記事一覧

明日は松田まさよ新春意見交換会

2020.01.25

アイコン

是非ご参集を

すでにご案内の通り、明日、1時30分から、幸手市コミュニティセンター和室にて、新年初の意見交換会を開催いたします。皆さまとの意見交換を楽しみにしています。お茶を飲みながらの気楽な会です。皆さまには万障お繰り合わせの上、是非ともご来場ください。心よりお待ち申し上げます。

【松田まさよ新春意見交換会】

■日時:1月26日(日)午後1時30分より(受付 1時15分から)
■場所:幸手市コミュニティセンター和室
■内容:議会活動報告・皆さまと意見交換会

※なお、会場設営にご協力いただける方は1時にご集合を。
ご協力よろしくお願い致します。

行政視察@広島県

2020.01.25

アイコン

三次市 三原市 尾道市にて

15日以降、しばらく更新もなく申し訳ございませんでした。22日から昨日24日までは議会3常任委員会合同の行政視察で広島県に行っておりました。埼玉県ではお天気はいかがでしたか?出発前には雨マークも出ていた天気予報の中、広島は曇天続きとなりました。本来なら美しい冬の瀬戸内海。諸島も海も明るい日差しの中で望めなかったのは残念でしたが、瀬戸内海気候の所以か、寒さが全く気にならない暖かな陽気でした。

さて、行政視察で何を見てきたか。少しまとめてみました。ご関心のあるところだけでも読んでいただければ幸いです。
❶三次市 三次駅周辺整備事業の取り組みについて
❷三原市 新庁舎建設の取り組みについて
❸尾道市 囲碁文化進展の取り組みについて

❶について
三次市は、平成の合併(H16)で1市4町3村が合併。面積778.14㎢に約5万人の人口を有する広島県北部の島根県と県境を接する中国地方の内陸中央部に位置する市です。大阪へ約250㎞、下関へ約200km、山陽の広島、呉など、山陰の出雲や松江などにも50〜80kmと同距離にあり、高速道路などの国道、県道及びJR鉄道網などが市内で結節し、さらに広島空港への高速バスも運行されるなど広域交通網が縦横に結ぶ拠点となっています。
市議会は、議員定数は24人、最高年齢72歳、平均年齢61歳。議員の月額報酬は371,000円。政務活動費は所属会派に対して一人月額30,000円が交付されています。

三次市の三次駅周辺整備事業は平成18年度から平成27年度までを2期に分けて推進。市民の方に対しては、平成21年に三次駅周辺整備事業の景観デザイン市民アンケートを実施。その後、広島県やJR等鉄道会社などと随時基本協定を結びながら事業が進められています。
複数の鉄道が乗り入れ、高速バスなどの乗降など、幸手駅と比べ規模やスケールは全く違うので解消すべき課題も違いますが、例えば、駅舎の建て替えではJRとの協議の中で駅舎整備費は三次市の負担ながらも、現実を見据え、従前の4分の一に駅舎規模を縮小。100mの自由通路は約6億円。駅前公衆トイレは駅構内からも駅前広場からも使えるような工夫がなされています。

❷について
三原市は平成17年に1市3町が合併した人口約96,000人、面積471㎢の広島県中央東部に位置する新しい市です。こちらも中国・四国地方ほぼ中心にあり、各地域と連携する上で恵まれた地理的条件となっています。市議会は、定数26人。議員月額報酬は428,000円。市域が広いので議会への出席時には費用弁償が出されています。政務活動費は会派に対し、一人につき月額25,000円となっています。

新庁舎建設は平成26年に庁舎整備検討委員会や市議会庁舎整備調査特別委員会の審議等を経て整備方針を決定。旧三原市庁舎の駐車場に約66億円の総事業費で建て替えられました。ただし、本事業は61億円という合併特例債を主な財源とし、市の負担約5億円で66億円の庁舎建設ができています。新庁舎の建設のキャッチは「瀬戸内海をのぞむ シンプルで機能的な"まちづくりの拠点"をめざして」。その庁舎は市域33㎢の幸手市では考えられないくらいゆったりとした空間が広がっていて、執務室は通路側がガラス張りとなっているのが特徴です。本会議場も傍聴席の後ろが通路となっていますが、ガラス張りで議場が丸見えという構造です。
市域が広く各地に合併前の庁舎が支所として残る中、庁舎建設には賛否両方の請願が出されたとのこと。いろいろなご苦労があったことが偲ばれました。いずれにせよ、幸手市も今の庁舎は耐震基準をクリアしていないことから、建替えは必至です。合併特例債の恩恵もなく、さらに厳しい財政状況の幸手市は本気のシンプルさが求められる局面です。いずれ、市民の皆様にもいろいろなタイミングでアンケートや検討委員会への委員募集などがあると思います。庁舎は市の顔です。みんなで知恵を絞って幸手市らしい庁舎建設を考えていきましょう。

❸について
最後は尾道市です。尾道市は平成の合併で現在の姿となっています。広島県の東南部に位置し、瀬戸内海に点在する島々からなる南部、本州沿岸を中心とした中央部及び内陸盆地からなる北部で構成された広さ約285㎢、人口約14万人の市です。『海・陸・空の「みなと」となる 瀬戸内海の十字路』という市のキャッチコピーが物語るように、尾道市も交通の要衝です。いただいた資料によると、財政力指数は幸手市より数段低い0.57(H29)ですが、地方交付税が145億円と、幸手市では到底及びもつかない金額です。令和元年度の一般会計予算が649億円というスケール。「こりゃ敵わん」という印象ですね。職員数も2,291人(消防209人・病院937人を含む)という。
市議会は議員定数28人。議員月額報酬は450,000円で、政務活動費は議員一人当たり年額360,000円、交通費の費用弁償も実施されています。

さて、尾道市の研修内容は囲碁文化進展の取り組みについてです。今は尾道市と合併している因島市は第14世本因坊の生誕の地です。子孫の方がその遺品を展示などされていた経緯もあり、因島の囲碁文化を尾道市が引き継ぎ記念館を整備。さらに、棋戦を誘致するなどの活動を展開し、さらなる発展に市をあげて取り組んでいるということでした。市補助、協賛金等も含め、囲碁を推進する協議会の予算は1,000万円を超えます。
幸手市にも8世伯元、9世察元、10世烈元のお墓があるのをご存知ですか?遺品や書物などの調査はまだこれからですが、3代にも渡る本因坊のお墓が見つかるというのはある意味、文化遺産です。囲碁を楽しむ方も多く、このお墓が発見されてからも市民大会などが催されていますが、さらに囲碁文化を深めていくことはできないものか。そのようなことがあって、今回の視察につながりました。

♥最後まで読んでいただきありがとうございました。議員研修や視察に対してはいろいろなお考えがあるかと思いますが、年に一度、議員が全員で視察をするという機会につきましては、是非とも皆さまにもご理解を賜りたいと思います。私もこれらの研修を無駄にしないよう今後の議会活動に努めてまいります。

♥♥また、2日目の夜は、ホテルフロントに一押し店を聞いて、数人の仲間と地元の居酒屋さんに。お客さんは地元の企業のグループや公務員の人などもいて、みな美味しいお酒をつまみにワイワイと職場談義に花を咲かせておられる様子。店員さんも若い人が多く、ある男性店員は東京から戻ってきて農業をしているという。お料理も美味しく、また、地方のいろいろを垣間見るほっこりと温かく心地よい時間でした。あ、もちろん、自費ですよ。さらに、視察が終わって自由時間、かつ、その日のうちには就寝するという時間帯ですからご安心を🤗

日本の「オモテナシ」

2020.01.15

アイコン

外国の国家が歌える

今朝は少々早く目が覚めましたので、久しぶりにYouTube動画を見ていましたら、昨年日本で開催されたラグビーW杯について、日本の「オモテナシ」に感激する動画やコメントがたくさんアップされていました。

「今さらですか」とおっしゃらないでください。私が注目しているのは、今回のW杯の申し合わせとなっていたのか、エスコートキッズを始め、各会場において出場国の国歌を観客が「原語」で斉唱し、多くのラガーや海外メディアの賞賛が集まっていたということ。選手も「国歌の大合唱に感激した」などのコメントを残しているようです。

まさか、外国で自分の国の国家が大合唱されるというのは驚き&感激ですね。しかし、なぜ、どの会場でも、どこの国の国歌でも観客が歌えたのか。会場で渡されたカタカナがいっぱい並んだ一枚の紙がヒントです。

もうお分かりですね。そうです。動画にもアップされていたので間違いないと思うのですが、観客の皆さんには多分、国歌がカタカナ表記で記された紙が渡されていたような。特にエスコートキッズは全員、エスコート国の国歌を練習して臨んでいたそうです。もちろん、意味を勉強して歌えるに越したことはありませんし、メロディーを知っていなければ即興で歌えるというものではないのでしょうが、それにしても、これ、日本語のすごいところですね。当時、そんな外国の人を驚かせる場面をテレビ観戦で私はスルーしてました😆

正にカタカナ恐るべしです。幸手市は今夏のオリンピックでは、ベナン共和国のホストタウンとなることが決まっています。私たちもホスト国の国歌を覚えて「オモテナシ」ができるといいですね。明日にでも担当課にそのような予定があるかどうか聞いてみましょう。また、ご報告いたします。

豆情報です。ベナン共和国の公用語はフランス語です。すでに、市内小学校では交流が始まっています。市民まつりにも大使が見えています。バスケットの八村選手のお父さんはベナンの方です。

さて、東京オリンピックまであと半年。外国の人たち驚かせること事欠かない日本人。なんか誇らしいですね。私たちもできる限りの「オモテナシ」で選手をお迎えいたしましょう❣️

タコが自分の足を食らう構図

2020.01.11

アイコン

ロス食品 お得に おしゃれに

今日の 日経夕刊より

食品ロスを楽しみながら減らすサービスや商品が各地で広がっている。企業が販売するのは売れ残りや規格外などの訳あり品だが、若者が集まるマルシェに出店したり自動販売機やアプリで購入できるようにしたりと工夫を重ねる。消費者は廃棄を減らすための義務感よりも新たな食の選択肢として「ロス食品」に魅力を感じている。

という記事です。全国の売れ残ったパンを取り寄せるサイトもあるそうで、購入した人は、「今日焼いたと言われても納得のおいしさ。ロスとか古いとかは全く気にしない」と購入したパンを笑顔で頬張る。このサイトには全国のパン店約230店が登録、個人会員は運用開始から約1年で2万3千人を超えるという。
天然酵母や国産小麦にこだわる名店のパンも約2〜3割安く購入できる。都内の登録店などで売れ残った約150個のロスパンをマルシェで3時間ほどで完売した。同社の代表は「売れ残ったパンにも価値があることを多くの人に知ってもらいたい」と話す。今後も全国のイベントに出展する予定だと言う。
都内で住民が行列を作る人気店の店主は「このサイトに登録してから1日あたりの廃棄が4分の1の約25個に減った」と話す。週に2〜3回、冷凍したロスパンを全国へ出荷している。見栄えよく焼きたてのパンを常に並べ、売れ残った1部のパンを翌日販売しないためロスが出てしまう。利用者からはおいしいなど好意的な反応が多いと言う。

その他にもいろいろな形で食品ロスの低価格売買実例が掲載されていますが、何かおかしいと思うのは私だけでしょうか。そもそも、廃棄やロスを前提とする生産、消費構造に問題はないのか。規格品や賞味期限や消費期限のあり様に問題はないのか。焼きたてにこだわり、売れ残りパンを翌日販売しないというビジネスモデルに改善の余地はないのか。作っている人は「少しでも美味しいものを」と頑張っているのだと思いますし、当然、閉店前に売れ残りが出ることはある程度仕方ないことです。仮にもロス食品にも価値があるなら低価格でなくても売ればいいわけです。まあ、私には分からないイロイロがあるのでしょうからこれ以上は申しますまい。

ただ、子ども食堂などもそうですが、廃棄前の食品がいたるところに溢れていて、無料配布されるという"ビジネス"が成り立つ金満、飽食の国ニッポン。でも、これらの商品がタダで流通しているのではありませんよ。ヒト、モノが動くときはお金もいっしょに動きます。これだって、立派なビジネスです。最後にもう一度。私たちはもっと「食」に対して慎ましくなるべきだと思えてなりません。

そして、すぐに安売り合戦が起きる日本。本来なら価値が下がるから安値になる。しかし、価値が下がらずに価格が下がる。待てば安くなる。こんなビジネスが世の中を席捲すると、ホンモノはこの安売り商品と競争することに。タコが自分の足を食うような構図に見えてなりません。
ふるさと納税でとことん上質にこだわる人、ロス食品に価値を見出す人。いろいろな価値観なのでしょうが、何だか、何か問題がすり替えられているような感じを受けるのは私だけでしょうか。また、おしゃれとかお得とかとは別次元で、これで本当に景気はよくなるのか。詳しい方は是非、教えて下さい。

♥私たちの前提はまず、ロスを生まない。廃棄をしないスタイルの希求です。大量生産、大量ロスモデルとはおさらばです。棄てることやロスに寛容すぎる日本ゆえの新ビジネスか。はたまた「モッタイナイ」の具現化か。私にはまだこの仕組みの良さが理解できていないということか。皆さまはどうお感じになりますか?

栗橋済生会病院 いよいよ新病院建設

2020.01.11

アイコン

建設工事の発注入札公告

いろいろな論議のあった栗橋済生会病院の加須市移転。先日来、贈呈いただいている建設新聞の1月8日付け一面に上記記事が掲載されていました。入札の内容はともかく、このブログをご覧くださる皆さま、幸手市民にとって少なからぬ影響と関心のある内容かと思います。少し抜粋してみます。

【済生会栗橋病院 新病院建設工を公告 21日から参加申請の受付】
栗橋病院は8日、(仮称)埼玉県済生会加須病院建設工事の発注に向け、一般競争入札(総合評価方式)を広告する。参加資格確認申請書の提出期間は21から27日。参加携帯は単体のみ。入札は4月7日午前10時から、プレゼンテーションは同月15日にどちらも栗橋病院会議室で予定している。新病院はS造7階建て(免震構造)、延床面積約23,052平方メートルで計画。基本設計段階での総事業費は約130億円を試算している。

入札に参加できるのは団体企業のみ(共同企業体は不可)。主な参加資格は、▷県または加須市の2019・ 20年度建設工事等競争入札参加資格者名簿に建築一式工事で登録があり、特定建設業許可を受けている▷ 0 9年4月1日以降、単独またはJV代表者として病床数が300床以上ある免震構造の公立病院の建設(新設・改築)に関する工事を完了した実績を持つことー、などを挙げている。

入札審査結果は4月20日に通知する。5月19日の理事会で本契約を諮った後、同月下旬の契約締結・着工を予定している。新病院の構造規模は建築設計時から変更されており、免震構造のS造7階建て(7階は機械室)、建築面積5891.38平方メートル、延べ床面積2万3052.15平方メートルで計画。病床数は304床(うち4床は感染症病床)としており、小児科や救急かなど26の診療科目を設置する。また常駐型救急ワークステーションや救命救急センターを整備し、三次救急医療の提供を目指す。概算事業費は基本設計段階で約130億円。うち、50億円は加須市負担。

以上。病院と私たちのまちの工事では、また、民間と公共の入札ではいろいろ違うのだとは思いますが、このようなことも事例として知っておくことは大事です。市民生活においては、栗橋病院の移転でこれまで受診されていた方には遠方になることで利便性が低下するのは否めません。この移転問題が協議中、同病院の移転に対して幸手市の福祉部が意外と軽く見ているような答弁があったことを記憶します。

流石に、幸手市がこの規模の病院を受けるには財政力的に厳しいのは事実です。加須市はこの建設費以上に新病院へのアクセス道路などの事業費がかかっているはずです。「決算!忠臣蔵」の号でも書きましたが、ヒトやモノゴトが動くときはお金がかかるのです。

さて、栗橋病院のほかにも、着々進む各自治体の動きは今後も注目です。1月8日の新聞一面にはこのほか、幾つかの動きが報じられています。私は工事や建設の素人ですが、このような専門紙が扱う言葉のシャワーを浴びることで、言葉に馴れたり、業界の常識やルール、マナーの一端や自治体や工事の考え方などを知ることができる。そのような思いから勉強の一端として転記しておきます。思うより大量の情報量となってしまいました。関心のある内容をピックアップしてお読みください。

■さいたま市 七里駅橋上化など改修 工事発注は4月以降
さいたま市と東武鉄道は、東武野田線七里駅の駅舎橋上化と自由通路新設を計画している。施工協定締結後の4月以降に工事発注する。9月1日に着工し、2024年3月31日の竣工を予定。工事費として上限額27億9145万4000円の債務負担行為を19年12月議会で設定した。同協定は東武鉄道と3月に結ぶ予定で、発注者等の詳細を固める。合わせて同月に都市計画変更(新規追加)を公告する。敷地面積は209 2908.04平方メートル。用途地域は第一種住居地域となっている。橋上化する駅舎の規模はS造2階建て、建築面積1738.02平方メートル、延床面積1032.47平方メートル、高さ12.151メートル。南北自由通路は延長100メートル、幅員6メートル(通路分)、同4.6メートル(階段部)で計画している。基本実施設計は東日本総合計画さいたま支店が手がけた。
同駅は改札口が南口のみとなっている。北側から利用するには駅の250メートルほど東西両側に位置する踏切を渡る必要があるため、線路の南北で市街地が分断されているという課題を抱える。駅舎の橋上化と自由通路の整備を行うことで南北の一体化・活性化や、交通結節点としての機能強化を目指している。
また改札口南側では駅前広場整備の都市計画が決定されている。事業化には期間を要するが、同計画を考慮しながら駅舎橋上化・自由通路新設を進めていきたい考え。

■さいたま市 大宮岩槻線大和田工区 4カ年で整備 24年度に工事着工へ
さいたま市は都市計画道路大宮岩槻線(大和田工区)の整備を計画している。順調なら2024年度から道路整備等に着手する。供用開始予定は27年度となっている。事業期間は最大で7年間を設定する見込み。さらに大宮岩槻線と交差する第二産業道路の南側交差点部分も幅員27メートルに整える。将来的には大和田交差点の立体交差化を予定。大宮岩槻線が国道16号までの4車線化により見込まれる交通量増加に対応するため行うもの。

■寄居町 東武鉄道 10月31日新駅開業 東上線みなみ寄居駅
東武鉄道は本田技研工業と連携し、東武東上線の東武竹沢駅から男衾駅間に新駅みなみ寄居駅を建設した。10月31日に開業する。本田埼玉製作所寄居完成車工場の東側に隣接している。プラットホームは1面1線。開業後は沿線用地を活用したパークアンドライドの実施も検討する。本田寄居工場へのアクセス向上や周辺の円滑な交通環境の維持環境負荷軽減を示す目指すもの。

■久喜市 月内入札手続き 中学駐輪場改修
久喜市は鷲宮東中学校の屋根付き駐輪場の改修を計画、月内にも入札手続き実施する。積算中の予定価格は、500万円前後。工事は年度内を予定。

■県など 21日に合同防災訓練 対応能力向上と連携強化
県は21日に県危機管理防災センターで第10回九都県市合同防災訓練・図上訓練を開催する。直下型地震発生時における防災関係機関の災害対応能力の向上と連携強化を目的としており、今年度は9都県市合同で実施する。
訓練参加機関は県の各部局のほか、県警察本部、県内63市町村、県内27消防本部(局)、陸上自衛隊、航空自衛隊、熊谷地方気象台、関東財務局、医療機関、ライフライン関係機関など。
訓練は20日午後4時に東京23区を震源とするM7.3の地震が発生し、県内で最大震度6強の揺れを観測したと言う想定で行われる。主な訓練項目としては▷関係機関間の情報伝達訓練▷救出・救助、火災、災害時医療活動訓練▷救援物資調達・輸送活動訓練▷避難者帰宅困難者への対応訓練▷応援調整本部設置に伴う9都県市間の相互連携訓練▷関西広域連合等九都県市域外の組織との連携訓練ーとなっている。
訓練のポイントについては❶情報収集力の強化❷受援力の向上❸民間との連携ーを掲げる。

♥さすが、専門紙という情報でしょ。この新聞は以下のページに入札情報なども。以前にも書きましたが、今とっている新聞だけでもアップアップですが、この情報源は貴重です。んー、取るか、取らないか…、悩み中…🤔
♥♥皆さまにはこの情報、お役に立ちましたか?

ページ移動