記事一覧

世相を映す言葉

2017.10.17

アイコン

改めて 選挙一考

 毎日、さまざまな選挙報道がなされています。思えば、日本は戦後70余年の中で荒廃から復興、そして成長、凋落、成熟と時代と共に様々な経験をしながら今日に至っています。そして、時々に様々な言葉が世相を反映してきました。今日は私の記憶を頼りに時代を少し振り返り、将来の着地点について考えてみたいと思います。時系列不問、私の独断や偏見をお許しください。

【世相を反映する言葉・現象】
 戦後→一億総ざんげ→農地解放→戦後復興→ベビーブーム→集団就職→三種の神器(家電)→もはや戦後ではない→神武景気→なべ底景気→岩戸景気→所得倍増→家付き、カー付き、ババ抜き→無責任時代→三ちゃん農業→公害→巨人、大鵬、玉子焼き→かぎっ子→三食昼寝付き→核家族→日本列島改造→ベッドタウン→イザナギ景気→一億総中流社会→エコノミックアニマル→モーレツ社員→受験戦争→沈まぬ太陽→ウーマンリブ→万博→脱サラ→大量生産大量消費→石油ショック→狂乱物価→落ちこぼれ→偏差値→非行→ネアカ→ひょうきん→義理チョコ→新人類→家庭内離婚→登校拒否→ひきこもり→学級崩壊→地上げ屋→バブル景気→日はまた昇る→新人類→亭主元気で留守がいい→ぬれ落ち葉→バブル崩壊→就職氷河期→日本沈没→省エネ→清潔志向→もったいない→男女共同参画社会→女性活躍→少子高齢化→消滅可能性都市→一億総活躍→地方創生→保育園落ちた、日本死ね・・・

 まだまだいろいろありますが、「そんな時代もあったなあ」と懐かしい。日本列島改造で高速道路網が整備され、東京オリンピック、新幹線も開通、大阪万博で初めて灯をともした原子力発電も当時は熱狂的に歓迎されました。反面、今から思えば、事後論的ですが、いくつも時代のターニングポイントはあったのかなあというそんな言葉もあります。特に、子どもたちを巡っては、核家族、かぎっ子、受験戦争、偏差値など大人が作った社会に、登校拒否、学級崩壊など様々な症状で抵抗。胸が痛みます。農業においても、農地解放、集団就職、三ちゃん農業の行きつく先が今、ということなんですよね。ばば抜きとか、ルス亭主やぬれ落ち葉とか、結構失礼かつコケってますよね。ひどいもんです(苦笑)。消滅可能性都市も幸手市にとっては厳しい。

 さて、回顧はこれくらいにして未来について。戦後復興から成長、凋落、そして成熟と変容し、時代が一巡した感がある日本はこの先、未来をどう描くのか。課題山積の日本ではありますが、しかし、今回の選挙は、実は「安倍政権4年10か月」ではなく、まさに、戦後からこれまでのパラダイムを見直し、真に新しい時代をどう構築していくのか。如何に夢が描けるかが問われる選挙かなと私は感じています。

 私はこの前のブログでも書きましたが、まず、今の日本は本気で「東京一極集中」を是正し、田舎(特に都会近郊)は都会のベッドタウンであるというイメージを払しょくする。そして、都市と田舎のどちらもきらきら輝く日本を目指すべきだと思います。その過程を経る中でいろいろな課題が解消していく。そんな気がしますが皆さまはいかがでしょう。

≪追伸≫
 国政選挙は静かな選挙で、なかなか候補者の姿を見ないとお伝えしていますが、以下の日程が決まりましたのでご案内申し上げます。

 「三ツ林候補 立会演説会」
   場所 市内スーパー ヤオコー前
   日時 来る18日 午前11時ごろより
   応援弁士 太田房江衆院議員(元大阪府知事)

 ※応援弁士は太田房江参院議員です。元大阪府知事であった太田氏は、大阪維新の橋下氏と戦った知事ですが、さて、どんなお話が聞けるのか。お時間のある方は是非ご参集を。

日本には本当に希望はないのか

2017.10.16

アイコン

乞う小池さん、まずは都知事として東京一極集中是正に尽力を!!

 先日ご案内していましたJAみずほ埼玉支店駐車場での街頭演説会には多くの皆さまにお集まりいただき誠にありがとうございました。選挙戦も中盤となり、わが地域では相変わらず街宣車の往来も少なく、静かな選挙戦が続いていますが、皆さまに熱いご支援の輪が大きく広がっていることを痛感する演説会となりました。一部ご報告です。

 昨日より冷たい雨が降っておりますが、14日はなんとか曇天の中、斉藤健元農林水産大臣(千葉選出)、JAみずほ埼玉支店長さま、幸手市のお米大使ベナン共和国ゾマホン元全権大使の応援をいただき、三ツ林候補(埼玉14区小選挙区)、越水候補(公明党北関東ブロック比例区)からそれぞれ訴えがなされました。
 また、渡辺市長も応援にかけつけ、幸手市にとって地元選出国会代議士の存在は大きいと、支援を訴えていました。全国自治体が約1700。衆院議員定数は466議席。小選挙区では1人しか当選しないのですから、地元選出代議士は非常に貴重だということです。

 それにしても、市議会にいて、地方が希望を語るためにはまずは東京一極集中を上手に是正することが第一義と私は思っています。東京の通勤ラッシュの動画がネットにアップされていますが、過酷のひと言。なんで東京に一極集中しなければならないのかと思う光景ですね。わが家の夫も過酷な通勤地獄を勤め上げてくれましたが、家族のために本当にご苦労様でしたと言いたい。
 確かに、東京になくてはいけない機能や企業もあるでしょうが、もう少し地方に分散できるものはないのか。職住一致で豊かに暮らせる田舎創生は不可能なのか。通勤ラッシュ「ゼロ」という前に、地方への上手な分散も考えていただきたい。私は以前にも書きましたが、東京を代表とする大都市が人・カネ・エネルギーを失うような施策を望んでいるのではありませんが、東京都も一地方自治体であり、地方同士で知恵を出し合うべきです。東京都の財力での押し切りはNGです。今の東京の保育園・幼稚園事情も然り。今のようなあまりに人が集まる仕組みを変えないと、いくら地方が「地方創生」をしても追いつきません。地方でもいいことは地方に。
 もちろん、地方にも責任があります。いくら国・都が笛を吹いても地方が躍らなければ現実は変えられない。地方の魅力づくりは地方の責務です。

 先日の齊藤元農林水産大臣が地方の一次産業を大事にしていくことと、農産物の輸出という例をあげて、まだまだ地方にはやれること=希望はあると力を込めておっしゃっていました。また、三ツ林氏は埼玉東部地区の医療環境も充実について力強く述べられていました。これも地方の生活に欠かせない分野です。

 独り勝ちの東京都知事が「日本には希望がない」と言ってどうする。着実で堅実な政策があれば、都会も田舎も両方がキラキラ輝く、そんな日本は絶対できるはず。

 さて、選挙はこれから後半戦に。このところしつこくて申し訳ございませんが、来る19日(木)平日ではございますが、幸手市北公民館で午後3時より自民党三ツ林氏の個人演説会が開催されます。なかなか候補者のナマの訴えを耳にする機会のない国政選挙です。お時間のあられる皆さまには是非ご参集賜りますよう。

静かな選挙

2017.10.13

アイコン

どうやって訴えを届けるか 難しい国政選挙

 国政のひだは深く、市議会議員7年目で国政を語るのは10年早いと自戒。一般国民としての独り言です。

 衆院選挙が始まり、立候補者のポスターは掲示板に貼られています。「日本をリセット」という政党もありますが、各種党首討論や各党首が街頭演説をしている全容が、ネットなどで公開されています。この前のブログでもお話ししましたが、テレビやコメンテーターというバイヤスを”排除”した「ナマ」の声は見る・聞く機会があれば是非見るべきだと思います。

 とは言え、多くの方はネットでいろいろな情報を検索するほど暇ではないし、ユーチューブやSNSにかじりついてはいられない。しかしです。静かですね、国政選挙は。私たち埼玉14区は埼玉県東部の6市2町で南北に長い選挙区となっていますが、人口規模の大きな三郷市や八潮市のような大票田地域はいざ知らず、わが町では各政党もさることながら、候補者の街宣車もほとんど見かけないし声も聞かない。ただ名前だけ連呼の街宣車も???ですが、それにしても12日間の選挙期間中、立候補者は休む間もなく走り回っていますが、その姿を見る機会はほとんどありません。
 国会議員の歳費の多少は今後の検討課題かも知れませんが、国会議員をさらに減らすとか、一票の格差是正として面積は広いが人は少ないという地域がさらに合区されるようなことになると、ますます、一度も候補者の訴えを直接聞くことなく投票をする有権者が増えるのではないか、投票に白ける有権者が出るのではないかと懸念を感じます(日々の活動報告や地域回りでカバー?)。

 さて、このような中、自民党幸手支部では14日午後3時すぎからJA埼玉みずほ駐車場にて街頭演説会、19日午後3時から北公民館で個人演説会を開催予定です。

 とにかく、数少ない立候補者のナマの声を聞く機会でもあります。是非、耳をお貸しいただけたらと思います。なお、JA駐車場の駐車スペースには限りがありますのでよろしくお願いいたします。

いよいよ衆院選

2017.10.09

アイコン

公示を前に まずは党首討論で確認を

 衆院選の各党公約が出揃いましたね。

 それを受け、NHK、ネット、日本記者クラブでは党首討論が繰り広げられています。私も動画で視聴しました。メディアやコメンテーターなどのフィルターを通さない、党首によるナマの討論は必見です。「2017党首討論」で検索すれば動画配信されていますので、是非一度ご覧になってください。

 どの党に政権を預けるのか。

 埼玉県14選挙区では自民、共産、維新、希望の4党で立候補が予定されているとの情報です。明日、いよいよ公示です。

 

 

9月議会のまとめ2

2017.10.04

アイコン

松田まさよ一般質問より

 9月議会では6項目の質問をいたしました。その内容については、8月24日のブログでお伝えしているところですが、どのような答弁があったのかお知らせいたします。一気にご報告したゆえに、たいへんなボリュームとなってしまい申し訳ございません。

1.埼玉県学力向上パワーアップ事業と市の取り組みについて
 この埼玉県事業は、埼玉県によって対象校がすでに選定されていて、幸手市は対象外ということでありました。逆に言えば、幸手市の学力テスト分析は通常通り独自に行うことになります。幸手市の明るくて素直な子どもたちがからこそ、学力面でもしっかりと力をつけてほしい。特にここ数年、中学2年生で学力が失速する原因を早く究明して有効な対策を立てていただくことを要望しました。

2.定住促進・住宅・雇用・活性化対策について
 人口減少社会と東京一極集中が続くなか、幸手市は去る7月、ついに白岡市に抜かれ、埼玉県で一番人口の少ない市となってしまいました。人口減少を食い止めるためにどのような事業が成果を上げているのかを問いました。
 答弁では幸手市にしかない魅力の発信。人口動態では転出者の微減、圏央道での新規雇用増、西口の土地利用の高度化などが挙げられました。「幸手市まち・ひと・しごと総合戦略」の唯一の若者指標である『婚活によるカップル成立数』について質すと、思わしい成果に結びついていないとのこと。
 ある意味、当然です。指定管理者の自主事業に任せるだけで成功するとは思えません。人生の伴侶を見定めるというのはもっと厳かなものです。相手を見定める情報もなく出会いを創出するだけでは一日の出会いでthe Endです。何とかして若い人たちの出会いの機会を作れないか。ということで、私は幸手市の新成人に着目。成人式から数年(5年程度)の期間、中学3年生のクラスを単位に同窓会の開催をサポートすることを提案。成人式の際に、それを新成人にプレゼント(といっても使わなければ空手形ですが)する。市民の皆さまの税金を使うサポート、補助なので幸手市の中学校を卒業しなかった方には申し訳ないのですが、幸手市で育った若者は他の地に出ていく割合が多く、その若者が再会する機会の創出に是非、ご理解をいただけたらと思います。
 人口減少や地方創生への施策は地道で愚直で長期の取り組みが功を奏する。一過性のイベントでは成就しない。なお、この件については、わざわざ副市長から「検討します」との答弁をいただきました。小さな事業ですが、新成人自体が今後減少していく中で、少しでも早い予算化に期待。最速で、来年度の予算に反映される可能性も。若者に魅力ある仕組みとなることに期待したいと思っています。

3.空き家対策について
 人口減少社会を迎える日本において、今、問題化しつつあるのが空き家問題です。来年度には国の税制改正が強化されるとの新聞報道もあり、幸手市の現況をたずねました。
 答弁では、現在、空き家については防災安全課が所管となっており、空き家として認知しているのは358件、所有者不明の空き家は3件ということでありました。空き家の有効活用に資する「空き家バンク」は未設置。幸手市では「空き家条例」において空き家バンクの設置を謳っていますし、私はこの条例制定時にこの空き家バンクに大いに期待をしていたのですが、所管が防災安全課という時点で、有効活用ができる体制にあらず。今後は県と共同で対応していくという事でしたが、私はまず、空き家の有効活用に関して所管の見直しを求めました。まずは体制づくりから。幸手市は高齢化率も高くなっていて、今後、相続などで土地の売買、また、所有者不明空き家が増える可能性が高くなっています。早急に体制を整えて課題にあたっていただきたい。

4.内水被害改善対策について
 このところ、切り口を変えて質問を繰り返してきましたが、水害対策は地方創生以前の、市の基盤整備としてしっかり改善を図って行かなければならない重要課題です。現在、幸手市には内水が溜まる場所には強制排水を行う「ポンプ場」が設置されています。今回の質問では市が管理する各ポンプ場への内水の流入経路と主要水路の浚渫施工の履歴(倉松川および大中落流域)、今後の対応をたずねました。
 浚渫に関しては、ポンプで水を引っ張ることで堆積土も運ばれ、主要水路に堆積物は少ないということでありました。なお、幸手市では、今後、排水ポンプの設置を増やしていくという事ですが、埼玉県では、倉松川への排水の増量が検討されており、今秋に結果が出るという答弁があり。それがなれば、さらに排水を増やせる可能性も。さらに、幸手市では現在、幸手・五霞線の整備が県によって推進されていますが、この道路は現在、豪雨時に渡辺家さんから大堰橋までの間で2カ所も道路が通行止めとなるなど、交通が分断されます。この解消を目指すことで周辺地域の水害も改善に向かうことが考えられ、この道路冠水への早急な対策を要望いたしました。今後の推移を見守りたいと思います。
 また現在、今回の答弁を元に、市内のどの地域からどのポンプ場に水が流れてくるのかを地図に落しています。今後もその中からできることを抽出して、できるだけ早く、少しでも改善がなされるよう質していきたいと思っています。 

5.第6次総合振興計画策定事業の推進について
 幸手市の最上位計画である「総合振興計画」の更新についての質問です。10年後をどう想定するか。この計画の良し悪しで将来の幸手市の姿が決まる。私たちの責任は重大です。そこで、まずは『5万人アンケート{回答可能な年齢以上の市民全員を対象とするアンケート)』の実施を提案。質問項目の選定は難しいと思いますが、市民との協働や市の魅力発見などに焦点を当てて、市民の皆さんがどんなまちに住みたいと思っているか、どんなことに魅力を感じているか、何を発信していけばいいか、などの項目を老若男女を問わず、抽出ではなく、全員から聞くという、これは市の一大イベントとして実施することが有効と私は考えます。今、考えるとこれこそ、市政30周年のイベントとして行われてもよかったのかもしれませんね。
 実は、このアンケートは行政課題のあぶり出しではなく、市民の方に市政に、わがまちに関心を持ってもらうという事も狙いの1つであるとして質しましたが、結果、統計学的観点から、通常このような計画を策定する際の常とう手段としての抽出アンケートしか考えていないとの答弁でありました。誠に残念!

6.緑地を活用した幸手市の魅力アップ構想について
 幸手市の魅力の1つとして権現堂公園があります。権現堂公園は先人の努力と現在は県営公園として桜保存会の皆さんが指定管理者として毎日、入念な管理が行われています。この観光資源を結ぶ新たな観光資源の開発は市の命題ともなっています。前回の6月議会で、日光街道幸手宿の起点である志手橋の意匠復元を取り上げましたが、今回は、県営権現堂公園から上吉羽・下吉羽公園、中川を結ぶ散策路という緑地帯の中継地点にある宇和田公園や総合公園を核とする周辺を公共空間としてブラッシュアップして魅力創造を構想するべきではないかと質しました。
 特に、今、幸手市が始めた駅前のレンタサイクルを活用した観光の回遊先の開発、あるいは総合公園を中心とした合宿所など、法的規制をクリアすればいろいろできることはあるのではないかと考えます。交流人口、そして、市民の活用に活路を見出すよう、前項の総合振興計画の改正に合せて是非、検討いただきたいと要望しました。
 6項目目という事で時間が押して、財源の話しまでできませんでしたが、このような事業をすべて市の税金で賄うのは大変です。私は皆さまからのご寄附やふるさと納税などを使わせていただくなど、財源確保への活路も同時に研究すべきであり、このような研究こそ、これからの幸手市を担う若い職員に頑張ってほしいと願うものです。
 

 

ページ移動