記事一覧

続報 懲戒処分 何が起きているのか

2019.10.09

アイコン

またもや 懲戒処分事案発覚

新市長の初仕事として、広島事件の後始末があるとお伝えしていましたが、今日、新たに職員の停職3カ月という懲戒処分の実態が明らかに。8月に分かったものですが、新市長就任後の昨日8日に処分が執行されました。
内容は、免許証更新をせず公用車を運転。さらに平成30年には偽造した免許証の写しを市に提出していたとのことですが、私たち議員も記者発表以上の情報はなく、市のHPの新着情報に記者発表の内容が記載されておりますのでご関心のある方はご覧になって下さい。

いずれも前市長時代に発生した事案です。

しかし、何でこんなに問題が続くのか。理解に苦しむところです。これらに対して新市長がどのようなメッセージを発信されるのか。職員も市民も固唾を呑んで見守っていますが、しかし、ここまで来ると首長云々ではなく、職員自らが考えるべき"公務員の矜持"の問題ではと思えてなりません。私はこれまでも事あるごとに行政の見直し、行政改革を訴えて来ました。自ら律する。誰に言われた、彼に言われたではない。綱紀粛正は職員自らの手で行うべきです。問題がこんなにあちこち吹き出すのは組織に問題があるからです。市長が気合を入れたり全てを監督して済む問題にあらず。管理職のマネージメント力が問われます。

しかし、市政一新を掲げる木村市長には間髪入れず、的確なメッセージを発信し、職員の意識改革の機会としていただきたい。そして、原因を特定し膿を出し切り、再発防止に努めていただくよう心からお願いします。正に、市政一新待ったなしです。

速報 副市長退任

2019.10.08

アイコン

成田副市長が10月10日(木)で退任されることになりました

本日、15時27分。上記メールが議会事務局より送られて来ました。

幸手市では過去にも副市長は市長の交代時には退任されるのが通例です。渡辺前市長の時は1年間副市長不在が続きました。副市長は市長と行政を繋ぐと共に、市長の次に大きな決済権者です。副市長が不在だと市長の負担は大きくなります。今日、明日に選任とは行きませんが、任期4年は短い。来年度の予算編成の時期は目前です。悔いのない、未来志向の、公約を実現する予算を編成するためにも、良い人選がなされることを期待したいと思います。

新市長 初登庁

2019.10.08

アイコン

仕事は広島事件の後始末

昨日の9時、木村新市長が初登庁。多くの職員とご支援者の拍手で迎えられた木村市長は職員から花束を手渡され、皆さまにご挨拶をし、拍手の中、庁舎の中に消えました。その後ろ姿を見ながら、木村新市長誕生で幸手市が変わる。その予感を強く感じました。何はともあれ、市長不在という異常事態となって1ヶ月。幸手市は昨日から正常に戻りました。

さて、初登庁、登庁する木村市長には緊張と決意の表情が、迎える職員にも緊張と期待の表情が見えました。木村市長には、職員の意識改革とともに、市民に約束した"市政一新"に早急に着手し、結果を出していかれることを期待しています。

新市長の1日は忙しかったと思います。私が外出から帰って来るとポストに名刺が入っていました。議員を始め、恒例となっている市内外の皆さまへの就任挨拶に来ていただいたもので、就任挨拶はまだ数日続くものと思われます。

また、新市長の初仕事に広島事件の後始末があります。困った事件、恥ずかしい事件でした。市の信頼を失墜したこの最終後始末として、内向きには職員の懲戒処分が。職員の懲戒処分が初仕事というのは今の幸手市を象徴しています。職員には厳しいことですが、これからまだまだ長い公務員生活です。きちんと反省すべきは反省して出直して欲しいと思います。また、合わせて、外交面では、新市長には改めて広島市に直接謝罪をお願いしたいと思います。市民の方からもそんな声が市役所に届いているようです。私もそう思います。新市長の改めての謝罪で前市長の起こした問題に終止符を。これについては早急な対応をお願いしたいと思います。

改めて。市長の権限は絶大です。その絶大な市長の権限は市民全体の福祉の向上のためにこそ使われるべきであり、市長の権限を誇示したり、ましてや、偏った一部のために使われてはならないものです。近年、その意識が欠落したリーダーの下、職員のモラルの低下による不適正な事務処理が続いていました。市長の絶対権限を市長に代わって執行するのが職員です。市長の顔色を見るのではなく、真に市民全体の福祉の向上のためにこそ行使されるべき権力です。職責の重大さを再認識して、木村市長を支え、市民に寄り添った行政を取り戻してほしい。木村市長には出来るだけ速やかに結果を出していただきたいと思う次第です。頑張って下さい。私も応援して行きたいと思います。

チラシ探索願います

2019.09.27

アイコン

市長選挙公示を明後日に控え

新聞の折り込みやポスティングなどで連日、過去に例を見ない頻度でいろいろな政治的チラシを目にすることが多くなっています。市民の皆さまにいかに広くお知らせが出来るか。公職選挙法では様々な規制を定めて、選挙の公平性とお金のかからない選挙が目指されていますが、これからますますチラシ合戦はヒートアップすることになるでしょう。

選挙の度に、多額の資金が必要となれば立候補できる人は限られます。私たち市議会レベルでもまちの大小によりますが、チラシ作成・配布は多大な労力と少なからぬ費用が発生します。これが市長選挙、県会議員選挙、国会議員選挙となればさらに大変です。

自分の主張を有権者の皆さまにいかにご理解いただけるか。候補者の最大の悩みであり生命線です。今は「ワンフレーズ」の時代ですから、いかに短い言葉で語れるか。そんな能力も問われます。私のような長文派はアウトですよね(笑笑笑)。出来るだけコンパクトにと、これでも努力しているのですが、いつも訪れて下さる皆さまには本当に感謝しています。上質な情報がご提供できるようこれからも頑張って参りますので今後ともよろしくお願いいたします。

っと、横道に外れてしまいました。

さて、これだけ多くのチラシやビラは誰がどんな思いで作成するのか。一番大事な本人の思いは公示後に出される選挙広報です。これをやります、あるをやりますという公約ですね。それ以外に確認団体や後援会が出すビラがあります。これは応援ビラです。さらに、議員が出す活動報告があります。政治活動のビラですね。

会派「幸手市政クラブ」は今日の新聞折り込みにチラシを入れました。前市長の広島逮捕事件の総括を、選挙戦前に市民の皆さまにきちんとお伝えするのが私たちの使命と考え、昨日の議会閉会を待ってお知らせをお届けしました。広告に埋もれているかも知れません。どうか探索ねがいます。

さて、発行にあたり、私と武藤議員が大事にしたのは、まずは幸手市の現状を多くの皆さまに知っていただくことです。それに徹したつもりです。しかし、チラシでは私たち会派のスタンスの打ち出しが鮮明ではないと思われる方もおられるかも知れません。

改めて。私は元市議会会派先進の同僚である中村たか子氏が代表を務める「幸手の未来を考える会」の主張に賛同するものです。武藤議員も同じです。

相手云々ではありません。一緒に活動して来た同志として今の幸手市の現状を憂う気持ちは同じです。私は「幸手の未来を考える会」の主張に賛同しています。幸手市は埼玉県下では財政規模が一番小さな市です。人口も減り続けています。さて、今、幸手市の400億円の財政運営を誰に託すのか。これからの4年の舵取りに失敗は許されません。

私たちのまちを誰に託すのか

2019.09.23

アイコン

市長選公示が間近に迫ってきました

前市長の広島逮捕事件で早まった選挙戦。公示を前に開催されるという「公開討論会」の内容が明らかにされたようです。

公開討論会と言えば、国政選挙では党首討論会がネット中継されたり、夏の埼玉県知事選では候補者を集めてのテレビ討論会など、近年、私たちが目にする機会が多くなりましたね。

公開討論会はまず、主催者の中立が大原則。一方に濃い関係を持つ立場の人では主催者として適格性を欠くと考えるのが常套です。幸手市のように小さなまちでは人脈、血縁なども色濃く、何にも誰にも属さない中立的立場という人はそう多くはありません。"今回の"選挙で誰の応援者でもないからと言って、発言の機会、時間を同じ設定にしたからというだけで中立とは言えない。然りとて、そのようなことを言っていたら誰も主催者の適格者はいなくなる。今回の討論会の仕掛け人が一方の候補者に近しい活動家であることに疑問は感じますが、百歩譲って、この企画の出発時点でその仕掛け人に幾つか注文をつけました。

その一つが、必ず討論が行われることです。討論会は単なる政策発表の場ではありません。作文棒読みで済むような会は討論会ではなく、発表会です。一つ一つのテーマ毎に論戦を促すのが今の討論会の主流です。これには主催者の力量が問われます。必ず、討論を促すよう求めました。

そして今回企画される「幸手市長選挙候補者公開討論会」。その企画書を見る限り、残念ながら私が注文していた討論会にあらず。各テーマ毎に持ち時間の範囲で交互に発表するスタイル。これでは事前の作文は可能。主催者の努力には敬意を表しますが、討論会とは似て非なるもの。落胆です。

それでも市民には政策を聞く機会、候補者には政策を市民に発信出来る機会。と考えれば意味もあるのかも知れません。

皆さまが思う以上に市長の権限は絶大です。予算の編成、執行、人事、外部交渉。全て市長次第です。幸手市の運命は市長で決まります。幸手市は財政では埼玉県下のほかの市に比べて規模は小さいとは言え、年間400億円の予算を動かす一国のオーナーです。400億円はすべて皆さまの税金です。

前市長の8年間は無理な財政運営で借金は増え、基金は枯渇。お金は使ったが次世代にお金を生み出すタネ蒔きも不十分なまま辞職となりました。前市長と同じ流れにある候補者が言う「ピンチ」や「チャンス」って何でしょう。あのような事件で市長が不在になったのはピンチ?幸手市の名前が貶められたのはチャンス?揚げ足取りではなく、これまで市民本位の市政に提言を繰り返してきた立場として認識に?。まずは当たり前の常識が通用するまちに変わらなければ何も変わらない。厳しい言い方ですが、幸手市の発展はそれが土台です。

基礎のないところに家は建たない。私たちのまちを、生活を誰に託すのか。幸手市の未来を決めることが出来るのは市民の皆さまです。今回、市長選が早まった原因となった市長を選んだのも私たちです。今回の広島市長逮捕事件は私たち幸手市民の教訓です。公開討論会に行かれる時はそのような目で両者のお話をお聴き下さい。

♥なお、入場には100円が必要です。会場費等に充当するとのことですが、明朗会計の公開をお願いしたい。

ページ移動