記事一覧

ブロック塀の点検

2018.06.22

アイコン

地震による通学路の安全確保 幸手市の場合

 先日の大阪北部地震では、通学路のブロック塀が壊れて通学途上の児童が亡くなりました。通学路とは、「大人が安全を確保した道」であり、子どもたちは決められた通学路を守って登下校するわけですから、事故、防犯、防災の観点からしっかりと子どもたちを守って行く必要があります。

 大阪での出来事から、「幸手市は大丈夫だろうか」とご心配の向きもあろうかと思います。今日の議会開会前に、この点について教育委員会から報告がありましたのでお知らせいたします。

 まず、今回の大阪での事案を受け、6月19日付けで文科省は通学路の安全点検を、県からは状況調査の実施を求める通達・指導が出されているようです。幸手市教育委員会では小学校12校について点検を行い、以下の結果であったということが報告されました。

 ①市内12校にはすべてブロック塀あり。
 ②そのうち、高さが2.2m超となるものはなし。
 ③また、1.2m超のブロック塀で、
  3.4m以内の幅で「控え壁」(ブロック塀を直角に支える壁)
  が施されていないブロック塀 1校
 ④損傷・劣化のみられるブロック塀 なし

 ③については、控え壁はあるのですが、その幅が3.4m超だったため、今後、早急に対策を取るという事でした。私の住まいの校区となる長倉小学校には通学路に面してプールの側壁があります。フェンスまで入れると結構な高さで、そばを通る度に少々怖さを感じていたこともあり、今回、担当課に現場の状況を確認してみました。
 担当課ではすでにその場所も点検しており、以下の説明を受けました。
「現場の側壁は、鉄筋コンクリートの擁壁(60cm)の上にブロックが3段(60cm)、その上に鉄のフェンスが設置されているもので、経年劣化も含め、危険性の除去について今後、詳しく検討していくこととしている」。

 よかったです。3段構造の壁の高さは通学路の幅を超えていますし、かつ、経年劣化も心配です。様々な観点から、改めて、通学路を決めるということがいかに責任の重い行為であるかを痛感する昨今です。
 

 

6月議会請願

2018.06.19

アイコン

議会は最終日を残すのみ

 6月議会は専決処分(歳入欠陥が生じないよう、予算の款・項において、歳入が予算を下回るものを減額補正する)や人事案件(農業委員の選出)などが多かったものの、委員会に付託される議案数は少なく、私が所属する建設経済常任委員会では議案なし。1件の請願『独立行政法人都市再生機構法第25条第4項「家賃の減免」実施と居住者合意の「団地別整備方針書」策定に関する意見書提出を求める件』のみを審議いたしました。
 請願は国民の権利であり、以下に概略をお伝えいたします。

 この請願は、地元自治会長が請願者で、全国的にURに居住する年金世帯において家賃負担が重くなっていることから、機構法に定められた「既定の家賃の支払いが困難なものには減免することができる」との条項を空文化することなく実施してほしいというものです。また、「団地別整備方針書」の策定に住民、市を含めた話し合いと三者合意を得ることを求めています。埼玉県では、UR団地のある上尾市や北本市などで採択されているということ。

 さて、URでは、全国で「団地別整備方針」の2018年度まで策定が進められています。2018年度までにということですから、すでに決まっているのかも知れませんし、私が3年前くらいでしょうか、URに今後の栄団地の在り方について調査・聞き取りをいたした時には、すでに栄団地については「一部集約」という方向性が示されておりました。
 幸手団地は現在高齢化が進展し、子育て世代の入居も少なくなっています。「住む」というのは「食べる」と同等の生活の基盤であり、年金の中から支払う家賃の比重については何らかの減免措置が必要な方もおられるのではないかとお察しするものです。

 そのようなことから、私は請願の趣旨採択は妥当と判断しました。最終日、本会議で意見書が採択されれば、国やURに対して意見書が提出されることになります。

一般質問については、3つの項目について質疑応答をいたしましたが、その内容は今、要約作業をしておりますので、後日、お伝えしたいと思います。22日は最終日です。

大阪北部地震

2018.06.19

アイコン

局地的には阪神大地震と同規模の揺れが

 昨日午前8時前、大阪府北部を震源とするマグニチュード6.1の地震が発生し、大阪市、高槻市など5市で震度6弱が観測され、4人の方が亡くなり、交通機関の運休や断水、停電など大きな影響がでています。亡くなられた方のご冥福、被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。

 私も昨朝、ケータイの緊急地震速報がけたたましく鳴り、その後、間髪を入れずに地震を体感しました。
 地震には直下型(活断層型地震)と海溝型地震の2種類あるとされていますが、今回の大阪北部地震は直下型で、近年では95年阪神大震災、2004年新潟県・中越沖地震、07年新潟県・中越沖地震、16年熊本地震などが直下型とされています。
 震源付近には3つの活断層が集まり、どの断層が動いたかは今後の検証とされていますが、比較的浅い場所が震源だったことから、局地的に大きな揺れが発生。局所的には阪神大震災の神戸市とほぼ同規模に揺れであったということです。また、専門家からは「地震発生地域は地盤が強くなく、揺れが大きかったのはその影響ではないか」との推測も。 
 
 幸手市のHP、危機管理防災課のページに「地震ハザードマップ」「洪水ハザードマップ」が掲載されています。改めて、「幸手市地震ハザードマップ」を確認してみました。幸手市が地震ハザードマップで想定するのは、茨城県南部地震です。これは海溝型地震で、埼玉県が平成24・25年度に行った「埼玉県地震被害想定調査」における5つの想定地震(東京湾北部、元禄型関東、茨城県南部、関東平野北西縁断層帯、立川断層帯)のうち、幸手市への影響が大きいとして、この地震を想定してハザードマップが作成されています。

 ※茨城県南部地震
  プレート境界で発生する地震。マグニチュード7.3の場合、
  幸手市における最大震度は6強を想定

 ※震度6強とは
  人間…経っていることが困難になる
  屋内の状況…固定していない重い家具の多くが移動・転倒する。
    開かなくなるドアが多い。
  屋外の状況…かなりの建物で壁のタイルや窓ガラスが破損、
    落下する。

 ※液状化可能性
  幸手市のほぼ全域で可能性が高い。

 ※ヘリポート
  現在、市内ではひばりヶ丘総合グラウンドが指定されています。
  また、今後は権現堂公園が指定されることになっています。

 今回、専門家が指摘する「地震発生地域は地盤が強くない」ということについて。上記でも記載いたしましたが、幸手市も市域全域が液状化の可能性があるなど、地盤の弱さでは同じとも言えます。

 ハザードマップには、様々な防災情報が掲載されていますので、是非、再確認願います。また、今回の地震ではSNSなどを通していくつかデマ情報が投稿されたことが問題となっているようです。非常事態では、明らかなデマ情報だけでなく、善意も含め、いろいろな情報が錯そうすることが考えられます。情報に振り回されることのないよう気を付けましょう。

 また、今回も電車が不通となり多くの方が徒歩での帰宅を余儀なくされ、また、赤ちゃんを連れて避難所に避難された方、断水で給水を受ける方もおられたようですが、皆さん冷静に行動されていましたね。ただ、訪日外国人の方の中には初めて地震を体験して不安だったという方や、英語でのアナウンスが欲しいなどの声もあったようです。

 どのような事態にも助け合い、冷静沈着な行動がとれるのが日本人の定評です。お互い、そのような行動を心がけて参りましょう。

 
 

 

幸手駅舎の施工状況

2018.06.17

アイコン

先日、駅前を回りました

 来年3月の完成を目指して進む駅舎整備。現在の状況です。西口広場や停車場線等の整備が進んでいます。今日は東側からみた写真を掲載いたします。東側の階段部分が立ち上がっています。

ファイル 1053-1.jpg

教科書のページが増えると

2018.06.15

アイコン

重くなる教科書 「置き勉」容認の時代に? 千葉・流山市配慮事項まとめる

 日本教育新聞一面から

 今日、送付されてきた日本教育新聞1面、3面に上記記事が載っていました。「置き勉」なんて、なつかしい響きですね~。もしかして、読者の皆さまの中には中学生になると、薄い薄い学生かばんで通学していたなんて方もおられるのでは(笑)。この記事は流山市の校長会が昨年10月に「小中学生の荷物の重量化に伴う対策」をまとめたというものです。まとめのなかでは、教科書を学校に置いたまま下校することの是非には触れず、「荷物の重量化は健康面ばかりではなく安全面でも配慮が必要」として、各学校の判断として
 ①計画的に荷物を持ってこさせる
 ②計画的に荷物を持ち帰らせる
などの指導を掲げているというのですが。

 なんか当たり前のような…。しかし、近年は学習内容の増加に伴い教科書のページ数が増えているほか、道徳・小学校英語などの新教科の創設により、教科書・教材そのものが増えているので、最近のランドセルは以前に比べて軽くなっているが、それでも教科書やノート、ドリル、文房具を詰め込むとかなりの重さになるらしいです。さらに、学校帰りに民間のスポーツクラブに行く子はその道具を持って登校することになる。そのような環境から、児童・生徒の通学に過度な負担をかけないよう「置き勉」の在り方を再考する動きが出ているというのです。
 いやはや、学校も子どもたちも大変なんですねえ。教科書のページが増えるということはこんな問題も。

 この記事の中で取り上げている小学4年生の女児の例では、以前はランドセルの肩当て部分の痕跡が皮膚に残るほどの重さだったが、少しは軽くなったということです。この女児の場合、国語や算数の宿題やドリルは教科書無しでもこなすらしく、「宿題があまり出ない教科の教科書くらいは自分の机の中に置いて帰らせてほしい」と願っているというのですが。
 実は、この女児の母親が流山市議会議員で、議会でこの問題を取り上げようと考えていたら、さらにもう一人、中学生の荷物の多さに同じく問題意識を持つ市議会議員と2人が組んで市民の声を集めたということ。市民の声には、荷物の重さを問題だと捉えている市民は少なくなかったが、同時に「子どもを甘やかすべきではない」との声も根強かったということ。小学生では学年が下になるほど、何を持ちかえればいいか、判断の難しさもありますね。

 流山市では教科書を学校に置いたまま下校することをほぼ認めていないという現実もあるようで、確かに、親として、荷物を持って帰らせたり持ってこさせたりを学校に決めてほしいというのも分からないでもなし。ただ、校長会のまとめはなんか玉虫色というか、日常的指導の範疇というか。こんなことも決めなければいけない現状ってどんだけ、という気もします。
 以下に日本教育新聞に載っていた配慮事項を記載します。何かご感想がありましたらお知らせください。

  【千葉・流山市の校長会がまとめた「配慮項目」(H29.10.4)】
 荷物の重量化は児童・生徒の健康面ばかりでなく、安全面においても配慮が必要であると考える。児童・生徒の発達段階を考慮し、次の内容を流山市立各小中学校での共通配慮事項とした。

 1.荷物の重量化を防ぐため計画的な指導をする
  ア 計画的にみ野津を見ってこさせる指導
  イ 計画的に荷物を持ち帰らせる指導
  ウ 児童・生徒の下校時の観察、声かけ

 2.学校に置いておけるものが他にないか、学校の状況に応じ検討する
  エ 家庭学習に支障がない資料や道具箱

 

ページ移動