記事一覧

フリースクール主催の勉強会に参加

2013.08.03

アイコン

NPO法人「彩星学舎」のセミナーに参加して

 「彩星学舎」というと、私が冬に開催しているボランティア活動「Salon de 香日向」に来てくださっている方にはあの「元気な朗読をする若者たち」を連想してくださる方もいらっしゃると思います。

 その「彩星学舎」が主宰する「設立15周年記念連続セミナー」
     ~わが子が不登校になったら… 
        わが子が発達障がい?と思ったら…~

   『児童・生徒の見立て 及び 指導についてのアドバイス』
       -共感理解教育の実践の中でー
     理解と支援について考える講演会

に、去る8月1日、参加してきました。

 講師は「星槎国際高等学校」(特別理解教育の実践校)立川学習センター専任講師の石田博彰氏。

 講義の根底にある主旨は、
子どもたちの困り感に大人が具体的に気づき、
●どんなことで困っているのか
●困った子どもの「困り感」に具体的に気づき、対処方法を考えてみる
 ①学習環境からの対処法を考える  
 ②授業を通じての対処法(指導法)を考える

 特に、子どもの課題の把握は重要で、課題と思われる事象がなぜ、起こっているのか。つまづきの要因は何か。行動面、学習面、対人関係などとともに、成育歴やエピソードも含め、表層部分から本質的な問題を見つけることが大事だとし、その実践の方法や考え方について語られました。

 最後にセミナーに参加していた某市の中学校の相談員から「先生から受けた相談より」として質問がありました。学校の先生方には日々の実践の中でいろいろな子どもたちの抱える課題に対応していただいているわけですが、その質問を聞く限りでは、特別理解教育についてまだ、学校関係者の間で必ずしも共通理解が進んでいないか、若しくは、先生個人の問題解決力や突破力の弱さ、若しくは学校のチーム力に何か問題があるのでは、という疑問を感じてしまいました。

 特別理解教育というのは特別なことではなく、すべての「困った子」は「困っている子」であるということを基本に、それぞれの子どもの課題を分割し、最適な対応をチームで分担しながら、成長(最終的には社会で生きていく力=ソーシャル・スキルの獲得)を見守っていくことです。
 何か問題が発生した後に「カウンセラー」の専門性に頼る部分も重要ですが、日々の子どもたちが生活をする場が、より充実し、自己肯定感をもって成長できる場となるよう、チームで最適解を実行していくことが何より求められています。

 大人の責任は重大です。大人とは先生たちだけでなく、親も、地域も、商品やサービスを提供する会社もすべてを含みます。子どもたちは大人が創った社会で生きているのです。そして、私の相談員の経験からも「みんな身近な人から愛されたい存在」であることは断言できますよ。人が人として生きていく基本は「愛=他者への共感」であるということです。
 「愛されたい」とは”感情”を手に入れた人類(類人猿も含む?)普遍の欲求であろうと思っています。

教育委員会定例会傍聴

2013.07.10

アイコン

第7回定例会議事より

 昨日も暑かったですね。昨日の教育委員会定例会は吉田小学校にて開催されました。
 駐車場のコンクリートは焼けつき、会議室では四方から扇風機を回していただいてやっと汗をかかないという状況で、子どもたちもさることながら先生方も毎日、本当にご苦労様だな、と思いました。
 開会前に吉田小学校の校長先生から学校の取り組みなどについてお話がありました。吉田小学校は今年は全校児童数が100人を切っています。もうずいぶん前から各学年1クラスという学級編成で学校が運営されており、逆に、少人数を逆手に取るようなユニークな活動を行っている学校です。教職員は総勢16人。大規模校と同じ校務分掌をこなすのは大変なことと思いますが、頑張っていただきたいと思います。

 さて、議事のなかより。
プールの季節となり、入れ替えた水の水質検査の結果の報告がありました。放射性物質検査も行われ、異常なしとのこと。放射性物質については校庭や給食食材なども東日本大震災以降ずっと測定を続けています。測定値は市のHPにも掲載されていますが、測定結果の一部が資料として提示されました。
 
 そして、昨日の議事では「幸手市立図書館の今後の運営方法」を巡って委員さんの議論が白熱(意見がすれ違っているというほうが適切か?)。傍聴者としてはちょっと歯がゆいような思いでその展開を見ておりました。
 今回は意見も多く出ました。議論することは悪いことではありません。必要なときに必要な人からいろいろな意見が出されて大いに議論しながら、子どもたちの教育環境や幸手市の教育行政のの向上につなげていただきたいと思いました。

今日から数日、いろいろ忙しくなりそうで、もしかしたら書き込みが滞るかも知れませんがお許しください。
 

保育所視察Part3

2013.07.02

アイコン

保育所見学 第3保育所

 最後は第3保育所。小さな子どもたちのお昼寝タイム…。

ファイル 269-1.jpg ファイル 269-2.jpg

 お昼寝が終るとおやつタイムです。今日のおやつのラスクが用意されていました。右の写真、青いのはプールです。7月からプール遊びが始まるということでしたから今頃はもう楽しく遊んでいるかな。

ファイル 269-3.jpg ファイル 269-4.jpg

ファイル 269-5.jpg 保育所では一時預かりや保育所解放なども行っています。小さなお子様を保育されている方は遠慮なく、幸手市子育て支援課や保育所などにご連絡してください。

 待機児童問題等、子どもたちを取り巻く環境が大きく変化し、今後ますます保育園の需要が増してくるものと思われます。お父さんやお母さんたちが安心して働ける環境整備は待ったなしです。
 今回の視察で、子どもたちが愛情いっぱいに育っていることを確信いたしましたが、今後策定される「子ども・子育て支援計画」がより充実したものとなるよう、市議会でも関わっていきたいと思っています。
 
お忙しい中、視察にお付き合いくださった皆さまお世話になりました。

保育所視察

2013.07.02

アイコン

6月19日、会派先進は市内の保育園を視察

 6月議会が終って、いろいろバタバタしているうちにもう7月2日となってしまいました。早いですね。実は、6月議会中に、私と中村たか子氏は会派の視察として市内3カ所の保育所を見学に行ってまいりました。
 12時からの約2時間、市職員の同行で第1から第3保育所を見学。少し遅くなりましたが、その時の様子をご報告をいたします。

 この日は、梅雨のべたべたと湿気の多い日でした。12時というと、保育園では大きい子どもたちは給食、小さな子どもたちはお昼寝の時間。園内はとても静かで、保育士さんたちも汗をかきかき子どもたちに寄り添い、見守っておられました。

 まずは第1保育所から。園庭と小さな子たちのお昼寝風景です。
ファイル 267-1.jpg ファイル 267-2.jpg

 これは給食の見本。主食は子どもたちが持ってきます。こちらは給食室。
ファイル 267-3.jpg ファイル 267-4.jpg

ファイル 267-5.jpg お昼寝前の絵本タイム。しっかり集中していますよね。そして、ここに写真は載せられない(ブログのスペースの都合上)のが残念なのですが、園庭に面して設置された子どもたちの「靴箱」におかれた下足が、本当にきちんと揃えられていてとても印象的でした。

 「みんなといっしょなら子どもたちはできるんですよね」と微笑みながら園長さん。このような配慮が行き届いていた環境づくりをしてくださっていることを有難く感じました。
 

保育園視察 Part2

2013.07.02

アイコン

保育園視察 第2保育所

 栄団地に隣接する保育所です。高い建物があるためか、この日の天気のせいか、廊下などはとても蒸していました。これは小さな子どもたちのお昼寝風景。先生たちが子どもの背中をとんとんと叩きながら寝かしつけていました。
ファイル 268-1.jpg ファイル 268-2.jpg

 3つの保育所とも園庭やL字型の園舎の造りはほぼ同じです。子どもたちは年齢別に分かれて生活しています。ここではトイレを特集しますよ。
 左、小さな便器が可愛いですよね。ここは小さな子たちが利用するトイレです。お汚ししてもお尻が洗えるシャワーも。右は大きな子どもたちが利用します。「小さな男の子たちがおまるを卒業して、立って用を足せるようになると、ずいぶん誇らしげな顔をするんですよ」と園長さん。子どもって、いろいろな場面を通して成長しているんですね。
 ちょうど大きな子どもたちもお昼寝前で、みんながさごそ準備をしているところで、お昼寝前に「うん○」にきた子が顔を覗かせていました。

ファイル 268-3.jpg ファイル 268-4.jpg

 そして、これは避難用の乳母車です。小さな子はこの乳母車(耐火性)に乗せて非難します。3保育所とも、小さな子どもたちのいる園舎のスペースに置いてありました。
ファイル 268-5.jpg

ページ移動