記事一覧

コロナワクチン接種 報告

2021.04.17

アイコン

から議会にコロナワクチン接種の現況が報告されました

昨日は市長召集の議員全員協議会があり、5つの議題で報告がありました。そのうち、コロナ関連の2議題についてご報告いたします。

【コロナ関連】
❶新型コロナウィルスワクチン接種について
4月2日に第一弾の予約受付が始まったコロナワクチン接種。私たち議員にも複数の市民の皆さまからご意見やご要望が届いています。昨日は市からの現況報告の後、議員からの質疑が受け付けられました。私は、多くの方が電話で繋がるだけでも困難となった予約受付の反省と次期対策、希少なワクチンを一人分も無駄にしないシュミレーション、ドタキャン対策などを問いました。この他7人の議員が質問。それらへの答弁も含めて概要をお知らせいたします。

■はじめに
75歳以上の皆さまに接種券9,123通を郵送した中で始まった4月2日からの接種予約。当初より電話5回線とウェブ予約で全ての申し込みに対応できるのか、との危惧はありましたが、案の定の結果に、説明の冒頭、市からも多くの皆さまにご心配とご不便をおかけしたことについて反省とお詫びの言葉がありました。

■報告 受付結果
・電話での予約413件、ウェブでの予約462件。
・接種日4日間(各日220人定員)の予約は即完。
議員に説明されていた当初1箱のワクチン配分予定がその後、急遽増配され、私も予約受付人数を485人とお知らせしていましたが実際の受付は880人に倍増されました。質疑では、複数の議員から情報の遅滞なき伝達への要望と、ウェブ予約のシステム的課題、予約受付完了の市民に対するタイムリーな周知などの課題が指摘されました。

■今後の対応、対策について
市は、電話の架かりにくさ対策として、次回受付以降は、予約を受け付けるコールセンター回線を2回線増設し7回線で対応するとのこと。それでも電話の繋がりにくさが予見されることから議員からは、もっと増設できないのかとの指摘もありました。市からは現況の施設(ウエルス)の架線敷設能力、予約管理システムとの連携上の課題を含め、現状では2回線増設がMAX対応であるとの説明がされました。私も現況やむなしと受け止めるものですが、さりとて、市民の混乱はみえています。改善に限界があるとしたら他に何が可能か。複数の議員からも申し込める対象者をもう少し年齢を刻むなどして行えないかなどの提案があり。市は今後の検討としました。

また、スムーズな接種に欠かせない接種当日のシュミレーションについては、近日、医師会の先生方や市職員など関係者による集団接種シュミレーションが実施予定とされています。繊細な管理が必要な希少なワクチンに対して、時間と場所、人数を制約して行う今回の接種。対象者の予診と導線のスムーズさはもちろんのこと、集団行動に対する感染対策が必須です。今のところ、接種会場では接種者10〜12人ほどをグループとし、30分程度で予診環境を整え、準備ができたら医師がグループに出向いて問診と注射を行うことが想定されています。ワクチンの無駄を出さない対策も含め、まず、幸手市の接種初日となる5月6日、75歳以上220人の方が混乱なく接種ができるように準備をしなければなりせん。すでに接種が始まっている他自治体の事例や知見もあり、十分な検討を行うよう私を含め複数の議員から指摘がなされました。皆さまにおかれましては当日のキャンセルはできる限り避けるようご調整くださいますようお願いいたします。

♥この度の予約申し込みの混乱に関して、議員からは「危機管理として行政能力が問われる局面だ」との厳しい指摘もありました。また、タイムリーな情報提供を求める声も複数ありました。国のワクチン配分自体、国民の早期に接種したいとの気持ちに添い切れない中にあり、市の担当者も出来るだけ混乱のないようにと準備対応していますが、1億人が2回接種するという前代未聞の事業です。国の今後のワクチン配送予定にはまだまだ不確定要素もありますが、希望者全ての方が接種できることは間違いなく、市はこれについては今後、様々な媒体を使って市民の皆さまのご不安の解消と安心、ご理解をいただけるよう広報して行くとしています。

♥♥予約申し込みの困難さを複数の方からお聞きしている私も、今後も予約受付から接種までの一連のスムーズな対応、対策は引き続き求めてまいります。皆さまには、ワクチン供給体制のもどかしさの中でご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

❷所得が少ない(低所得)子育て世帯への給付金について
コロナ関連のもう1つの議題です。
新型コロナウィルス感染症による影響が長期化する中で、所得の少ない子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、子育て世帯生活支援特別給付金を支給する事業が実施さるます。
今回はひとり親世帯が対象です。支給対象者のうち、令和3年4月分の児童扶養手当の支給を受けている方は申請不要です。その他、新型コロナウィルス感染症の影響受けて家計が急変し収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方なども対象となりますので条件等お確かめ下さい。なお、支給額は児童一人当たり一律50,000円。全額国庫負担で賄われます。今回はひとり親世帯が対象ですが、ひとり親世帯以外の所得が少ない世帯への給付については現在国において制度設計がなされている段階ですので、正式な通知を受けた後に別途対応することとなっています。

♥対象と思われる方は担当課(こども支援課)にご確認下さい。

香日向バス休止に関する皆さまの声より

2021.04.14

アイコン

「何とかならないか」との切実なお声が多く届いています

香日向地域とJR東鷲宮駅を結ぶバスが今年9月末で休止となることはすでにこのブログでも取り上げました。その後、特に通学期のお子さまや通勤でご利用になるご家族をお持ちの方から、「何とかならないか」との多くのお声をいただいています。ご心配は当然です。私も、家人の通勤の代替手段をどうするか思案の毎日ですが、9月末という期限が切られた中、どんなことができるのか。可能なのか…。あまり時間は残されていませんが、はじめから諦めず、いろいろな可能性を俎上に載せ、丁寧に検証していきたいと考えています。

市域全体をみれば、他の地域でも市内外への移動困難地域があります。また、地域毎に表出する課題は様々あり、交通政策だけが幸手市の課題ではありません。しかし、交通政策は市民生活の自立に欠かせないものです。その方法は代わっても今ある利便性は維持していく。そんな「継続性」が貫かれてほしいと思います。

今回のことをきっかけに、今後、このブログで公共交通を取り上げることが増えるのではないかと考え、今回、「公共交通」という分類を新たに設定しました。皆さまと意見を交換させていただければ幸いです。

♥以前のブログでも書きましたが、これからのまちづくりのキーワードは「共感」「共汗」「協働」です。目の前に横たわる様々な条件や環境にどこまで対応できるかは未知数ですが、しっかりと地域の将来を描いて議論していきましょう。

レンゲ咲きました

2021.04.08

アイコン

昨年秋に有志と蒔いたレンゲが咲きました

世知辛いニュースが溢れる昨今。少し明るいお話を1つ。

種蒔きの頃に皆様にお知らせしていたレンゲが咲きました❣️中川崎辺りをお散歩の折りにぜひ、見てみてください。香日向から出井歯科さんに行く道から見えます。大きな畑をお借りして蒔きましたが、遅蒔きだったこともあり咲いたのはほんの少し。でも、咲きました✨。嬉しいです✨✨

私にとってレンゲは幼い頃に親しんだ原風景。私と同世代の方の中にはレンゲを原風景とする方も多いのでは。私たちの世代を、日暮れまで野原で遊んだ最後の世代"ラストモヒカン"と形容する学者もいます。レンゲ畑を見るとわくするのはそのせいか。

これからしばらく、春の輝きをお楽しみください。

75歳以上の方へ コロナワクチン接種予約 状況

2021.04.05

アイコン

75歳以上 予約第一弾は終了 今後について

4月から始まったワクチン接種予約。市では「新型コロナウイルスワクチン対策室」を新設し、ワクチン接種券は第一弾として、75歳以上の皆さまに3月30日に届け。コールセンターは5回線を架設し予約に対応しています。

しかし、始まった当初から予約の受付はパンク状態で、今日も複数の方から回線がかからないとのご指摘をいただきました。市に確認してみると、予約はすでに予定定員に達し、これ以上の予約をお受けする状況ではないことが判明。ワクチンの供給量が少なく、今後の供給が見通せない中では予約を受け付けると市として"空手形"をお渡しすることになります。そのことから、予約そのものを一時中断するとの判断がなされる事態のようです。

これについては、市は早急にHPでお知らせするとともに、75歳以上の市民の方については、近日、ハガキでお知らせを送付する予定とのこと。
ワクチン接種事業は国のスケジュールに合わせた対応がなされていますが、世界中でワクチンの供給が待たれる中、不測の事態や遅延に対しても現場では懸命の調整が行われています。先ほど、私たち議員にも新型コロナウィルスワクチン担当室から上記を知らせる通知がありましたので、取り急ぎ下記に転記いたします。皆さまにはご心配をおかけいたしますが、ご理解とご協力のほどお願い致します。

【新型コロナウイルスワクチン接種の予約について】
議員各位
4月2日に「新型コロナウィルスワクチン接種実施計画の送付について」の通知の中で、「当面1箱の半分である485人分を受け付け、供給のめどがつき次第、予約できる人数を増やして参りますのでご承知おきください」とご案内しましたが、5月6日から5月15日までの予約が予定定員に達したため、一旦予約の受付をのみ取りやめる事といたしました。

ワクチンの供給が不安定のため、予約の再開については5月10日からを予定しております。このこの対応についてはホームページでお知らせするとともに、75歳以上の市民の方には葉書によりお知らせいたします。

♥今後、いろいろな媒体を使ってお知らせが発信されると思います。ワクチン接種がスケジュール通りにいかないことは始める前から予測されたことであり、5回線の電話で大丈夫かとの心配はありました。電話では予約だけでなくいろいろなご相談などにも対応するため、どうしてもお一人あたりの通話時間が長くなることも否めません。今後については、できる限り混乱を避けるための改善を講ずるようですが、私も皆さまから頂くご提言やご意見、要望を市に伝えてまいります。
皆様にご心配をおかけして恐縮ですが、皆さまのご理解とご協力を重ねてよろしくお願い致します。

時代

2021.03.30

アイコン

香日向バス 9月30日で休止

香日向にお住いのみなさまにはもうご承知のことかと思いますが、数日前より香日向バスのバス停に今年9月末で運行休止となる旨の看板が貼られています。利用者の一人として、ついに来たかとの寂しい思いと、現在も通勤に利用させていただいている家人のJR東鷲宮駅までの通勤の代替手段をどうしたらいいのかと思案の毎日を過ごしています。

中田バスさまには長年本当にお世話になりました。家人の通勤はもとより、JRを利用しての外出に、低価で早朝から平日は夜は22時まで運行くださり便利に利用させていただいて来ました。駅から遠い地域にあって、自立的な通勤通学を可能としてくれたバスの存在は本当に有難かったです。最近は昼間のお買い物や看護学校の生徒さんの利用が増えた以上に通勤通学利用者の減少は著しく、採算はとれるのかしらと陰ながら心配していたところでした。

しかし、何でも初めがあれば終わりありです。団地の運命として、香日向小学校が閉校になった時から時代の変化、移り変わりは覚悟してきました。バスの休止で、これまでぼんやりしていた香日向地域の人口減少や少子高齢化が生活に与える影響や正体がより鮮明に炙り出されたのでは。このような予兆は他の地区では別の形で感じられていることだと思います。
中田バスさまのこれまでのご尽力に感謝と敬意を申し上げるとともに、ここからは時代に合わせた生活様式を考える新たなスタート地点との思いで、できること、やらなければならないことを前向きに考えていきたいと思います。共感、共汗、知恵、協働。これがキーワードですね。

♥と言いながら、まずはバスが無くなった後の自衛手段から。バスのお陰で家人の駅との送迎から解き放されて久しい身としては、公共交通空白地帯に逆戻りした中でどう自立的な通勤を実現できるか…。これはなかなかの難問です。

ページ移動