記事一覧

あわや否決

2018.12.22

アイコン

議会最終日追加議案 決議案第2号「適正な行政事務執行を求める決議」

昨日は上記追加議案が二人の議員から提出されました。私が先の号の賛成討論でも取り上げたように近年、不適正な事務処理が続いており、今議会も昨年度の決算が終わった事務処理にミスが発覚して補正予算で対応した経緯はお知らせしている通りです。そこで議会として改めて再発防止と反省を促す主旨でこの決議案が提出され、辛うじて7対6で可決に。本来、このような決議は全会一致が相応しいのでしょうが。僅差で何とか可決されました。

【適正な行政事務執行を求める決議】
今議会、平成29年度の決算承認済の土地開発公社の市に対する西口区画整理事業用地の処分において、事務処理の誤りにより7100万円余の不足金が判明し、急遽そのための補正予算を議決するに至った。
更には、近年、同一事業者の開発申請書の市長名の誤りが2年2回にわたり、多くの関係者の決裁印を押印されながら発見されないままに許可されたこと、長年にわたり不適切な補助金事務執行が続けられてきたこと、例月出納検査の数値の誤り等と数々の事務執行上の問題が発生した。
また、いずれもこれらは情報公開条例による公開請求や市議会の指摘により明らかになったものであって、事務決裁段階や市の内部調査によるものではない。この事は市の行政事務は間違いはなく正しいものと信頼されている市民の期待に背き、一体何があるのだろうと疑念を生ずるものであり誠に遺憾であり残念なことである。
公務員としての自覚と職責、組織としての統治力の欠如に起因するものと思わざるを得ない。よって市民からの信頼確保のためにも、市民からの負託を受けた職員、市民全体の公務員としての責任に鑑み、憲法、法律、条例、規則、規定を遵守し、f市民の福利増進のためさらなる研修・研鑽に努められ適正な行政事務執行が図られるよう求めるものである。

以上決議する。
平成30年12月21日 幸手市議会

♥いろいろな考え方はあるのでしょうが、結果として反対をした複数の議員による質疑応答の後、反対討論もあり。私は「けじめ」は大事だと思っています。今回も一つのけじめとして決議に賛成。反対は6名。賛成したのは提出者の武藤議員、大山議員と、公明両小林議員、大平議員 会派先進の中村議員と松田の7名でした。現在、幸手市議会は14人。議長を除くと13人ですからあわやという。市幹部からも「当然」と受け止める声が聞かれる内容ながら、議会はなかなか一枚岩といかない。