記事一覧

子どもたちの成長の証し

2019.01.31

アイコン

幸手市子ども会議開催@幸手市議会本会議場

今年もこの時期恒例の「幸手市子ども会議」が昨日、市議会本会議場で開催されました。議員にも開催通知をいただき、私も傍聴に。今回の「子ども会議」は新しい企画という"新味"も相まって、うな重なら並から上に、弁当なら梅から竹になるような感動と上質感を味わうものでした。
残念なことながら、幸手市で義務教育を終える子どもたちは減少傾向にありますが、皆さまの身近にいる子どもたちが立派に成長していることを是非、知っていただきたくリポートをお伝えいたします。

さて、これまでの子ども議会は市内全小学校から代表を2名ずつ召集し、それぞれが一般質問をするという形式で行われてきました。毎回、各小学生議員は立派な態度で議会に臨んでいますが、今回は小学生代表を各校1名に減数し、中学生代表を4名加えたこと、そして、中学生3名が一般質問をするとともに輪番で議長を務めるという新たな企画として運営されました。

これまでの各小学校2名体制と違い、顔見知りのいない環境で議席に座る小学生議員には今までにない緊張感があったものと思いますが、みな、堂々と自分の役割を果たし、さらに、一般質問終了後の意見交換でもしっかりと発言するなど頑張っていました。一方の中学生議員もさらに立派で、しっかりと議長職を務め、9年間の幸手市の義務教育の集大成となる素晴らしい態度です。
そして、今回、驚きの一場面となったのが、一般質問終了後の「動議」です。議会終了間近、中学生議員から発議があり、『幸手市「スマートフォン」わたしたちの行動宣言』が提案説明された後、全会一致で採択されました。賛成討論もあり、かなり本格的です。
スマートフォンの使い方については、全国的にも生徒会活動として啓発をしている例はありますが、市内各学校を横断してこのような採択がなされる例はあまりありません。議案の元となる宣言も3中学校の代表者が複数回集まって決めたものという教育長の説明でありました。なかなか高度な企画です。

傍聴席の引率の先生や保護者の皆さんを横目で見れば、皆さん本当に誇らしげな表情で食い入るように見つめておられる。帰り道、子どもたちはきっと、ありったけの賞賛をいただいたことでしょう(微笑)。民主主義を身につけた若者が育っています。我々大人もオチオチしていられません。

さて、前述のようにこれまで以上の上質感を感じる子ども会議でしたが、この会は「子ども会議」の域を越えましたね。ネーミングの見直しが必要と感じます。中学生を含むこの議会に「子ども」以上の敬意を表することはできないか。是非一考いただきたい。

そして、最後に。うな重は上の上に特上が、弁当なら竹の上に松があるように、来年のこの模擬議会が、さらに上質になることを期待したいし、期待できるという後味の残る「子ども会議」であったことをお伝えしたいと思います。このような企画、なかなか多くの方に直接見ていただくことは叶いませんが、市のHPにアップされるものと思われますので、皆さまには是非、子どもたちの雄姿をご覧いただき、エールを贈っていただきたいと思います。以上、報告でした。
関係者の皆さま、お疲れ様でした。