記事一覧

情報との接し方

2019.08.24

アイコン

情報の送り手受け手の心得

ある国政政治家(ただ今落選中)のメールニュースの配信を受けています。私が支持をしているという政治家ではありませんが、過去に袖すり合う縁があり、また、主張の違う意見に触れる窓口として受信を続けています。

その最新ニュース。ヨーロッパでは地球温暖化やジェンダー問題などが日本の数倍も関心が高いということとともに、英国のEU離脱の国民投票について、欧州トップクラスの国際機関で働いていた知人の話が取り上げられていました。示唆を感じる部分を少し転記します。

『…フィナンシャルタイムズなどのロンドン発の英語情報に私たちは過度に依存していて、大陸発の特にEU本部のあるブリュッセル発の情報を軽視していることに気づかされた。…英国のEU離脱についても、英国自身が実物以上の自己イメージにとらわれていて、自国の外交能力への過信があったことなど、自分たちで決断できない政治家たちが、国民に丸投げしてしまったのが「国民投票」で、この安易な国民投票によって、残留を支持した多くの若者の未来はどうなるのか。…』

見て頂きたいのは
◇ロンドン発の英語情報に過度に依存
◇英国自身が実物以上の自己イメージにいてとらわれて
◇自国の外交能力への過信があった
◇安易な国民投票で残留を支持した多くの若者の未来はどうなるのか

との問いかけです。先のブログにも書きましたが、どの立場に立つかによって真実は違います。事実は真実ではありません。
このことから教訓とするべきは、まず、情報の送り手は、出来る限りフラットな事実をお伝えすることに徹するということ。情報の受け手は、情報には送り手というフィルターがかかっていることを意識することです。

争いが一部の情報を信じることから起きるのは定石。偏った情報ではないか、情報にかけられたフィルターとは…。このようなことをまず、疑ってみる。この態度が重要です。その上で、自分の判断をする。

書き手が物事を整理したものが情報です。私が情報の送り手として心掛けていることは、事実を出来る限りありのままに届けることです。もちろん、私の思いもお伝えしますが、皆さまの判断材料として皆さまに考えていただけることを大事にしています。出来る限り押し付けたり、先導したり、扇動するのではなく。

主張が足りんと言われるかも知れませんが、ある情報に依存し過ぎることの弊害は大きい。これこそ、私たちは先の戦争から教訓とすべきことです。

今、世の中は情報で溢れています。情報には送り手の意識が反映されている以上に人心への操作性も高い。情報は誰でも世界に向けて発信できる時代です。世界的なニュース、足元の小さなニュースに関わらず、皆さまには満遍なくいろいろな情報に触れていただきたいと思います。情報に振り回されたと気づいた時は"後の祭り"と心して。

令和元年度幸手市戦没者追悼式

2019.08.24

アイコン

先の戦争の戦没者を追悼する

戦後生まれの私たちにとって、先の戦争は繰り返してはならないことであることは確かなことですが、歴史的評価はとても難しいものです。もちろん、繰り返さないためには事実の希求は必要ですが、これもとても難しいこと。

今日はウェルスで、幸手市において戦争で亡くなられた方々を慰霊する追悼式が開催されます。これまで遺族会の皆さまが続けて来られた慰霊式を市が宗教性を排して引き継ぎはじめての会となります。戦争の犠牲になられた尊い御霊に想いを馳せる。その行為の中に大切なことがある。国際情勢が揺れる昨今ですが、自分の中の平和への想いと向き合う大事な時間として、参列して来たいと思います。開会は9時です。

明後日は埼玉県知事選投開票日

2019.08.23

アイコン

25日は埼玉県知事選投開票日です

熱い戦いが静かに進んでいます。幸手市長選は10月9日の投開票と決まりましたが、その前に、今、知事選真っ只中の埼玉県。全県で戦う候補者が回る地域が広く、前回の参議委員戦同様、候補者の声を聞くことなく投票日を迎えるという方も多いものと思います。あまりに静かで選挙戦である事を忘れてしまいそうですが、候補者は真っ黒になって遊説されています。

以前、テレビ埼玉で候補者討論会を見た以外、他の候補者の肉声を聞く機会はありませんが、私は何度か青島候補の演説を聞く機会を得ました。先日もみずほ農協の駐車場にご本人が来られて爽やかに力強く訴えておられました。私は青島氏が唱える「チーム埼玉」という考え方に賛同です。埼玉県は64もの市町村があり、協調より群雄割拠という様態で、東京40キロ圏内は強い。勿論、各自治体、首長のご努力あってのことですが、東京一極集中の恩恵を未だ大きく受ける南部地域。また、西部、北部にも多様な魅力を持つ大小市町村もなかなか横の連携がなく、県内交流がもう少しあっても良いのではないかと常々感じている私は青島氏の考えを是非、押し進めてほしいと思います。
また、埼玉は農業県であるとも。そうなんです。昭和から平成にかけての東京のベッドタウンとしての役割はほぼ終わり、基幹産業の農業も大きな転機を迎えている幸手市。オール埼玉のチームの一員として、幸手市がもう一度輝きを取り戻すには農業の活性化も課題です。新たな魅力発掘の可能性を是非リードしていただきたいと思うわけです。

青島氏は県東草加市育ちだそうです。スポーツキャスターとして多くの著名人のインタビューもこなしてこられた方です。気さくなお人柄で、ご自分の顔を「草加せんべい。しかも醤油せんべい」と笑わせるなどウィットにも飛んでおられて。インタビュアーは相手の方の良いところを引き出すのが仕事。天性備わった選球眼や良いところ探しの能力を県政でも発揮していただき、人も埼玉県も輝かせてほしい。実は、幸手市のこともよくご存知なんですよ。そんなことで、上田県政、県南中心では光の当たりにくかった幸手市にも光を当てて下さるのではないかと密かに期待しています。

もちろん、私たちも努力が必要です。先ずは10月6日、交渉力と企画力ある首長を選出することが先決ですが、兎にも角にも県知事選。静かなる選挙戦は最終盤。前回のような低い投票率での信任は避けたいものです。政治は誰がやっても同じではありません。皆さまには是非、投票に行って下さいますよう。よろしくお願いいたします。

9月議会 一般質問通告

2019.08.22

アイコン

昨日の市長辞任で 9月議会は滞りなく手続き進む

昨日の市長の辞任で、今日から始まる9月議会の準備が滞りなく進むことに。今日は一般質問の締切日でした。臨時会での事件に対する市議会の動きなど経過説明の不足など、市民の皆様への説明責任に課題を残しながらも、予定通りの運びです。予定と大きく違うのは「市長不在」ということです。

今議会の一般質問は市長不在のまま、副市長が職務代理者として答弁します。今回、私の質問は4項目です。受付は5番目でした。質問内容はこれから練りますが、取り敢えず、大項目のみお知らせいたします。

❶広島平和記念式典派遣事業について
❷全国学力・学習状況調査の詳しい分析結果について
❸東武消防組合幸手西分書廃止問題について
❹人口減少対策・地域創生への幸手市の取り組みについて

この項目を選んだ理由です。
❶については、私は今後も存続してほしい事業と考えます。市長の飛んだ行動はありましたが、行政にも今回の反省は必要です。実施を前提として、派遣事業の意味を再確認し、運営の見直しをしっかりと実施するよう求めたいと思っています。
❷については、毎年この時期に行っている質問です。定点観測が必要と考え、昨年と同じ内容を質問します。文科省の学力感の変化に幸手市はどのように対応しているか。幸手市の義務教育で育つ子どもたちへの責任として問いたいと思っています。
❸は地元問題として。市長不在とは言え、消防行政は継続しています。存続(廃止)問題はこれからが正念場。副市長は正副管理者会議でどのように振る舞うことになるのか。市の立場を説得力を持って主張していただかねばならず、その確認をしたいと思っています。
❹は人口減少に歯止めがかからない中、目的を束ねて横串を刺して進めていく方が効果的な施策はあると思います。経費と効果を考えながら議論できたらと思っています。

♥〜市民の皆さまの大切な声を市政に〜
皆さまの視点に立って質疑したいと思っています。

市長辞任 記者会見全文

2019.08.22

アイコン

8月20日 渡辺邦夫 記者会見 読み上げ原稿全文@幸手市HP

『2019年8月20日(火曜日)午後3時30分から、幸手市役所本庁舎3階第1委員会室において、記者会見を行いました。以下、渡辺邦夫が読み上げた全文を掲載いたします』として、辞任日となった21日付で読み上げ原稿が掲載されています。骨子は謝罪と事件を事実無根とするものです。

昨日発売の週刊誌に赤裸々な取材ルポが掲載されるなど、事件の事実関係はまだ闇の中ですが、私たち幸手市民としてはこれ以上、幸手市の名前が貶められることがないよう願うばかりです。
それにしても、9日の稚拙なプレスリリース用コメントとはあまりに違う品格ある文体に、この謝罪文が本人の手によるものなのか、最後までゴーストライターの手によったのか、それすら疑わしいと思わざるを得ない印象です。事件はいざ知らず、市民に対しては心から反省をしていただき、今後の幸手市の起死回生にご協力いただくよう重ねて願うばかりです。

♥いずれ消される文章と思われます。ホーム→市政とクリックすると現れます。早めにご確認下さい。

ページ移動