記事一覧

共有 幸手市の立つ土俵

2019.10.24

アイコン

令和2年度予算編成方針より 幸手市の財政状況と今後の財政見通し

新市長が誕生し、2週間が経ちました。災害対応など問題が露呈する中、木村船長の船出は厳しいものとなりましたが、時は刻々と過ぎ、これから市は来年度予算の編成時期に突入します。木村市長の初めての予算編成となる来年度予算。これから私の会派(幸手市市政クラブ)では、市民生活における重要と思われる施策を整理し、予算要望にまとめる予定ですが、昨日、来年度の予算編成方針を入手しました。毎年、この時期に出されるもので、その中に、来年度予算編成の前提である市の財政状況の診立てがありましたので、まずは皆さまと幸手市の立つ「土俵」を共有しておきたいと思います。

【本市の財政状況と今後の財政見通し】
幸手駅橋上化及び自由通路整備事業を始めとする大規模事業の執行により、平成30年度末の地方債現在高は140億2532万円と前年度比3.1 %増となるとともに、積立金現在高も取り崩し、10億854万3000円と前年度比52.1%減となり、財政調整基金残高は標準財政規模の10%が目安とされているところ、令和元年度の現在高は5.5%の5億7000万円程度になると見込まれ、ここ10年間でも厳しい財政状況にある。

また、平成30年度決算において、個人市民税や幸手中央地区産業団地進出企業の操業開始により固定資産税等の市税が増収となったが、一方で、産業団地企業誘致条例により奨励措置を受ける企業の固定資産税及び都市計画税の3年度分は企業誘致奨励金として交付する必要がある。

さらに、中長期的な視点で見ると、歳入面では生産年齢人口の減少による市民税の減少、歳出面では老朽化した公共施設・インフラの更新需要や社会保障関連経費など、多額の財源を必要とする状況が続くと想定されることから、経常収支比率を始め健全化判断比率等に留意するとともに、限られた貴重な財源を効果的に配分し、持続可能で安定した財政運営を行う必要がある。

このような診立てです。
大変厳しい財政状況であることは、私もこれまで皆さまにお知らせしてきました。市も率直に認めています。しかし、この土俵が全てです。そして、行政には継続性が必要です。新市長になったからと、これまでと全く違う予算を編成するということは慎まなければなりません。財政状況を勘案しながらも今ある課題に迅速に対応し、公約による施策の優先順位や重点化で新しい幸手市のスタートラインとする。予算編成は私たち市民の生活がかかっています。新年度予算は将来の幸手市がかかっています。予算編成とは大変な作業です。

目新しさのある文章ではないかもしれませんが、市の職員が、この10年間でも厳しいとする財政状況の中でスタートする木村市政の現状はお分りいただけたものと思います。
幸手の未来のために、未来志向のまちづくり、市民本位の行政にと立ち上がった木村市長です。まず、何に取りかかるのか。何かを成し遂げるには4年は短いですが、段階を踏んで幸手市を改革、一新していただきたいと思います。

木村新市長の考えの下、幸手市の未来のために、幼児から高齢者まで、市民本意で公平に幸せを手にする幸手市を持続・発展させるために市長、職員一丸となって頑張っていただくことを切望、期待するところです。
また、情報がありましたら随時お知らせいたします。

幸手駅東口エレベーターその後

2019.10.23

アイコン

部品入手 明日工事の予定

先日お伝えした台風19号の影響で停止中の幸手駅東口エレベーターですが、部品が手に入り、明日には工事が行われる予定との情報。比較的早く部品が調達できて良かったです。大変ご迷惑をおかけいたしました。最終的な原因究明の結果については明日以降確認いたします。

日本人にとって皇室とは

2019.10.22

アイコン

即位礼正殿の儀

今日は新しい令和の時代の天皇陛下の即位を宣明されるという日本にとって大切な日でした。私は天皇ご一家に特別な思い入れを持つ者ではありませんが、しかし、日本の天皇ご一家は日本人の模範として多くの人に親しく愛されている存在です。昭和天皇、平成天皇はもちろん、今の皇后さまも、そして、上皇后さまも、これまでのしきたりと格闘しながら今の皇室のあり方を模索されて来られました。今の日本にもし皇室がなかったらどのような日本となっていたのか。

戦争の時代を乗り越え、国民に愛される皇室を築いて来られた皇室の方々のご苦難は計り知れませんし、日本人の中にも天皇制に対して今も不信をお感じの方もあると思いますが、私は日本の国体になくてはならない方達ではないかと感じています。被災地をご視察されると被災された方達に大きなお力をお与えになる。ご自身の自由を犠牲にして国民に寄り添われる。そんな姿から、名古屋の芸術祭に昭和天皇の写真を焼いたりするような"芸術作品"が展示されたということですが、私は表現の自由や芸術とは一線を画すものではないかとの印象が拭えません。

平和国家日本の象徴として、これからも政治的な権力ではなく、日本人の心の支えとしてご繁栄下さるようご祈念申し上げます。

幸手駅東口エレベーターにも台風の影響

2019.10.21

アイコン

ただ今停止中 原因解明を急ぐ

幸手駅をご利用の皆さまには既にご承知のことと思いますが、先の台風で幸手駅東口のエレベーターが止まっています。まだ復旧に至らずたいへんご迷惑をおかけしていますが、原因と対応について金曜日に確認ができましたので遅れ馳せながらお知らせいたします。

エレベーターが動かなくなった原因は、エレベーターの下に掘り下げられているピットに大量の雨水が流入し、据え付けられた電子部品が水に浸かってしまったことによるものです。他の駅等でも同様の原因で同タイプのエレベーターが複数故障しているらしく、交換部品の取り寄せにはもう少し時間がかかるということのようです。

工事が始まる前、設計図を見た時に外付けのエレベーターでありながらひさしが少し小さいような印象でしたが、それにしてもです。暴風でいくら雨がピットに吹き込んだとしてもピットの大きさが縦横約2m×2mもあり、そこに深さ約70cmもの雨水が溜まるというのは余りに大量。ドアの隙間からの流入だけでは考えにくいと担当課も首を傾げています。
部品交換を急ぐのと並行してさらに詳細に調査中とのことですが、修理にもう少し時間がかかりそうです。皆さまにはご不便をおかけいたします。車椅子等での駅のご利用には今しばらくは西口への送迎をお願いいたします。

さて、自由通路は3月に幸手市に引渡されてまだ半年です。想定外の自然災害なのか、構造等に問題はないか。様々な観点から慎重に原因を究明していただきたいと思う次第です。

幸手市HP更新

2019.10.19

アイコン

改めてHPをチェック

先日来、台風19号の対応について続けて書き込みをして来ましたが、今日は市のHPについて。避難勧告が出された当時の市のHPやネットでの情報発信のあり方などについては市民の皆さまにもいろいろなご意見があろうかと思います。

昨日、改めて市のHPをみると、検証の一環なのかどうか、新しく外部リンクが貼られるなど、更新がされていました。9月3日にも更新履歴あり。これから防災は自治体にお任せではなく、住民の自主的判断を喚起する方向にシフトされそうな中、必要かつ重要な情報が手元でサクサク検索できることは良いことだと思いますが、住民が詳細な情報を知るということは、逆に、自治体には住民の自己判断に足る避難環境整備や身近な情報提供、指示の的確性など、さらに高いハードルを求められるとの覚悟が必要です。

ご関心のある方は市の危機管理防災課のページをご確認下さい。そして、自分ならこの情報をどう使うか。是非、ご考察を。

ページ移動