記事一覧

今日から一般質問です

2021.02.24

アイコン

議会は今日から一般質問開始

随分春めいて来ました。皆さまにはお変わりございませんか。またまた、ブログの更新が出来ず申し訳ありません。

一般質問の質問要旨をまとめるのに非常に時間がかかってしまい、いつものことながら、他のことが出来ない状態に。私の登壇は5番目で、今日の午後ラストか明日の朝イチか、微妙なところです。まだ、まとまりには欠けますが、今日の朝まで、何とかいろいろな資料などを頭の中に取り敢えず詰め込みました。これをもう一度咀嚼して、質問に向かいたいと思っています。

テーマは以前お知らせした3項目です。市民の皆さまの生活に直接反映されるテーマではないようにお感じになるかもしれませんが、私たちの生命、財産を守る自治体「幸手市」の自治力が上がることは、大きく捉えてみれば、歩みは遅くても理想の実現の近道だと信じています。微力故にコツコツ…。頑張ります。

また、ご報告いたします。

いよいよ準備は大詰め

2021.02.20

アイコン

新型コロナワクチン医療従事者への接種が始まります

今日も緊急事態への対応を促す声が防災無線から流れています。日本全体では感染者が少なくなったとの報道が続いており、春の陽光がさし始めるとつい外に行きたい気分になってしまいますが、ここ一番、マスクやアルコール消毒などを励行するなど感染対策をしっかりとり、三密に気をつけて過ごして参りましょう。

さて、新型コロナワクチン接種が始まりそうですね。一番に接種する医療関係者の接種希望者が予定より100万人増えるようではありますが、高齢者の皆さまの接種をスケジュール通りに進めたいとする政府が調達に努力されている中、幸手市からも以前お知らせした接種スケジュールに今のところ変更は示されていません。

今朝の新聞に埼玉県に分配される初回分のワクチンについて載っていました。初回配分されるワクチンは4万950人分。大野知事は不満を滲ませているとのことですが、希少なワクチンを公平に配分するのは本当に難しい作業です。

県内の医療従事者だけても23万人。これからワクチンの割り振りが決まるようですが、国民総接種の大事業は、いよいよスタートです。

いざというときに

2021.02.17

アイコン

被災地避難所で家族テント設置

13日午後11時7分頃に発生した、福島県沖を震源とする地震では、福島県や宮城県で震度6強、私たち幸手市では震度4が観測されました。事後の報道では、東北新幹線では電柱が折れ、常磐自動車道では土砂崩れ、住宅の一部損壊、マンションのひび割れ、水道管破裂、一時停電、断水など、各地で様々な被害が確認されています。

東北沖での地震が発生すると常に心配が過ぎる(よぎる)のが原発です。住民の方たちの安全とともに、働く方たちの心労や如何ばかりや。国策として進められて来た原子力発電。特に福島原発は3.11以降廃炉の方向にありながら廃炉への道は遠く、日々、多くの方々によって“最後の日“まで、安全確保に力が尽くされています。その廃炉作業を担うのは“人“です。危険だから、もうイヤだと放り出すことのできない難しい処理です。この度の地震ではその後も福島原発での異常報道はなく、胸を撫で下ろす次第です。

さて、この度の地震による住民生活を含む自治体の動きとして、福島県相馬市では、コロナ対策を盛り込んで改定された避難所マニュアルによって避難所が開設され、家族単位で使用するテントが避難者からは評価の声が高かったと報道されています。

住宅の損壊や断水などの被害が発生、長引くと避難を余儀なくされることは想定しなければなりません。今回の地震では福島、宮城両県で計258人の方が一時、避難所に身を寄せられたそうです。しかし、コロナ対策で密回避を講ずるとどうしても避難所の収容人数は減るのは大災害時の課題です。さらに、それぞれのご家庭で環境も条件も様々な中、私たちはどうすればいいのか。
まずは、皆さまには今一度、お家の中の家具、いざと言うときの家族との連絡方法、避難の方法、持ち出し袋などの点検を。

以前、防災関係者から聞いた話です。仮にお家の中の家具倒れたりガラスが散乱した場合、一番に必要となるのは足の安全を守る履き物です。安全な避難に必要な「靴」などの履き物は枕元に。そして、慌てて避難する時に忘れがちなのが、眼鏡や入れ歯などの日常使っているモノだそうです。
また、消毒液やマスクなども個人でできるだけ用意しておく。合わせて、避難所が基本体育館などとなることから上履きなども忘れずに。

幸手市においては、台風19号の反省から避難所マニュアルを改定し、パーテーション、災害用段ボールベッド、授乳や着替えなどで使うプライベート用テント、衛生用品(消毒液やマスクなど)の準備も進めています。また、来年度はハザードマップの改定が予定されています。現在進められている国の避難見直しを待って、ハザードマップに水害やコロナ感染防止などの新たな対応を加えたものとするよう検討中です。皆さまには今一度、お手元の今あるハザードマップをご確認いただき、「自分なら“その時“どうするか」を改めてご家族と共に話し合ってみてください。
自治体で全てのコトやモノを準備するのは難しい中、私たち住民も「私はどうするか」を頭に置いておくことが迅速な対処に繋がります。その上で、ご近所をはじめ、お互いに声の掛け合えるコミュニティや地域作りも日頃から。

災害多発の環境下、公助、自衛、共助を含め、みんなで考えて参りましょう。

幸手消防署西救急ステーション 4月1日より開設

2021.02.16

アイコン

西分署の新体制

皆さまにご心配をおかけして来た西分署存続問題。今後の方向性についてはすでにご案内の通りですが、昨日の議員全員協議会では「幸手消防署西分署は救急ステーションになります」として以下報告がありました。いよいよ4月1日から新体制での再スタートです。

□新名称(所在地)
幸手消防署西救急ステーション(幸手市大字下川崎10番地)
□時期
令和3年4月1日(木)から
□救急ステーション化による変更点
・消防隊やポンプ車は配置せず救急業務のみ行う専任の救急隊を配置する。
・救急隊のほか、受付や救命救急指導を担当する毎日勤務の職員を配置する。
・消防訓練実施計画届出や結果報告、火災予防条例に基づく各種届出に関する手続きは幸手消防署で対応する。急ぎでない場合は西救急ステーションで預かり可。
※罹災証明、救急搬送証明の発行手続きは西救急ステーションで対応するが、職員が不在となる場合、消防組合管内すべての消防署で発行できるので最寄りの消防署の利用を。

※受付及び救命救急救命講習指導担当[毎日勤務] 2名
救急隊(専任) 3名× 3隊
事務連絡車、救急車🚑 各1台配置

【救急ステーション化の効果】
①救急業務専任の救急隊を配置することにより増加が予想される救急需要への対応が強化される。
②火災等の災害対応は消防の広域化により強化された消防力によってカバー可能。
③救急救命指導担当職員を配置し、消防組合の救命講習業務の拠点とする。
④合理化による経費節減効果や職員の再配置などにより、職員の研修訓練や資機材等の充実が図られ、消防力が強化される。

♥西分署の消防車🚒が無くなるのはさみしい限りですが、西分署の灯りが灯り続けることの安心感は尽きません。職員の皆さまには地域の安全安心のためにこれからもよろしくお願いいたします。

3月議会日程案

2021.02.16

アイコン

いよいよ3月議会始まる

昨日の議員全員協議会で議案、日程案が配布され、いよいよ3月議会が始まりました。主な議案は、令和2年度補正予算、介護保険をはじめ各種条例改正、令和3年度各会計予算です。

新年度予算は副市長を迎えての木村市政2度目の編成です。予算規模は今年度当初予算比約4億円減の154.1億円(今年度は158億円)でのスタートとなります。地震や水害など災害への備えの強化、コロナ禍による市民生活の変化などへの対応が求められる中、一方で、さらに厳しさを増す財政状況において行政の継続性・戦略性、事業の優先性、市長公約の実現などにどのように取り組んでいくのか。
様々な課題を市民本意で解決する予算であることに期待しながら、これから開会日まで、その内容をじっくり精査したいと思います。

さて、3月議会の日程は以下となる予定です。

【会期日程案】
2月22日(月) 開会・議案説明
2月24日(水)〜26日(金) 市政に対する一般質問
3月4日(木) 議案に対する質疑
3月5日(金)・8日(月) 文教厚生常任委員会
3月9日(火)・10日(水) 総務常任委員会
3月11日(木)・12日(金) 建設経済常任委員会
3月19日(金) 委員長報告、質疑、討論、採決 閉会

※各日程とも午前10時から
※委員会以外は本会議場で。インターネット中継あり
※委員会は委員会室にて。
※コロナ感染防止対策として傍聴は人数制限あり。議会事務局にお問い合わせください

ページ移動