記事一覧

開票速報&御礼

2019.04.22

アイコン

幸手市議会議員一般選 選挙開票速報

速報時間 22時45分 開票率 100%
投票総数 20,269票 (うち無効投票数 263票)

当日 四本なおみ 2,016票 えだくぼ喜八郎 1,867票
小林けいこ 1,834票 木村はるお 1,585票
さかもと達夫 1,402票 青木あきら 1,263票
藤沼みつぐ 1,182票 松田まさよ 1,161票
な方! おがわら大生 1,157票 宮杉勝男 1,075票
海老沼たかお 971票 大平たいじ 969票
本田ようこ 878票 小林ひでお 869票
むとう寿夫 778票

落 小泉圭司 624票 稲森 敬 373票

新人3名、元職2名、現職10名という結果でした。松田まさよは8位当選でした。地元から4人の立候補者という厳しい選挙でしたが、皆様の変わらぬご支援を頂けたことに心より感謝いたします。今日は当選証書を頂きます。皆様のご信頼に応えられるようこれからも精進し頑張って参ります。
皆様には今後ともご支援、ご指導よろしくお願い致します。

多くの方に支えられて

2019.04.21

アイコン

選挙戦が終了しました

昨日、20時をもってこの度の幸手市議会選挙の運動が終了いたしました。私にとって3度目の選挙ですが、前回以前の経験を経験値として、ご支援者の皆さまと心を一つにして臨んだ7日間でした。

選挙戦を一緒に戦って下さったご支援者の皆さま、ドライバー、ウグイス、賄いなど、心を込めてお手伝い下さった皆さまには本当にありがとうございました。また、ご近所の皆さま、ご通行中の皆さまにもご迷惑をおかけいたしましたが、ご理解ありがとうございました。総じて、選挙は一人では戦えないということを心から実感した選挙戦でした。

そして、厳しい選挙でした。15人の定数に対して17人の立候補というのは激戦とは言わないのかも知れませんが、今回の幸手市議会選挙は、もともと15人という定数では 市域に満遍なく議員がいるという状態でない上に、私の地元香日向では4人が立ち、選挙事務所が地域内に3つ。しかも、1つは私の事務所の並びという激戦、その他の地域事情もあり、私にとってはこれまで以上の厳しい選挙となりました。
ただ、厳しいと言えども、これは有権者の皆さまにとってはコップの中の嵐に過ぎす。いろいろ競合するお店などの厳しさはこの比ではない。それを心に戦った選挙戦でした。

さて、今回の選挙。各候補者の公約を見るように、課題は出尽くし、やるべきことは見えています。何からどう進めるか。それは幸手市のためになるか、市民の声を反映しているか。将来の幸手市に繋がるか。観点はいろいろですが、皆さまには是非、投票に行って頂きたいと思います。

「どうせ、何も変わらない」と諦めないで下さい。議員とは、市民の皆さまの代弁者です。自分の声を拾うのは誰か。ぜひ、間違いのない候補者を選んで頂きたい。その一人として、私を選んで頂ければ幸いです。今日は投票日です。私も午後投票に行きます。

今日からいよいよ

2019.04.14

アイコン

'19統一地方選 さあ、今日からいよいよ

昨日の新聞では、幸手市議会選は無投票の可能性が示唆されていましたが、私は必ず16人目の立候補者は出ると信じています。

私もこれまで精一杯の準備をしてきました。これから市内各地で皆さまにお訴えをしていきます。皆さまにはぜひ、応援よろしくお願いします。頑張ります。

市民の皆さまの声を市政に届けるのは、市政のチェックをするのは松田まさよです。皆さまには最後までご声援よろしくお願いします!!

幸手市議会一般選挙立候補届出提出書類の事前審査実施者

2019.03.22

アイコン

幸手市選挙管理委員会HPより

4月の統一地方選挙 幸手市議会議員選挙の 3月20日現在の立候補届出の状況が市のHPに公式に掲載されています。現在、15人が届出を出しているという状況のようです。

消防署西分署存続請願

2019.03.22

アイコン

審議未了で廃案に

今議会提出された西分署存続に関する請願書が、文教厚生常任委員会で結論を出すことができず、審議未了として廃案となりました。

今議会、文教厚生常任委員会に付託された請願は2件です。1件はアスベスト被害者救済に関する件、もう1件が西分署存続に関する件で、アスベスト被害救済の件については、採択され国に意見書が提出されました。もう1つの西分署存続に関する件については、「気持ちはわかるが判断ができない」という宙ぶらりんな状態で採決をしないまま委員会が閉会となり、市議会議員の任期切れによって?審議未了という形で廃案になってしまいました。

幸手市議会会議規則では、請願は審査の結果を採択か不採択という2択の区分により意見を付け、議長に報告しなければならない、とされています。委員長報告もなく、何も説明もないまま、請願が廃案になるというのはどういうことか。

2日目の審査で 委員からは、「意見は出尽くした。気持ちは分かるが判断できない」「合理化は織り込んでいたこと。組合で成案になっていないものを幸手市議会で決議はできない。採決するなら退席する」などの意見も出ていました。枕詞は「気持ちは分かる。同じ思い」です。

しかし、審議未了という結果もそうながら、私がもう一つ気になるのは、委員会採決の日に、請願提出者も紹介議員も傍聴席にいなかったということです。普通、気になると思うんですよね。 私は傍聴に行きましたが、アスベストの方の請願者は傍聴に来て、結果を見届けて帰られました。

消防署問題はまだ市長の手中にある問題で扱いが難しいのは確かですが、然りとて、決まってしまってからでは遅い。ただ、今回は結果として審議未了廃案になった。要因をふくめ、検証が必要です。

【 請願の審査結果 】
平成31年 請願の審査結果
□平成31年請願第1号 付託委員会 審議結果
「アスベスト被害者補償基金を含む全面解決に 文教厚生 採択
向けた意見書」の国への提出を求める件

□幸手市消防西分署存続を求める意見書 文教厚生 未了

ページ移動