記事一覧

9月議会の運営

2022.08.17

アイコン

コロナ禍治らぬ中、傍聴なしと決まる

コロナ、熱中症、台風、物価高騰などいろいろな課題が私たちの生活を直撃する昨今、皆さまにはお変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか。

先日の台風、東北地方などに爪痕を残しましたが、取り敢えず幸手市は被害なく通過。お盆が終わると風が変わると言われるように、今日は幾らか暑さも和らいで。あと1ヶ月もすれば新米の季節。早いですね。今日は過ごしやすさにカラダもホッと一息です。

さて、9月議会が始まるまで後2週間となり、23日は9月議会一般質問提出期限で項目選定にいろいろ思案しております。考え事に没頭してしまうとブログの更新が滞ってしまい、ご来訪くださる皆さまには本当に申し訳ございません。

そのような中、今日、議会運営委員会で9月議会の運営が協議されたと会派代表の武藤議員から連絡がありました。それによると、9月議会も感染対策を怠りなく。一般質問の議員持ち時間は従来通り45分とする。そして、傍聴については、陽性者の増大が治らない現況を鑑み、今回は"なし"と決まったようです。市民の皆さまに直接傍聴いただけないのは残念ですが、仕方ない判断かと。
幸手市議会は開会日、一般質問、質疑、閉会日の採決など本会議場での様子はインターネット配信があります。もし、お時間のある方は当日のライブ中継を、お時間のない方は後日、1週間ほどで録画中継もありますので是非ご関心をお寄せくださいますようお願いいたします。

さて、一般質問では何を質問するか。今、いろいろ論点整理中ですが、通告書の提出が終わりましたら皆さまにも項目等お知らせいたします。また、9月議会の主な事案は令和3年度の決算です。これは25日に議案が配布されますので、また皆さまにも順次お知らせしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

♥なお、コロナ陽性者が爆発的に増大傾向にあった先日、議会では各会派から、新型コロナウィルス感染症の急拡大に伴う質問、要望書を市長に提出できる機会があり、会派市政クラブでは、7つの質問を提出。まだ、解答はいただけていませんが、解答が来ましたら合わせてお知らせいたします。

雨、降り出しました

2022.08.13

アイコン

台風8号の影響が

今、10時20分。雨が降り出しました。

農家の皆さまはじめ、外でお仕事の皆さまには見回りなど十分お気をつけて。出来るだけ水路に近づかないよう安全第一でお願いいたします。また、激しい降りの中では防災無線なども聞こえにくくなりますが、危機管理は自ら情報を得るのが原則です。聞き漏らさないよう、また、防災メールを受信されている方には送信の、Twitterなどをご覧の皆さまには確認を怠りなく。よろしくお願いいたします。

https://www.city.satte.lg.jp/sitetop/life_cityadmin/important/6502.html

♥合わせて、日本気象協会 世界天気のHPもリンクしておきます。ご関心のある方はご覧ください。

https://www.google.co.jp/search?q=%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E6%B0%97%E8%B1%A1&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja-jp&client=safari

台風8号

2022.08.13

アイコン

13日 東海 関東甲信に上陸の見込み 線状降水帯も

気象庁によりますと、台風は13日の日中、東海や関東甲信にかなり接近し、上陸する見込みです。東海や関東甲信では局地的に、雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、14日にかけて大雨になるおそれがあります。

皆さまには防災無線などにも注意し、必要な備えと避難場所や避難所、ご自宅からの避難ルート、また、ご家族との連絡方法など、改めてご確認を。避難場所は基本的には一時避難であり、必要と思われるものは持参するのが原則です。薬や飲み物など、ご自分に必要なモノはご用意ください。

なお、避難とは命を守る行動です。命を危険に晒して何が何でも避難場所に行くというのではなく、"どうすることが一番生存率が高いか""より安全の可能性が高いか"をそれぞれの皆さまが判断され、もし、自宅の2階にいた方が命の助かる確率が高いと思われる時は、ご自宅での垂直避難もご検討を。特に、大雨時の車での外出には十分お気をつけください。

以下はNHKネットニュースより都市型災害の危険性に関する抜粋です。
❶排水が追いつかないと周囲より低い土地や狭い道路には水が集まりやすくなり、川のような急な流れができて足元をすくわれる危険があります。
❷車が浸水すると、30センチ程度でエンジンが停止し、50センチ以上では車が浮いて流される危険があります。
❸急に天候が悪化した場合、見通しが悪い場合には無理をせず安全な場所に車を止めて、雨風が弱まるのを待って下さい。
❹都市部では、建物が多い上に道路も舗装されて雨水がしみ込みにくく、1時間に50ミリ程度以上の雨が降ると排水が追いつかなくなるおそれがあります。下水道などの排水機能が追いつかなくなり、地上に水があふれ出す「内水氾濫」と呼ばれる現象です。

♥内水氾濫は幸手市でも常習的に発生してしまう場所があります。市では排水ポンプや仮設ポンプの事前設置により強制排水を行なっていますが、地形上及び大中落や倉松川への排水路が集中することにより、吐ききれない雨水による内水氾濫が起きやすく、地域の皆さまには雨の度ご心労をおかけしてしまいます。その地区に車でご移動される必要のある方は通行止めになっていない道路であっても❷を参考に他の道を迂回するなど、絶対ご無理のないようご行動願います。

♥♥ちなみに、気象庁では発達した積乱雲が次々と連なる「線状降水帯」の発生のおそれが高まった場合、気象情報の中で警戒を呼びかけています。一方で精度には限界もあります。気象庁によりますと、過去の事例からみた“的中率”は全国で2回に1回程度、地方単位では4回に1回程度で、情報が出ない中で線状降水帯が発生するいわゆる“見逃し”も3回に2回程度あるということです。
『予測が出ていない地域が安全だ』というわけではありません。
急激に状況が悪化した場合は早めに安全な場所に移動するようにしてください。

コロナ関連情報

2022.08.10

アイコン

ご自身で行った検査結果が陽性になった方へ

先のブログで抗原検査キットの無料郵送配布のお知らせをいたしました。今日、改めて市のHPを確認しましたら、新たに上記の情報が出ていました。いろいろな施策が矢継ぎ早に繰り出されています。ご関心のある方はリンクをご覧ください。
https://www.city.satte.lg.jp/sitetop/life_cityadmin/important/9466.html

また、5〜11歳のお子さま(未接種)の個別病院での接種についても12日から可能となるようです。如何に内容を転記いたします。なお、接種は義務ではなくあくまで任意です。接種するか否かはご家庭でご判断ください。

【内容】
小児(5~11歳)の個別医療機関での接種について(報告)
小児の新型コロナワクチン接種を、個別医療機関でも実施することといたし
ましたことを、下記のとおりご報告いたします。

1 対 象 者 5~11歳の新型コロナワクチン未接種者(市内外問わず)
2 開 始 日 令和4年8月12日(金曜日)以降 ※体制が整い次第、各医療機関の判断で実施
3 医療機関
(1)堀中病院 (2)入江こどもクリニック
4 予約方法 医療機関に直接連絡
5 周知方法 (1)1回目の未接種者への勧奨通知に記載(8月中旬頃発送予定) (2)市のホームページに掲載

市のコロナ対策

2022.08.10

アイコン

検査キットの無料郵送配布のお知らせ

新型コロナウイルス感染症の陽性者の急激な増加に伴い、多数の患者の受診により医療機関がひっ迫する恐れがあるため、市内在住の50歳未満の症状がある方や同居家族に陽性者のいる濃厚接触者を対象に無料で郵送配布します。

1日毎に限定数ではありますが、希望の方に。期間は今日から8月31日まで。
詳しくは市HP新着情報をご覧ください。リンクを貼っておきます。

https://www.city.satte.lg.jp/sitetop/life_cityadmin/important/9463.html

ページ移動