記事一覧

3月議会の一般質問 提出

2018.02.10

アイコン

昨日、3月議会の一般質問通告書を提出いたしました

 課題山積の幸手市、新年度予算審議前の質問機会ということで、いろいろ悩みましたが、今回は4つのテーマで質問をすることにしました。受付番号8番。登壇は一般質問2日目の午後になることが予想されます。尚、議会日程は後日お伝えしたします。

 平成29年を振り返って。昨年は積み上がる課題の中から、一年かけて治水対策に取り組みました。自治体の動きや国・県との関係、事務事業の推進手法などを理解するのは骨の折れることで、砂山を崩すように前の質問から学んだことを次の質問に活かす。それを繰り返しながら自称「マムシのマーさん」として、狙った”獲物”をゲットすることに注力。勉強が及ばないと行政に”駆逐”されますから(笑)勉強は必死です。中にはトンチンカンで笑われるような質問もあったかとは思いますが、しかし、その甲斐あって、私が目指していた「水害常習地域の面的調査」が2カ所、約束されました。今は、調査結果に則って、淡々と必要な事業が立案されるのを待つ段階に入ったということで、この問題はひとまず、小休止しながら推移を見ていきたいと思っています。
 もちろん、これは私のチカラだけでできたことではありませんが、少なくとも少しは影響できたものと自負しています。

 さて、新年度に向けたこの時期、何を質すか。いろいろ悩んで、今回は4項目に絞りました。これらの中に、30年のテーマとすべきことも含まれているかも知れませんが、まずは、30年度という”新しい砂山”を前に、市民の皆さまが安心安全に暮らせる活気のある幸手市の創生のために頑張って行きたいと思っています。

前置きが長くなりました。本題は次の号で。