記事一覧

是非 お申込みください

2022.05.18

アイコン

幸手市市政報告会 開催

感染者情報に神経を尖らせながらも、少しずつ社会の動きが再開など明るい兆しも見えて来ました。議会でも6月議会は一般質問の議員持ち時間を通常通り45分に戻すと決定。ただし、感染対策は怠りなく。本会議場の傍聴は3密回避のため席数は14席限定です。

6月議会に先立ち幸手市では、コロナ禍によりなかなか実施出来ずに来た、市長が市内各地を回って市政の報告をする「市政報告会」を開催する予定です。広報さって5月号に開催のお知らせが掲載されていますが、皆さまにはご覧いただけていますでしょうか。
感染対策と3密回避の観点からか、席数限定、申し込み制での開催となります。会場の席数を限定しての開催でもあり、説明員も市長、副市長、秘書課長の3者での行脚となるようです。
以下、市報より転記いたします。

【令和4年度市政報告会】
市では、市長による市政報告会を開催します。ご都合の良い日程でお申込みの上、ご参加ください。
◇日時等
①5/25(水)19時〜 西公民館集会室 定員30人
⑵5/27(金)18時〜 東公民館大会議室 30人
③5/29(日)13時30分〜 市役所第二庁舎会議室 50人
◇内容
市長の市政報告(市政運営状況・令和4年度当初予算及び主な事業)
◇申し込み
5/9から秘書課あて電話及び応募フォームにて受付
※新型コロナウイルス感染症感染防止の観点から、申し込み状況により参加をご遠慮いただく場合があります。
◇問合せ 秘書課

♥日程が迫って来ました。市長と直接話す久々の機会です。皆さまには是非、ご関心をお持ちいただきお申込み下さいますよう。

♥♥コロナ感染者数が増加する中での開催とは言え、上記情報が市報の22ページ掲載では市民の皆さまの目に止まらない。いささか奥深過ぎたのでは、と担当には若干苦言を呈しましたが、慎重なことの運びとご理解ください。また、リアルではなくとも動画配信の検討も提案いたしました。が、このような機会は私にとっても普段お会いできない市民の皆さまのお声をお聞きできるチャンスであり、近くの①を申し込みました。その時点ではまだ満席ではないとのことでした。是非、お申込みを。会場でお会いいたしましょう。

GWが終わり

2022.05.09

アイコン

日常生活が戻ってきました

GWや祝祭日、連休や土日にお休みが取れる方ばかりではありません。遊びに行く人もいれば受け入れる人もいる。全く関係なくいつも通りのお仕事をされた方もおられるかとは思いますが、取り敢えず、GWが終わり今日からまた日常生活に。

私もGW前半は孫の来訪で楽しくもてんてこ舞いをしておりました。後半は、市民の方からいただいた“宿題“の調べ物をしたり、昨日は咲き終わりのレンゲ畑の看板も外しました。
今年は“お花摘み“を企画するつもりでしたが、雨が多かったことで機会を逸してしまいました。来年もチャレンジするつもりです。守備よくことが進みましたらみんなで楽しみましょう❣️
 ファイル 1682-2.jpeg

さて、6月議会の準備、これから本腰を入れて進めます。先日、AIが選ぶ17歳の総理が導く帝国をモチーフにしたNHK夜ドラの一部を見ました。17歳の総理が議会の廃止を宣言している衝撃的なシーン。経験の不足はAIで補うことができる。その上でリーダーに17歳が選ばれた。そのような発想のドラマのようですが、ご覧になりましたか?

至るところでデータの蓄積が進む昨今。経験値はAIで買う。その方が公平。さらに、直接民主主義として、行政が幅広く全市民から意見を収集できれば議員を通さなくても意見の平均値や分布は一目瞭然。これは公共、民間を問わず。今でも私たちの認識に関わらず膨大な個人情報が蓄積され管理されています。無料のケータイを有り難がたく使っていますが個人は丸裸状態。

ドラマでは本当の国ではなく、大人が作為的に作った実験場のようなところで新たな自治モデルが試される設定のようですが、良くも悪くも如何なる展開もあり得る。
一方、AIは上手に活用しなければなりませんが、情報には操作性の介在余地あり。恣意的なプログラミングで欲しい結果は作れる。さて、このドラマがどこに行き着くのか。ご関心のある方はチェックしてみてください。

♥リアル社会で議会はどんな役割を果たすべきか。これは私にも永遠の課題です。選挙の投票率について、私はこのブログでもよく取り上げていますが、今の選挙の投票率や情報戦のあり方を見る限り、代表制民主主義を危うくする要素は沢山あります。
実は連休後半、ある市民の方から幸手市議会について苦言をいただきました。どちらかと言うと縮小論です。確かに、時代の変化が激しさを増す昨今。価値観が変われば議員のみならず、さまざまなものやこと、人の役割や有り様も変化する。生活の多様性と社会の変化で今ある仕事の半分は何かに置き換わるとされる将来。基礎自治体の限界と可能性も変化していくはず。

♥♥ウクライナ情勢、食糧やエネルギーの安全保障など国策の動向が直接国民生活を揺るがすことが明白になった連休明け。基礎自治体の限界も感じざるを得ませんが、しかし、気を引き締めて今日からまたスタートです。皆さまには今後ともご指導、ご意見を賜りますようよろしくお願いいたします。どちらかと言えばアナログ人間な私ですが、精一杯背伸びして議会のAIへの置き換えの可能性も見つめつつ、しかし、今はAIに頼り切ることなく、皆さまの生活実感を大切に、「現場第一」に私たちの“幸せ“を探求して行きたいと考えています。皆さまにいろいろお窺いすることもあろうかと思いますがその節はどうぞお付き合いくださいませ。

♥♥♥久しぶりの更新となりました。ご容赦ください。いつも有難うございます。

GWに突入

2022.04.29

アイコン

お花摘みの機会を逸しレンゲの季節が終わってしまいそうです

今日からGWが始まりました。今年はゴールデンとは言えない飛休でちょっと残念ですね。入学したての小学校中学校1年生の皆さん、新社会人の皆さんにはリズムを整えながらこの時期を乗り切ってほしいです。

さて、今日、レンゲ畑を見てきましたが、もう花は終わりタネができ始めていました。昨年はGWはギリギリ持ち堪えていたので、今年はレンゲ摘みを計画したいと思っていたのですが叶わないままに…。今年は春から雨が多かったからか、花の咲き具合も少し勢いに欠け、昨年はあまり見なかった虫食いもあり。そう言えば、ミツバチ🐝の姿もあまり見かけませんでした。タネの問題か、撒き時の問題か…😥

そんなことで。皆さまに花摘みのお知らせができないままレンゲはTHE END。来年は少し研究してみますね。自然を相手に、植物を毎年変わりなく育てるというのは大変なことですね。花も然り、穀物や果物、野菜など路地で育てておられる皆さんの苦労が偲ばれます。

今日の様子 突然変異の白レンゲを見つけました
ファイル 1681-1.jpeg ファイル 1681-2.jpeg

少し前、我が家の玄関で咲いていたレンゲ 
ファイル 1681-3.jpeg

追伸 パン屋さん情報
レンゲ畑を見に行った帰り、香日向からほど近く、久喜弦代公園近くにあるパン屋さんに寄りました。以前レストランだった場所です。たくさんのお客さまが見えて大繁盛でした。知人のご家族が店長さんなんです。作業場がガラス越しに見えるのですが、恐らく店長さんが手際良く生地を捏ねていました。イートインもできますのでお散歩などの際に覗いてみてください。若い人が頑張っています。働く場所があっての定住です。私たちは消費者として応援できたらいいですね。皆さまにはご贔屓に。

幸手駅改札口商店

2022.04.26

アイコン

毎週火曜日 幸手駅自由通路に出現 「改札口商店」 

3月から、毎週火曜日、幸手駅東西自由通路に「改札口商店」という“プチ商店街“が出現しているのを皆さまはご存じですか?

幸手駅の幅広な改札前スペースは、建設された時から商工会などのイベント展開が期待され、私もハッパをかけ続けてきましたが、ここに来て、継続的に実施できる団体が組織されたようで。毎週火曜日15時頃から18時頃まで、市内のお店の商品がワゴンショップで購入できるようになりました。

商品はその日の参加者のエントリー次第ということで、定番もあり、非定番のものもあり。内容としては、お惣菜や弁当、パン、野菜、甘味などがラインナップ。こだわりの商品もあるようです。すでに常連のお客さまもいらっしゃるようですが、まだまだ始まったばかりの試行錯誤中の企画。若い人たちも頑張っています。皆さまも是非、お立ち寄りください。ご贔屓に。

ファイル 1680-1.jpeg
今日はまだ時間が早かったか、少しワゴンは少な目でしたが、雰囲気は伝わりますか?
私は3時半頃行き、今日は美味しそうな有機のほうれん草、トマト、お惣菜を買いました🍅🫘🥬なお、来週はGW期間でお休みとのことでしたのでよろしくお願いします。

♥以前、行った時、照明の暗さが気になり、市の担当者に対応をお願いしたのですが、今日行ってみると明るさが確保され、出店者の方からも喜びの声をお聞きすることができました。やはり気になることは言ってみるものですね。よかったです。

♥♥最後に。ブログの更新が滞り申し訳ありません。毎日ご訪問下さる皆さまには本当に本当に感謝しています。本当に有難うございます。

近隣市の選挙結果

2022.04.19

アイコン

17日投開票 久喜市長選・市議選 加須市長選 結果一考

先週の一週間、熱戦が繰り広げられた上記選挙戦。久喜市長選は現職の梅田修一氏が、加須市長選は退任された大橋良一市長のもと副市長を務められた角田守良氏が当選されました。加須市は12年ぶりの市長選だったとか。当選された市長、議員の皆さんおめでとうございます。

さて、久喜市、加須市は消防組合や水防組合、利根斎場組合、利根医療圏など、幸手市とは何かと広域行政で課題を共にする自治体であり、人口減少期における各種政策で凌ぎを削る間柄の近隣市でもあります。加須市は済生会病院移転など。久喜市は埼玉版スーパーシティ構想に参加を表明し、東武南栗橋駅周辺で産官学連携による街区形成を目指すなど、大きなまちづくりプロジェクトが動いています。

市民の皆さんがどのような判断で新市長を選ばれたか。私のような他市の者が他市の選挙結果に口を挟む余地はありませんが、それにしても私が気になるのは両選挙の投票率です。久喜市は48%、加須市に及んでは34%の投票率でした。
いろいろな事情はあるかと思いますが、選挙の低投票率はまさに主権の放棄であり、民主化を目指す多くの地域や国が、主権を守るために流血の闘争を繰り返す中、勿体ない限りです。

♥幸手市でも来年は市議会選挙、市長選挙の年です。今から誰がどんな考え方で何を主張しているのか。そんなことにも是非ご注目下さいますよう。私もこのブログで、市政のこと、また、日々考えていることなどをできる限り発信して参ります。皆さまには今後もこのブログへのご訪問よろしくお願いいたします。

ページ移動