記事一覧

真に平和な社会を目指して

2020.08.07

アイコン

広島 75回目「原爆の日」平和記念式典に想う 〜大切にしたい言葉〜

昨日は、先の大戦での原爆投下から75回目となる「原爆の日」を迎え、広島では平和記念式典が営まれました。今年は新型コロナ対策で参列者が限定され、幸手市でも毎年恒例の中学生の広島派遣事業は中止となりましたが、平和への祈りは尽きません。

世界を見ると、蔓延る自国中心主義と、世界を襲う自然災害が頻発し、さらに1年前には予想だにしなかったコロナ感染症の拡大で世界経済は麻痺状態と化しています。自国中心、自国優先主義は今に始まったものではなく、遡れば、近代まで、主役は変われど常に強国が支配してきた覇権と搾取(植民地化)の歴史が続いてきました。日本も明治維新で国を開いてから、その恩恵を受けるべく突き進んできましたが、近年の行き過ぎた経済一辺倒、グローバル化で失ったものも大きい。

私もおばあちゃん世代となり、孫世代の行く末を案じる年となったからでしょうか。自分の来し方を振り返ることが多くなりました。先日、日本人として生きてきて、今こそ大切にしたい言葉に気づきました。例えば、「お陰様」「お互い様」「お世話様」「お疲れ様」「ご馳走様」…。平和というか、安寧というか。お互いをリスペクトし感謝する気持ちが溢れています。このような言葉が継承されてきたことに、日本人として、誇りを感じます。

残念ながら、幸手市にとって、ほろ苦い歴史の1ページとなってしまった昨年の同日。ご本人にも言い訳はあるかもしれませんが、心に前述の言葉のひとかけらでもあれば、あのような行動はとられなかったのではと本当に残念です。あれから1年。世界の混沌は拍車がかかり、自然も国際政治もタガが外れたかの日々が続いてきました。世界を救うのは「お互い様」という感覚です。

平和は祈るだけでは訪れません。自分の中に染み込んだ言葉や感覚を大切にし、日々小さな「お互いさま」を実践していく。真に平和な社会を孫世代に残すためには日々実践あるのみです。そんな決意を新たにした昨日でした。

市長、動画でメッセージ

2020.08.04

アイコン

幸手消防署西分署の救急ステーション化について 市長ビデオ報告

先日お知らせしていました幸手西消防署の救急ステーション化について、市長の動画による報告が市HPにアップされました。

救急ステーションとして現在の場所に館が残ったこと、本当に良かったと思います。詳しくは市長のメッセージを是非、ご覧ください。市HPホーム画面→くらし・市政→新着情報で検索を。

市内感染者情報

2020.08.03

アイコン

8月2日 幸手市における感染者発生情報

埼玉県発表

40代女性
発症日 7月30日
発症時症状 37.8度、倦怠感、寒気
陽性判定日 8月1日
同居家族 1名
濃厚接触者 調査中

なお、濃厚接触者は市内保育所通所のようですが、この先の濃厚接触者はいないとのこと。
また、施設の消毒済みであり、市では対策本部を設置して対応にあたっています。

これ以上の情報はありませんが、埼玉県情報によると、同日、埼玉県衛生研究所の検査により確認された感染症例は28人。これまで埼玉県で感染が確認された方のうち、1841名が退院・療養を終了。本件の濃厚接触者把握含めた積極的疫学調査を確実に行っていくとのことです。
皆様には、手洗い、マスク着用の励行と、用事で外出されるときは、各所に置かれている消毒液による手指消毒を心がけるなどしながら冷静な対応をお願い致します。

補正予算への会派要望

2020.08.01
幸手市長 木村純夫様 『国の第2次補正予算の成立に伴う、市の補正予算編成に関する要望書』 幸手市政クラブ 武藤寿男 松田雅代 2020.6.29

前回のブログで、昨日可決された補正予算の詳細を次回以降お知らせするとしていましたが、この補正予算が編成される前に、議員には市長に対して補正事業の要望を提出するチャンスがあり、私たち会派 幸手市政クラブも6月29日、要望書を提出しています。議会活動の中の大事な要望活動です。結果、今回の補正予算には私たち幸手市政クラブの要望内容の多くが反映されました。補正予算の詳細をお知らせする前に、会派の要望書について、備忘録方掲載いたします。ご覧いただければ幸いです。

【国の第2次補正予算の成立に伴う、市の補正予算編成に関する要望書】
国の新型コロナウィルス感染症対策に関する補正予算が成立し、新型コロナウィルス感染症対応地方創生臨時交付金が2兆円措置されました。
そこで当市にも4億6573万5千円の配分が決定したとのことであります。これらをもとに市民の皆様に対する生活支援、事業者小売業者等に対する経済支援、第2波、第3波に対する感染症対策を含む防災対策、感染症を含めた市災害時の市の事業継続計画による対応策の構築など、積極的に実施すべきものと存じます。
市議会市政クラブといたしましては、下記事項について特にご配慮いただきたく要望申し上げます。

1.経済支援として、事業者、小売業者とに対する継続奨励金
・1事業者に5万円 1200カ所
2.経済支援と生活支援として市内のみ有効な商品券の配布事業
・1世帯に1万円程度
3.生活支援として水道料金の補填事業
・基本料金等の補填
4.感染症対策として
・医療機関に対する支援事業 各病院診療施設等
・患者移送用自動車の整備(普段は公用車として利用)
・消毒機材及び消毒薬、防護資材の整備
5.防災対策として
・ IT行政の推進による感染症等の防災上の事業継続計画の対応整備
(オンライン会議等も含め)
・ 避難所用簡易ベッド、間仕切り等の整備
・高齢者独居世帯に対する防災通信システムの構築

♥今回の補正予算は市民の皆さまや地域経済に対する支援、感染症対策が目的です。要望書には市民の皆さま、市内事業者の皆さまの声をお聞きしながら生活支援、市内消費の喚起、感染症対策など幅広い分野の要望をまとめました。

♥♥私たち幸手市政クラブの要望意外にもさらに加えて国の経済対策を具現化する支援事業が盛りだくさんに編まれています。

♥♥♥一気にお知らせするには盛りだくさんの情報量故、ブログを分割してご報告しております。次回は事業の詳細をお知らせいたします。

臨時議会 コロナ対策 補正予算可決

2020.07.31

アイコン

新型コロナウイルス感染症対策地方創生臨時交付金 事業決定

今日、臨時議会が開催されました。議案は3件。午前10時から午後4時まで質疑を行い3議案とも可決。月曜日までとなっていた会期を短縮し今日、閉会となりました。概要をお知らせいたします。

❶幸手市長及び教育長の給料の減額に関する条例 ➡️賛成多数可決
❷令和2年度幸手市一般会計補正予算(第5号) ➡️賛成全員可決
❸令和2年度幸手市水道事業会計補正予算(第1号) ➡️賛成全員可決

❶市長は給料月額の30/100、教育長は給料月額の10/100を減額する条例です。新型コロナウイルスの拡大収束が見えない中、減額分は対策の一部に充てたいとする市長に教育長も賛同。減額期間はともに令和2年8月1日から令和2年12月31日まで5ヶ月という内容。減額に教育長を巻き込むべきではないとする共産党議員から、教育長に関する条文を削除する修正案が出されましたが、多くの議員は議会の踏み込む範疇にあらずと修正案を否決。賛成多数で原案可決しました。

❷補正予算は、国の2次補正「新型コロナウイルス感染対応地方創生臨時交付金」を財源に、新型コロナウイルスの感染拡大防止や感染拡大の影響を受けている地域経済や住民生活の支援、「新しい生活様式」を踏まえた地域経済の活性化等、地方創生を図ることを目指すもので、幸手市には総額527,435千円が交付され、多くの事業が予算化されました。
概要は、医療福祉機関応援給付・市内事業者の支援金・新生児給付・水道料金補助などに344,495千円のほか、防護服やフェイスシールド、間仕切りや簡易ベッドなどの感染防止防災備蓄品などに61,090千円、公共施設のトイレ洋式化・非接触型手洗いなど衛生環境改善のための改修などに78,276千円など。支出項目は多岐にわたります。

♥皆さまに対する様々な給付や補助あり。詳細は次回以降のブログでお知らせいたします。

ページ移動