記事一覧

市議会報告会 参加御礼

2018.11.18

アイコン

昨日の市議会報告会のご報告

昨日開かれた議会報告会は、市民の皆さまと市議会の交流の機会としてとても有意義な時間となりました。ご来場くださった皆さま本当にありがとうございました。

「幸手市議会基本条例」を制定してより、市議会報告会は回を重ね今回は3回目となりました。 5万人の市民の皆さまから見れば参加者数はあまりに少ないことは大きな課題ですが、しかし、お越し下さった皆さまから本当に有意義なお話しをお聞きすることができて貴重な機会であったと思う議員は私だけではなかったのではないかと感じています。

会ははじめ、各常任委員長から、9月議会を中心に報告があり、その後、4つのグループに分かれて参加者の皆さまからご意見をお聞きする公聴会へ。私はBグループの進行役を務めさせていただきました。Bグループでは、これから始まる市内小中学校の持久走に合わせたAEDの活用や防災関係、消防西分署合理化や農業についてのご意見が。それぞれ、大変重い内容でしたが、特に農業については、後継者の問題、耕作放棄地の問題など、差し迫った状況が語られました。
農業が生業であること、農地が個人資産であること、あるいは国策との関係など 、難しい問題はありますが、しかし、"痒いところに手が届いていないよ"という警告をいただいたものと私は感じました。
市民の生命と財産を守る。言葉では簡単ですが、これをどう実現していくか。まだまだ工夫が求められています。
もちろん、課題のすべてを市が解消するのは不可能ですが、しかし、市民に一番身近な基礎自治体として、その議会としてどんな判断をしていくべきなのか。考えさせられました。

最後に各グループの発表があり、今後、ここで出たご意見は市に申し述べるものは市に、また、議会としてどうしていくか、議員全員協議会で検討していくと議長。この結果は議会としていずれ何らかの形で皆さまにご報告がなされると思います。
来年は,あなたのご意見を是非直接お届けにいらしてください。心よりお待ち申し上げます。