記事一覧

12月議会一般質問

2018.11.20

アイコン

昨日、通告書を提出してきました

いろいろな課題山積の中、また、社会や国際社会の変化に伴って国の政策が変わっていく昨今の状況に心配は尽きませんが、私たち市議会は、まずは"市政のチェック機関"として、そして、市民の皆さまの生活に直結し、執行部に成果を積み上げてもらいたい項目を選び、今回は5つのテーマで質問することに。今回は提出日一日前の昨日早めに提出をし、受付番号3番でした。12月3日の午後の登壇となるかと思います。以下に質問項目と質問主旨をお知らせいたします。

1.東武消防組合「署所合理化」に関する市長の考えについて
1)正副管理者会議におけるこれまでの協議の経過、内容を伺う。
2)幸手市が消防の責任を充分果たすために必要な消防力、救急力、体制について伺う。
3)今後の対応を伺う。

2.中学校部活動への「休養日」導入について
1)国・県の動向を伺う。
2)本市の中学校部活動現状、課題を伺う。
3)今後の対応、導入により想定される影響と対策を伺う。

3.交通弱者への対策強化について
1)本市の交通弱者の定義を伺う。
2)住民・公共交通利用者の移動ニーズと公共交通サービスの現状との間のギャップ、問題点、課題を伺う。
3)今後の高齢化への対策を具体的にどう進めていくのか。総合政策部門、市民生活部門、福祉部門の考え方を伺う。

4.学校給食使用食材の幸手産品の調達状況について
1)平成30年4月から9月における幸手産品の調達状況を伺う。
2)学校給食への幸手産農産物の活用に向け、どのような取り組みがなされているのか伺う。
3)今後の目標、取り組みを農業振興の観点、食育の観点から伺う。

5.県営権現堂公園の名称と幸手市の知名度アップについて
1)県営権現堂公園命名の経緯を伺う。
2)県営公園のうち、所在地名を冠する公園の状況を伺う。
3)本公園にも「幸手」の地名を冠するよう県に名称の変更を働きかけてはいかがか。所見を伺う。

項目だけでも長くなってしまいましたので、質問主旨については次の号に分けておしらせします。