されているのが、区長さんを頂点とした”地域のことをよく知っている”「自主防災組織」の活動です。そのこともあり、今年の区長会の研修テーマが決まったと聞いています。

 さて、講師は、防災一筋22年という(財)消防科学総合センター 総括研究員 黒田洋司氏。
 「災害は忘れた頃にやって来る」と話が始まりました。そして、公助への過信は”禁物”。自分の命は自分で守る=「自助」はもちろん、みんなで助け合う=「共助」の力を向上させていく、そのために「自主防災組織」の活動が重要なのだ、とさまざまな例を出して話を続けられました。

 講演も終わりに近づき、講師からこんな質問がありました。

     ”あなたなら、どうしますか?”

「あなたは、被災者です。
地震で自宅は半壊状態。家族そろって避難所へ。ただ、日頃の備えが幸いして、非常持ち出し袋には水も食料も3日分ある。
一方、避難所には水も食料も持たない家族が多数いる。
その前で、非常持ち出し袋を、あける?    Yes  か No か? 」

 どうですか?みなさん。私は「うーん」と考えてしまいました。混乱の中で、自分は何ができるのか。どうできるのか。日常の中ならすんなり答えがでることでも、”いざ”という時の心の備えができていないことを痛感します。

 しかし、「地域」と一口に言いますが、いろいろな問題を孕んでいるのも「地域」。隣近所の難しさもありますね。でも、”いざ”という時のために、まずは地域の住人、隣人を知ることが大事です。地域のおまつりや行事に積極的に参加するだけでも地域の力は大きく向上します。

 みんなで支え合う地域づくりは、私の公約です。私もできること、やれることに今まで以上に頑張って取り組んでいこう、そんな気持ちになった研修会参加でした。

「学校における相談支援」学習会に参加

2012.08.27

アイコン

「事例を通して見た、学校における相談支援の課題」

     ~精神科クリニックの立場から~

 昨日は、さいたま市のフリースクールが主催する上記学習会に参加してきました。このフリースクールは、特定非営利活動法人として開校14年目となる「彩星学舎(さいせいがくしゃ)」という学校です。私が地域活動として毎年冬に開催しているイベントで、ここ数年、パワー溢れる朗読を披露してくれたのを見て、名前を覚えてくださっている方もいらっしゃるかと思います。

 講師は大宮でメンタルクリニックを開院。小学生や中学生、保護者の相談事例を紹介し、医療サイドから”相談事例を理解するためのポイント”がアドバイスされました。事例として用意された2例は、私も8年間の相談員活動の中で同じようなケースに対応したことがあり、また、どこの市町村の相談員も少なからず経験しているケースでもありました。
 
 集団行動を基本とする学校教育の中で、個の子どもたちに対して学校は何ができるのか。学校とはどういう場所なのか。

 今回の学習会には他市の若い先生(臨採5年目。毎年勤務地が変わる。今年度は中2の担任)が参加されていました。クラスに不登校の生徒を抱え、「”個”への対応」と「クラスという”集団”への対応」という「やるべきこと」の狭間で感じている日々の悩みが吐露されました。

 私は9月議会の一般質問で教育問題(学力向上・教育相談)について質問を予定しています。課題や問題の解に近づけるような未来志向な議論ができるよう準備していきたいと思っています。

ページ移動