記事一覧

教育界の事件

2020.09.19

アイコン

埼玉県教育委員会 教諭の懲戒免職

県教育委員会は9月10日、覚醒剤取締法違反容疑の公立中学校教諭(40)の懲戒免職、8月19日に有罪が確定して失職(低学年児童を服の上から触る)した元教諭(32)に退職手当を支給しないことを決定した、との報道より。

覚醒剤で懲戒になった教諭は「立場をわきまえ、もっと考えて行動しなければならなかった」と反省していると新聞は書いていますが、覚醒剤や児童へのわいせつ行為は立場をわきまえる以前に、個人の趣味や嗜好の問題ではなく、犯罪です。資質が問われる行為だと考えますがいかがでしょうか。
覚醒剤の誘惑に負けるような心情で子どもたちを導けるか。わいせつ行為は受けた人が大人になっても一生心の傷を持ち続けることも報告されています。私も学校相談員時代にそのような事例に遭遇しました。学校不審は連鎖します。

県教委は今のところ、処分者としての立場ですが、コトが起きてからの処罰ではなく、採用者でもあるのですから。採用時にできることはないのか、是非検証していただきたい。採用時に全てを見極めるのは簡単なことではないことも十分理解しますし、あまりに画一的な基準では多様性が失われます。しかし、被害が出てからでは遅いし、最近はこのような処分を伴う事件が多いと感じます。

再犯も増えています。これについては今後は40年間、犯罪歴がトレースできるような法整備も進んでいるようですが、多くの誠意ある先生たちのためにも、県教委にはこのような処分が起こらない環境づくりに取り組んでいただきたい。私も孫を持つ身。また、地域の"いちばあば"として、子どもたちの健全育成を求めて止みません。改善を強く求めます。

菅義偉首相誕生

2020.09.17

アイコン

㊗️新内閣 発進

昨夜、秋田県出身菅義偉氏が首相に指名され、新内閣が発足。記者会見の様子がテレビ等で報道されました。

自民党総裁選は選挙があってよかったですね。自民党内の選挙にもかかわらず、多くのメディアが連日取り上げ、多くの国民が注目。菅氏、石破氏、岸田氏の三つ巴選挙は菅氏圧勝が取り沙汰される中、それでも立候補を取り下げず戦いに挑まれた石破氏、岸田氏のご健闘にも敬意です。そして、首相指名で圧倒的な支持を得て菅総理大臣が誕生しました。

やっぱり、選挙で決まったという事実は何かにつけ迫力が違います。記者会見でも、実直なお人柄とともに戦いを制した自信、信念を感じました。もちろん、舞台裏ではいろいろなことはあったと思います。しかし、安倍首相の残りという短い任期。内政では衆院解散総選挙という難しい判断を1年以内に控えた船出です。言葉を選びながら、しかし端的に、コロナ収束第一、経済再生など、「国民のために働く内閣をつくる」との姿勢を力強くアピールされ、信頼感を感じました。

二世、三世の政治家と違い、たたき上げの苦労人とのこと。安倍首相とはタイプも違う。国会では野党の人たちも手ぐすね引いて論戦を仕掛けて来るでしょう。官房長官として記者の質問に鋭く応答されてきた菅さん。今度はどんな国会答弁をされるのか。楽しみです。

♥さて、幸手市議会の今日の議会日程は、私が委員長を務める建設経済常任委員会です。既に終わった文教厚生常任委員会、総務常任委員会では、付託された案件は全て賛成全員若しくは賛成多数で認定。決算審議は、「予算通りに執行されたか」をチェックするのが目的です。昨年10月、年度途中で渡辺市政を引き継いだ木村市政。決算に木村市政としての特徴はなかなか出せませんが、決算とは別に、西消防署の救急ステーション存続を決めるなど、公約実現に向けて着々成果をあげています。

♥♥さて、行政には継続性が求められます。政権や市政が代わったからと、何でも新しくできるかというとそんなことはできません。国民の、市民の生活を安定的に守るのが行政の仕事です。国政では麻生さんが財務大臣を続投。やっぱり財政は国政でも大きな課題です。日銀の政策が転換されない現状、引き継げるヒトはいない?幸手市では前々市政がやっとのことで貯めた貯金(基金)を使い切って終わった前市政を引き継ぎ、財政の厳しさが増しています。「予算執行に無駄はないか」。今議会はこのような視点での質疑が多くなっているのが特徴です。

9月議会の経過

2020.09.13

アイコン

日程もお知らせせずに

9月定例会が議会日程もお知らせしないままになっていました。申し訳けございません。

現在まで、1日開会、2〜4日は12名の議員による一般質問、8日は議案に対する質疑、そして、11日は文教厚生常任委員会第1日目が終わりました。月曜日は2日目の文教厚生常任委員会が、14、15日は総務常任委員会、16、17日は建設経済常任委員会が開催されます。

その間、教育委員人事や固定資産評価審査委員の任命案もあり、全員賛成で3件とも同意。教育委員任命では、採択日が少しイレギュラーな扱いとなりましたが、高嶋勝也氏(中川崎在住)、藤沼寛次氏(大字幸手在住)のお二人が同意され新規就任となりました。また、固定資産評価審査委員は引き続き荒川琢哉氏が同意されました。皆さまには幸手市発展のためにますますご活躍くださいますようご祈念申し上げます。

さて、明日以降の日程を改めて。
14日(月) 文教厚生常任委員会 10時から
15、16日(火・水)総務常任委員会 10時から
17、18日(木・金)建設経済常任委員会 10時から
28日(月)採決・閉会

♥なお、長らく空席となり皆さまにご心配をおかけしてきた副市長人事案もいよいよ、9月議会中に上程される手筈に。また、お知らせいたします。

地元小学生 快挙

2020.09.07

アイコン

カラオケバトルSP🎤🎶

昨日のテレビ番組の話しで恐縮です。度肝を抜かれました。これまでも全国の小中学生を対象とする決戦はオンエアされてきましたが、昨日の同番組も全国の天才小学生が揃い踏みしての歌うま日本一を競うSP。しかも何と何と、幸手市の地元の5年生男子がバッキバキで優勝🥇です。おめでとう㊗️🎉🎊ございます。👏👏👏

怪物的逸材の出現。しかも地元の小学生。数日前からいろいろな方からテレビ放映の話しを伺っていましたので録画をセットして心待ちにしていましたが、まさかこんな逸材とは。素晴らしい❗️
でも、学校の近くでインタビューに応答する姿は本当に可愛い小学生です。小さな身体に秘めた力は半端なし。そのギャップが愛しいというか眩しいというか。

カレ以外にも全国から集まった天才たちは堂々の歌いっぷりだけではなく、"歌にかける根性"もどのお子さんも負けず劣らず。使い古された言葉つだすが、人はそれぞれ生まれながらにいろいろなタネを持っている。小学生の年齢で世界に一つだけの大きな花🌸🌼💐を咲かせた皆さん。これからも頑張って欲しいですね。

♥自分磨きは年齢関係なし。大人も負けていられないです。

8月27日のブログ訂正お願い

2020.09.05

アイコン

幸手市公共施設個別計画(素案)の内容について

先日のブログの内容に間違い箇所の指摘をいただきました。以下、訂正させていただきますのでよろしくお願いいたします。

◇計画期間について
誤)計画期間は2021年度から2056年度まで。4期に分け、管理の最適化を図ります。
正)計画期間は、総合管理計画の計画期間のうち残り36年間を4期に分け、このうち第Ⅰ期(計画期間令和3〜令和10年度まで)の8年間とし、施設総量の適正化など適正配置を図ります。

個別計画は総合計画を4期に分けて進める。その中の1期目の検討が来年度から始まります。

誤)◇管理の基本的な考え方は
正)◇建築物系公共施設に関する基本方針は

因みに、個別計画の上位計画である総合管理計画に規定されている基本方針は
❶人口構造変化や規模に応じた施設総量の削(将来において、人口減少や支出が可能な財源規模を考慮し、今後40年間で総延べ床面積を30%削減することを目標とする)
❷新規整備の抑制と施設運営の効率化(今ある施設の長寿命化や有効活用を図ることで、新規整備を抑制し、施設の維持管理コストの縮減、効率的・効果的な施設運営を行う)
❸施設の集約化・複合化と市民サービス維持向上(施設の集約化・複合化により、施設の利用率・稼働率の向上を図り、市民サービスの維持・向上を図る)

以上❸つですが、40年で30%の床面積を削減するというと、「どういうこと」「何がなくなるの?」とご不安もあるかと思いますが、大事なのは❸です。この施設管理にかかる計画は、"市民サービスの水準の維持・向上が目的です。人口減少等に合わせて上手に縮んでいきましょうという、ある意味「前向き」な縮小計画と受け止めていただきたいと思います。
まず1期目の検討が来年度から始まりますが、そのベースとなるこの個別計画に市民の皆様のご意見をいただくためにパブリックコメントの募集が始まっています。市内各公民館等にも閲覧用ではありますが、計画が置かれていますのでよろしくお願いいたします。

誤)公民館は現在の5館を4館に、現在6校ある小学校は5校以下に、
正)集会施設(コミセンを含む)は現在の6館を4館に、現在9校ある小学校は5校以下に、

基本的な数字を間違えてしまいました。申し訳ございません。地域に密着した施設の統廃合ですから「どうなるのか」とご心配かと思いますが、Ⅰ期にそのあり方を検討します。

誤)2056(令和56)
正)2056(令和38)

年号を間違えました。因みに、幸手市の人口は令和38年、今から36年後には3万4千人になると推計されています。今の天皇陛下が100歳に近いご年齢となられるような遠い未来です。世界は、日本は、幸手市はどのようになっているでしょうね。

♥以上、誤りの訂正と合わせて少し書き足しました。皆さまに何度も申し上げて恐縮ですが、公共施設の統廃合は未来のための前向きな縮小です。私たちの時代に人口とともに膨張してきた公共施設の「終活」であり、私たち年代の責任として知恵を出し合って一緒に前向きに取り組んでまいりましょう。よろしくお願いいたします。

ページ移動