記事一覧

令和3年度決算から見る幸手市財政の姿

2022.09.18

アイコン

文教厚生、総務常任委員会が終わって

13日から始まった委員会審議。私は13、14日は委員長として文教厚生常任委員会に、15、16日は委員として総務常任委員会に出席。各委員会に付託された議案はすべて承認、可決し、週明けの建設経済常任委員会を残すのみに。

幸手市議会では、議員1名が2つの委員会に所属することができますので2人会派だと 1つの委員会が重なります。会派市政クラブは総務常任委員会を重なりとして、それぞれ武藤議員は建設経済、私は文教厚生の各委員会に所属しています。

委員会のなかで歳入全般を審査対象とするのが総務常任委員会です。会派市政クラブが総務常任委員会に2名在籍するのは、財政チェックは議員の最重要責務との考えからです。市民の皆さまからお預かりするお金がどう使われようとしているのか。予算時の目的は達成したか。予算編成の方針や執行部(市長や財政当局)の考え方を確認し、最高の市民サービスが提供されたかどうかをチェックする。市民の皆さまの生命と財産と幸せを守るために一番に重要なことは、持続可能な財政運営が継続されることだと考えて臨んでいます。

その観点から、令和3年度決算の総務常任委員会審査が終わった段階で、私なりに総括をしてみたいと思います。少し長くなりますがご了解を。

【決算規模より】
歳入増額 19,548,243千円
歳出総額 17,992,892千円 
実質収支 1,451,181千円

【コロナ関連】
❶国のコロナ対策関連事業、ワクチン接種事業
❷地域事情に即した経済対策、感染対策事業
の執行は良好と評価いたします。
・国庫支出金4,327,711千円のうち、
 新型コロナウイルス感染症対応地方創生
  臨時交付金充当事業 265,277,000円執行
ワクチン接種については、多くの市民の方から「幸手市は接種券郵送、体制整備が早く評価している」とのお声をお聞きしています。次々と来る国からの指示を適切に執行してくれた職員を、私も大いに評価しています。❷の経済対策はハッピーエール応援券補助やPayPayポイント還元事業補助、各種団体や子育て支援など一定のご評価が得られているものと私は評価していますが、皆さまはいかがでしょうか。

【財政運営について】
❸基金積立は増額
令和2年度までの学校施設トイレ大規模改修がひと段落し、投資的経費はかなり抑制的な金額となりましたが、次に控える庁舎建設や公共施設の改修などの原資の積み立てに基金の増額が図れました。
❹市債残高は微減
❸との関係で令和3年度は大型の建設事業はなく、投資的経費は4億円と近年になく少額となりましたが、土地開発公社の西口開発先行取得土地の買い戻し(約8,500万円)も実行。幸手駅西口整備は見た目の工事だけでなく、様々な課題を解消しながら粛々と進んでいます。
一方、大きな事業が予算化されなかったことで市債発行も抑えられ地方債残高は微減に。
自治体財政は単年度会計が原則ですが、基金と市債は使徒が将来にまたがる財源です。市債はお金がないから発行するのではなく、現在の市民と将来の市民との財政負担の公平性を保つ役割があります。故に、基金積立も市債発行も本当に世代を超えて財産となる事業かの見極めと、発行にせよ積み立てにせよ、「現」市民の納得は不可欠だと訴えています。
・投資的経費 
 普通建設事業費 424,815千円
・積立基金残高 
 財政調整基金  R2末628,631千円
         R3末1,038,637千円
         前年度比410,006千円
・地方債残高 R2末13,819,872千円
       R3末13,481,985千円 
       前年度比▲337,887千円

尚、普通建設事業費の減少はありましたが、公共施設の換気対策などでは❷の国のコロナ臨時交付金を使って環境整備ができました。また、抑制していた建物管理や道路や河川、水路などのインフラ整備については、9月議会に提出された令和4年度補正予算で昨年度決算の剰余金から予算が配分されました。
また、庁舎建設基金については、令和3年度末残高は53,340千円でしたが令和4年度当初予算で1億円を、今回9月補正予算で1億円を積むなど着実に建替資金が積み立てられています。9月補正の1億円は市民の方から1億円という多額の寄附をいただいたものでご寄付者のご理解を得て基金に積ませていただいた次第です。ご寄附を下さった方に心より感謝申し上げます。

【財政健全化判比率 改善?】
❺実質公債費比率 2.7% 前年度比▲0.3ポイント
❻将来負担比率 21.1% 前年度比▲12.3ポイント
実質公債費比率とは、一般会計の地方債元利償還金の他、公営企業会計(幸手市の場合は上下水道会計、土地開発公社)の地方債元利償還金に充てられた一般会計からの繰出金などの割合で、18%を超えると地方債の発行に許可が必要となります。幸手市は過去、18%を超えたことから財政健全化計画の実施団体となった経緯があります。また、将来負担比率は早期健全化基準が350%とされる指標です。幸手市ではこの両指標を県平均を上回らないとして管理していますが、実質公債費比率や将来負担比率については、低くなることを"改善"とばかり言っていて良いのかと、質疑の中で疑問を呈し、研究を求めました。
幸手市は今後、人口減少局面となり、将来の市民がどれくらいの負担に耐えられるのか。しっかりと指標管理をしながら財政支出の平準化を図りながらも、将来の財産となる事業にはキチンと事業費を投入しなければ縮小の一方に。市民の皆さまに安心してサービスを享受いただくくために、それを見極めるためには、市民、議会にも中長期財政シュミレーションを是非、提示していただきたいと訴えています。これは会派の要望でもあります。

♥令和3年度も様々な事業が新規、継続されていますが、今日は総務的視点、財政的視点から議案を私なりに大掴みにお知らせいたしました。
このブログにご訪問くださる方の中には私以上の読み解きをされる方もあると思います。もし、何かお気付きのこと等ございましたら是非、ご教示ください。よろしくお願いいたします。

明日から9月議会

2022.08.31

アイコン

明日から9月 9月議会が始まります

まだまだ暑い日が続いています。皆さまにはいかがお過ごしでしょうか。コロナ陽性者もぼちぼちと引きを切らず報告が続いています。身近な知人にも陽性者は広がっており、感染防止対策では防御し切れない状況です。とにかく、陽性となられた皆さまには無事、療養を終えられますよう。

さて、明日から9月議会です。
明日から始まる9月議会の日程案をお知らせいたします。

【9月議会日程案】

9月1日(木) 開会
9月2日(金) 一般質問
9月5日(月) 一般質問
9月6日(火) 一般質問
9月7日(水) 質疑通告
9月12日(月)市議案に対する質疑
9月13日(火)14日(水) 文教厚生常任委員会
9月15日(木)16日(金) 総務常任委員会
9月20日(火)21日(水) 建設経済常任委員会
9月29日(木) 採決 閉会

※尚、今議会は市民の皆さまの傍聴はできません。常任委員会以外の日程はインターネットでご視聴できますのでよろしくお願いいたします。

9月の一般質問

2022.08.25

アイコン

22日に提出してきました

いよいよ9月議会が始まります。今日は午後、議案が配布されます。一般質問は締切日前日の22日に提出。受付番号は5番。恐らく9月2日、一般質問初日の午後の登壇かと。今回は3項目です。少し長くなりますが以下に質問要旨をお知らせいたします。

1 . 市庁舎建設のあり方検討の進捗について
市庁舎は「幸手市公共施設個別施設計画」において、建設基本構想の策定(令和3~4年度)、建設基本設計・実施計画の作成(令和5~7年度)を経て、令和8~10年度に建て替えを予定する。また、市長公約ロードマップでは令和3~5年度に①庁舎機能等の検討及び協議、②基本構想の策定・基本設計の実施に取り組むとある。
⑴庁舎機能等の検討及び協議の進捗、特に今後、どのように進めるのかを具体的に市長に伺う。
⑵庁舎建設の最大限考慮すべき事項は何か、何を優先すべきとお考えか伺う。
⑶将来人口からみた幸手市のフューチャーデザイン、中長期財政の将来シュミレーション、基金の積立プランを伺う。
⑷今後のスケジュール、推進体制を伺う。

2 .市の洪水対策強化について
去る7月12日、埼玉県内では東松山市で警戒レベル5に相当する避難情報「緊急安全確保」が発令された。また、川の水が溢れる「溢水(いっすい)、「越水」が県内の複数の市町で発生。幸手市でも市内の複数の地域で道路冠水、通行止めが起きた。また、8月には東北地方等各地で豪雨被害が発生している。気象状況によっては幸手市内でも内水以上の災害発生の危険は増している。改めて、市の洪水対策の強化について伺う。
(1) 令和元年10月の台風19号以降の洪水用避難場所等避難場所の指定拡大、指定の更新状況を伺う。
(2) 洪水時の車両での外出は危険とされている。市でも車での外出の危険性は啓発がされているが、特に、保育園や学校への保護者のお迎え・引き渡しは時々刻々変化する気象状況等で、運用上、様々な課題にその場で対応することが求められる。特に、認識の共有化を図っている事項があれば伺う。
(3) 幸手市では、台風19号の検証において、災害時要支援者への支援に対し、「市が保管する災害時避難行動要支援者名簿が十分に活用されず、要支援者に対し、適切な情報提供や支援が行われなかった」ことが課題とされ、今後、「災害時避難行動要支援者名簿を支援者に対し平時から提供を進め、地域で避難支援の輪を構築する」ことに取り組むとしている。その後の取り組み、災害時避難行動要支援者登録者名簿の地域等への提供件数の推移、課題を伺う。
(4) 防災メールの登録件数、受信者拡大は進んでいるか。また、避難所の開設状況及び混雑状況がリアルタイムでわかる避難所開設状況Webアプリ導入の検討は進んでいるか伺う。

3.「デジタル田園都市国家構想」への取り組みについて
本年6月7日、政府は地方におけるデジタル投資を大胆に加速させるデジタル投資倍増に取り組む「デジタル田園都市国家構想基本方針(案)」を閣議決定。2021年度補正予算と2022年度予算案を合わせて総額5.7兆円を投じ、今後は地方創生交付金などによる分野横断的な支援を通じ、デジタルを活用して地域の課題解決に取り組む自治体の数を2024年度末までに1000団体に展開する計画である。そこで、
(1) この計画に対する国からの通知状況、市の取り組み方針、デジタルを活用し解決を図るべき市の課題とは何と考えるか伺う。
(2) また、多様化・高度化する市民生活のデジタル対応力の向上を支援していく必要がある。その取り組みの一つとして、市の講座等を見直し、来年度以降の実施計画に反映させていくべきと考えるがいかがか。

少し補足いたしますと、
1.については老朽化した市庁舎建て替えについてです。幸手市役所は1967年(昭和42年)に建設されてから55年が経過し、建物の傷みと耐震化基準に満たないことから建て替えが急がれています。庁舎建て替えは私が議員となった12年前から懸案であり、耐震補強か建て替えかの検証を行い2018年(平成30年)に専門家からも構造体コンクリートの劣化状況に対する見解が報告されています。
その庁舎の建て替えは木村市長の公約でもあり、予定では令和3年度から基本構想づくりに着手するとしていたものが遅延しています。これから人口構成が大きく変わる幸手市に、どんな庁舎が必要か。何年後の未来を描いて庁舎を作るか。恐らく、来年度から市民の皆さまと一緒に本格的な議論がスタートすると思われます。新たな時代のニーズを見越した市民サービスの充実、利便性の向上など様々な視点から十分な議論が行われ、市民の皆さんに納得していただける庁舎を建てるために、どんなことに重点を置いて進めるのかを、市長に確認します。
この事業は恐らく、多くの市債を発行しての事業となります。私は、出来るだけ最少の費用で、かつ、出来る限り個別施設計画で予定されている第1期期間中の、住民負担の少ない庁舎建設を希望する立場です。身の丈に合った庁舎は大前提と思っていますが、皆さまはいかがでしょうか。また、将来負担を背負う若者世代の意見を十分聴取するよう提言するつもりです。デジタル化などが進展すると庁舎に行かなくてもできる用事は増えると思います。豪華絢爛より質素でもピリッとスパイスの効いたステキな庁舎が出来ることに期待をしたいと思います。

2.は先日来の全国での豪雨被害を他山の石として、幸手市の洪水時の安心安全の強化について質します。また、3.は、国が進めるデジタル社会に対応するための対策に遅滞なく取り組むよう提言したいと思っています。

♥長くなりましたが、一般質問は執行機関の長である市長に、施策のチェックと共に、未来志向な施策を求める機会でもあります。幸手市に住んで良かったと思っていただけるまちづくりをしっかりと提言できるよう準備したいと思います。

9月議会の運営

2022.08.17

アイコン

コロナ禍治らぬ中、傍聴なしと決まる

コロナ、熱中症、台風、物価高騰などいろいろな課題が私たちの生活を直撃する昨今、皆さまにはお変わりなくお過ごしでいらっしゃいますか。

先日の台風、東北地方などに爪痕を残しましたが、取り敢えず幸手市は被害なく通過。お盆が終わると風が変わると言われるように、今日は幾らか暑さも和らいで。あと1ヶ月もすれば新米の季節。早いですね。今日は過ごしやすさにカラダもホッと一息です。

さて、9月議会が始まるまで後2週間となり、23日は9月議会一般質問提出期限で項目選定にいろいろ思案しております。考え事に没頭してしまうとブログの更新が滞ってしまい、ご来訪くださる皆さまには本当に申し訳ございません。

そのような中、今日、議会運営委員会で9月議会の運営が協議されたと会派代表の武藤議員から連絡がありました。それによると、9月議会も感染対策を怠りなく。一般質問の議員持ち時間は従来通り45分とする。そして、傍聴については、陽性者の増大が治らない現況を鑑み、今回は"なし"と決まったようです。市民の皆さまに直接傍聴いただけないのは残念ですが、仕方ない判断かと。
幸手市議会は開会日、一般質問、質疑、閉会日の採決など本会議場での様子はインターネット配信があります。もし、お時間のある方は当日のライブ中継を、お時間のない方は後日、1週間ほどで録画中継もありますので是非ご関心をお寄せくださいますようお願いいたします。

さて、一般質問では何を質問するか。今、いろいろ論点整理中ですが、通告書の提出が終わりましたら皆さまにも項目等お知らせいたします。また、9月議会の主な事案は令和3年度の決算です。これは25日に議案が配布されますので、また皆さまにも順次お知らせしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

♥なお、コロナ陽性者が爆発的に増大傾向にあった先日、議会では各会派から、新型コロナウィルス感染症の急拡大に伴う質問、要望書を市長に提出できる機会があり、会派市政クラブでは、7つの質問を提出。まだ、解答はいただけていませんが、解答が来ましたら合わせてお知らせいたします。

今日から6月議会開会

2022.06.01

アイコン

執行部からの連絡報告&議員表彰&議案説明

開会前、執行部から、今年は幸手市文化祭が再開予定との報告が。

全面解禁とは行きませんが、木村市長も冒頭の挨拶で、コロナ感染対策を講じながら、いろいろなイベントなども復活させて行きたいと。コロナ禍で3年越しの開催となる文化祭は近隣に誇れる幸手市の一大文化イベントです。幸手市の秋の歳時記でもあり、私もいつも楽しみにさせていただいています。日程は以下の通りです。

1.幸手市文化祭
①展示 令和4年11月5日(土)・6日(日) アスカル幸手・メインアリーナ
②発表 令和4年11月5日(土)・6日(日)アスカル幸手・さくらホール
③大会・催し物 令和4年11月5日(土)? アスカル幸手ほか
④申し込み資格 幸手市在住、在勤、在住者 幸手市で文化活動をしている団体
※ただ、今後のコロナウイルス感染状況によっては変更or中止となる場合もあり。

2.表彰
武藤議員、宮杉議員に市議会議長会の表彰状が。武藤議員は議員活動25年、宮杉議員は議長職4年の表彰です。おめでとうございます。??

3.議案説明より 主な議案の概要
コロナ禍による影響緩和のための税制の一部改正や、補正予算では新型コロナワクチン接種(60歳以上の4回目、18歳以下の基礎疾患をお持ちの方)の経費、非課税世帯への臨時給付金支給事業費の他、学校給食費やガソリンへの補助(物価高騰対策)など、国からの交付金をもとに$FILE1_l予算が編まれています。

コロナ禍やウクライナ問題などによる国民生活や経済、健康への不安に対応するために多額の国家予算が投じられていますが、今は国の財政が国民生活を守る防波堤です。いつの世も政治の判断とは難しい。

♥さて、幸手市議会の審議はこれからですが、会期は今日から22日までの22日間。一般質問は2、3、6日です。

ページ移動