記事一覧

TOKYO2020 開会式

2021.07.24

アイコン

16日の熱い戦いいよいよ開幕⚽️⚾️🎾🏐🏀🏈🏓🏸🏑🏋️‍♂️🏊‍♀️🏄‍♂️🚴‍♀️🏃‍♀️🏌️‍♀️🚣‍♀️🥋🤾‍♀️🤺🤼‍♀️🤸‍♂️🧗‍♂️🤽‍♂️🎽

昨夜午後8時に始まったTOKYO2020オリパラ開会式。素晴らしかったですね。多くの方がご自宅でご視聴になられたものと推測いたします。いろいろありました。そして、今もいろいろあります。大会関係者の皆さまには1年の延期も含め遠いイバラの道のりの中で準備を重ねての昨日の開会となり、橋本大会組織委員長も感涙耐えずに見えました。何事も成し遂げるというのは大変なことだと改めて思いました。

多くの国・地域から国立競技場に集った選手、関係者の皆さまにはこれから毎日の健康管理もたいへんと思われますが、入場の顔は皆、晴れ晴れとして。演出も楽しかったです。ドローンで地球を描いたパフォーマンスには驚きました。寸分の狂いなく円形に形づけられた地球。キレイ✨🌏✨でした。
 また、今年はことの他、開会式に参加する各国・地域の皆さんの衣装が鮮やかでしたね。マスクもコーディネートされていて。マスクの上の選手の闘志に光る目も印象的でした。コロナの憂鬱を吹き飛ばす力強さでした。

これからの16日の熱戦。今も紛争を抱える国や地域もありますが、 TOKYO2020が平和の祭典として無事に終了できますこと、また、最後までの皆さまのご健康とご活躍を祈念いたします。

ファイル 1573-1.jpeg ファイル 1573-2.jpeg ファイル 1573-3.jpeg ファイル 1573-4.jpeg ファイル 1573-5.jpeg

ワクチン接種対策室より新情報

2021.07.22

アイコン

東武丸山病院での新型コロナウイルスワクチン接種について

これまで、64歳以下の接種については、2会場での集団接種をお示ししておりましたが、この度、東武丸山病院で個別接種を行えることとなりました。
病院の意向もあり、多くの基礎疾患のある方が接種できるよう、7月27日の60歳から64歳の方の予約開始より前に、急遽受付を開始することといたしましたので、お知らせいたします。
日程については下記のとおりとなります。

1 接種日程
8月10日 114時30分~14時59分
8月12日 214時30分~14時59分 315時00分~15時29分
8月24日 414時30分~14時59分 515時00分~15時29分
8月25日 614時30分~14時59分 715時00分~15時29分
※各予約枠 27人 × 7枠 = 189人 (集団接種と同様に、2回目については21日後の同じ時間帯となります。) ※8月10日については、入院患者等の接種が別に27名ございます。

♥今、届いた情報です。私も先日、64歳以下の方については個別接種が未定であることをお伝えしていましたが、多くの方のご協力をいただき、幸手市のワクチン接種の準備が進んでいます。基礎疾患のある方が対象とのこと。よろしくお願いいたします。

さすが

2021.07.22

アイコン

恐れ入りついでに2連発 昨日のTOKYOの空

セミのやり取りをしていたら、こんな写真が送られて来ました。昨日のブルーインパルス、オリンピック開会式に向けた予行飛行、だそうです。自宅の窓から見えた。写真撮った。クー、カッコいい〜。

ファイル 1571-1.jpeg

♥刺激的~。たまりませんなぁ…。
写真をクリックすると大きくなりますよ。

今年初めて

2021.07.22

アイコン

セミの声

いよいよ夏本番。今日も朝から暑いですね。先程、庭にセミの鳴き声が。探してみるとスズランの葉とキンモクセイの枝に2つ抜け殻が。自然の営みの繰り返し。嬉しいです。愛しいです。感謝です。

防災無線が熱中症に気をつけるようお知らせをしています。皆さまには水分を十分にとって気をつけてお過ごし下さい。

ファイル 1570-1.jpegファイル 1570-2.jpeg

♥「セミが鳴いてるよー!」。意気揚々東京に連絡したら、なんと「こっちは先週の土曜日から一気に鳴き出してるよ〜」と。市部とは言え、都会と自然が程良く混在する東京…。ククー、恐れ入りました😅

考察2 人口問題

2021.07.21
多様な働き方が可能な条件が揃う 評価点

先のブログの続きです。新聞に掲載された評価の概要をお知らせいたします。いつも長くなって恐縮です。ご関心のあるところをご高読賜れば。よろしくお願いします。

【評価の概要】
①首位の小松市
○学童を含む保育環境と福祉施設の充実度、住宅の広さ=最高点
製造業が集積するほか、金沢市に近く通勤時間は総じて短い
○職場への出勤、在宅勤務のいずれも選択しやすい環境にある
*なお、小松市経営政策課は「新型コロナ拡大を機に働きやすい環境を一段と整備したい」とする。
*市内企業がテレワーク用の機器・サービスを購入する際、最大100万円を補助
する制度を20年5月に始めた。

②多様な働き方や生活は大都市でなくても可能
○トップ30(同率23位内の31市)には、中核市への移行に必要な20万人に満たない21市が入った。
○2位の鳥取市、3位の富山県高岡市はいずれも公衆無線LANが整い、相対的に地域内で所得と支出がうまく循環している。

③3世代同居
○上位の自治体は3世代同居が相対的に多く、地域社会の結びつきも強い。
○子育てと仕事を両立しやすい環境にある。

④昼間人口
○コロナ前後の変化を反映。NTTドコモの人流データで平日午後2時の人口を比べると、小松市と高岡市で3%増えた。
○総合点が高い都市で昼間人口の増加率は高い傾向がある。
○自宅周辺で働きやすい環境が整っているようだ。

⑤2位の鳥取市
○旅先で仕事をする「ワーケーション」の需要を掘り起こす。20年度から企業が市内の事業所やシェアオフィスを体験利用した際に交通費や宿泊費の一部を補助する制度を導入した。

が魅力かなと感じるところを太字にしてみました。 幸手市も保育所の待機児童ゼロ、学童は一部大人数なところもあり課題はありますが、現在は各小学校に配置されています。小松市の補助制度、鳥取市、高岡市の公衆無線LAN整備、相対的に地域内で所得と支出がうまく循環しているというのはまちづくりとして魅力ですね。立地環境もあるのでしょうが。

さて、あまり長くなってもいけないので。この号の最後に専門家の意見を。

【専門家の意見】
❶公共政策に詳しい京都大教授
「人口増のような単純な発展モデルではなく、職住近接や生活の質の視点で地域を評価することが必要だ」と指摘。10万人の都市が活力を取り戻すことが重要だと訴える。
❷共同で調査した東大の教授
「多くの人が大都市の過大な移動距離や待ち時間に気づいた。コロナ収束後も『密』の解消や職住一体化が進み、中堅都市の求心力が高まる」と予測する。

♥まだまだ考察の前にまな板の上に載せたい材料あり。次の号で。「まだ続くのか」とおっしゃるなかれ。ご関心のあるところをお読みいただければ幸いです。

ページ移動