記事一覧

広域行政の難しさ

2019.01.15

アイコン

久喜市に協議を申し入れたごみ処理広域化の今後

13日の埼玉新聞。幸手市が昨年7月に杉戸町と一緒に協議を申し入れたごみ処理広域連携検討依頼問題について、計画変更となる久喜市の地元住民の方や市議会から反発の声があがっているとする記事が載っていました。一面トップの半面という大きな扱いで。「一体何が起きているのか」とのご心配もあろうかと思いますので、私の把握している限りではありますが、少し問題点をまとめてご説明したいと思います。

まず。国は現在、様々な分野において広域行政を奨励しています。昭和、平成と自治体再編で合併が奨励されてきましたが、今は「単独以上 合併未満」の広域化がコストカットやスケールメリットを得る「切り札」となっているのです。特に、生活インフラであるごみ処理においては、一定程度の規模の焼却施設を広域で管理することが望ましいとされています。

そのような時代背景を前提として。久喜市は前田中市長時代に、現在、宮代町と一緒に運営している衛生組合を解消し、新たに久喜市を主体に宮代町とも委託契約を結んでごみ処理施設の老朽化に対応。新炉建設について、住民の皆さんの合意を形成しながら基本構想を策定するところまで来ていました。

そこに突然、降って湧いたのが、今回の幸手・杉戸からの計画に参加を求める協議申し入れです。実は、この件では久喜、宮代だけでなく、少なくとも幸手市の住民・市議会にとっても"寝耳に水"の首長判断が先行。行政が後を追う状況となっています。

確かに、どのまちでもごみ処理は衛生的な生活を守る生活インフラの最重要施策であり、焼却炉の老朽化も共に抱える重要課題です。いち早く動いた久喜市に「待った」をかける今回の協議開始。その発端を探ると、このような重大な話しが、所管の担当者を伴わない消防組合の管理者会議で首長が行き合った折りになされたように聞き及びます。

幸手市議会にはこのような協議申し入れ事実がメール配信で報告されたことに不信の声が上がっています。当初、担当部署も「まだ、協議がはじまた訳ではなく、協議への参加の可否を問うているだけ」と説明していましたが、その認識にも疑問が残ります。広域化への参加を求めた側が、相手方の進捗を遅らせて一転翻って離脱するということがそう簡単に許されるとな?

記事によると、建設費について、久喜市は12月の広報でごみ処理広域化のメリットとデメリットを紹介。幸手・杉戸を加えた場合、久喜市が負担する事業費は20年間で約40億円削減されると説明されているようです。逆に言うと、幸手市は20年間でその半分の20億円を負担することになるのです。果たして、幸手市の厳しい財政状況がそれを許すのか。

さらに、幸手市には久喜市に「広域的に」と協議を申し込んでいる案件がもう一つあります。「総合治水対策」です。久喜市を起点として倉松川まで幸手市内を流れる大中落しへの豪雨時の雨水流入を抑制する調整池の整備を久喜市に呼びかけて、一緒に整備することを持ちかけています。今、氾濫シュミレーションを取りまとめているところですが、これが出来ると、実施計画に落とし込んでいくことになります。これも大型事業であり、財源の捻出が課題です。

広域行政は始まったら後に引けない。勿論、条件闘争はあります。唯々諾々と従うことはしない。どうしても折り合わない時は当然離脱も一つの選択肢ではありますが、まず、覚悟ももってしっかり計画を立てて臨むべきところです。が、幸手市はこんな巨額な事業を2つも一度に協議して、財源の目処は立っているのか?
今年、駅舎整備が完了し、その負担金として東武鉄道に20億円を支払います。この結果、来年度、再来年度の財政は厳しさを増す。このことは市の職員も認識しているところですが、議会にも諮られることなく、また、市長からしっかりとした説明もなくこのような事業が進められているという幸手市の市政運営。
残念ながら、市民の税金の使い方に警戒心を持たざるをえない。

やらねばならないことはやらねばならない。これは当然ですが、どうやるかが問われます。私は12月議会活動報告書に「広域連携は甘くない」と書きました。また、会派先進は駅舎整備に目処が立った時点で、新たな「重点ブロジェクト事業」の設定と財政シュミレーションを求めてきましたが、それもまだ示されず。

新聞では、久喜市ごみ処理施設建設推進課は「今の状況で広域化を判断することはできない。丁寧に説明し、まずは地元の理解を得ることが必要」と話していると。ここが幸手市の現市政と違うところですね。幸手市では市長が「やる」と言ったことに住民の反発があっても納得を得るまで真摯に説明をするということがない。過去を振り返ると、香日向小跡地問題、駅舎問題、幼稚園廃園問題、ことごとくそうでした。

とにかく、今回の件、実は幸手市は傍観者ではなく、協議を申し入れた当事者です。久喜市では幸手・杉戸の参入で無駄になる経費は負担を求めるべきだとの意見もあるようです。久喜市議会議員さんの中には「幸手のせいで一年遅れる」ということを強力にアピールする方もあり。そのような事態であることを肝に銘じ、幸手市でも厳しい財政の使い方を十分議論し、市民の皆さまにも説明をしておくことが必要です。
やらなばならないという一点だけで、無計画に協議を申し入れてお金が無い、では対外的に済まないし、お金を使ったので他の事業ができません。市民にもさらに負担を求めます、では市民に対して済まないでしょう。

あれもやります、これもやります。活性化、安心安全などなど、行政を彩る甘味な言葉にご用心。先立つモノ=財源をキチンと詰めた議論をしていかないと、ただでさえ、幸手市は今年度20億円の駅舎整備負担金を東武鉄道に支払うと本当に厳しい財政運営を迫られる。庁舎の建て替え問題、道路や橋の老朽化対策、治水対策、区画整理事業、都市計画道路や下水道接続の延伸などなど、大型事業の推進は待ったなし。さらに、今後の高齢者対策や少子化対策にも財源は必要です。この現実を無視することなく、あれもこれも手を突っ込む前に、市長は現市政が描く将来像をきちんと示す責任がある。と私は考えますし、今後もその説明を求めていきたいと思っています。

不透明感や姿のない不安など、複雑さを増す方程式に向き合い、解を求めることが幸手市政の責任です。