記事一覧

児童虐待 最多15万9千件

2019.08.04

アイコン

県内1万5334件 近隣からの通報増加

全国の児童相談所が2018年度に児童虐待の相談通告を受けて対応した件数が159,850件(速報値)に上ったことが1日、厚労省のまとめで分かった。という埼玉新聞(8/2)の記事より。

1990年度の統計開始から28年連続の増加。児相との連携を進める警察からの通報が増えており、子供の前で家族に暴力を振るう「面前DV( ドメスティックバイオレンス)」などの心理的虐待が55.3%を占めた。埼玉は政令市のさいたま市を含めた全体で15,334件。

17年度中に虐待を受けて亡くなった子どもは16年度比12人減の65人(心中の13人含む)。しかし、 18年度の虐待対応件数は17年度から26,072件増加。そのうち13,095件は警察等から、4467件が近隣知人からの情報だったということ。

悲惨な虐待事件が相次いだことを受け、来年4月には親による子供への体罰を禁止する改正児童虐待防止法と改正児童福祉法が施行されることになっているということ。政府は虐待対応にあたる児童福祉司の増員を決定しているそうですが、体罰に頼らない子育て方法を伝えるなど親を対象とした対策も求められていると記事。

悲しい現実であり、罪のない子どもたちへの虐待は何としても防いでいかなければならない社会問題ですが、なかなかこれという解決策がないのも現状です。埼玉県子ども安全課でも「市町村で保護者の子育て相談などを行う担当者向けのプログラムを引き続き行うなど、児相以外の公的機関やNPO、学校などとも連携を強化する」としていますが。
残虐さばかりに気を取られることなく、問題を個人に矮小化するのではなく、まずは親の気持ちに寄り添い、児童虐待は社会問題として捉えなければ問題を根絶することはできませんね。
家庭や家族のあり方が近年は大きく変わりすぎて、個人も家族も家庭も地域社会も対応し切れていない。そんな時代性をきちんと把握し、適切な支援に結びつけていくことが求められます。

さらに、この記事で私が一つ気になるのが、"近隣や知人からの通報"の増加です。埼玉県児童安全課は、「虐待防止を訴えるオレンジリボン運動などで関心が高まっているからではないか」と指摘しているようですが、実はこれには複雑な問題があることに注意です。

通報により突然警察や児相から「訪問」を受けた人の実話です。夜に突然、呼び鈴が鳴り、警察関係者が「虐待通報があったから」と訪問。詮索されたという若い子育て世代。保護には至りませんでしたがとてもショックを受けたと。「通報してくれてありがとう」とはいきません。「なんで?」「誰が?」と近所や世間に対する疑心暗鬼、不信の思いしかなかったと。それはそうですよね。普段仲良く付き合ってる知人もしくは普通に付き合っている近所の人の中に虐待を疑った通報者がいるわけですから。「普段から何か思っていたになら言って欲しかった」。しかし、その方にはその思いを吐き出せる場所があった。それで救われたと。通報が増えている陰で同じような経験をしている人が増えていないか心配です。

そして、もっと難しいのは、子どもの心のケアです。虐待はいけないことです。一番に確保されるべきは「子どもの心身の安全」ですが、虐待されている子どもにとって、それでも親は親なんです。幼ければ幼いだけ、引き離されて嬉しいとか良かったとはいかないんです。保護とは家庭や家族を一時的にでも分断することです。より慎重な対応が求められます。

繰り返しますが、児童虐待は絶対やってはいけないことです。かく言う私も100点満点の子育てをしてきたかというと反省だらけですが、地域のいろいろな学びの機会があってずいぶん自分を見つめ直しをさせていただきました。

児相の対応は対処でしかありません。相談も大事ですが、真相、深層に迫れるのはほんの一握り。どんな時代も、問題は一番弱いところに現れるのです。それよりも、もっと風通しが良く、本当に心から人が信じられる。そんな社会を再構築する。本当はこれが求められているのではないでしょうか。これは一人一人の心がけか教育でしかできないことです。大人の社会だってイジメはあるし同調圧力もある。
世の中は多様でありながら、解決策が多様に用意されていないことが問題。「こうしたらこうなる」という回答があるわけではありませんが、とにかく、子どもたちが健やかに成長できる社会となるよう、一人一人が、持ち場持ち場で考えていくしかありません。

子どもは産まれながらに、より良く育つ権利を有しているのですから。

すべては子どもたちのために

2019.06.26

ファイル 1236-1.php

アイコン

学力底上げ データ駆使 文科省が工程表 個別指導へ道

なんのこっちゃという言葉のオンパレード。今、教育会に何が起きているのか。私のブログを見てくださっている皆さまには、「はっはぁ〜ん」という感じかも知れませんが、少し説明を。

文科省は25日、小中高校や特別支援学校の教育にビックデータや先端的な情報通信技術(ICT)を活用する計画を公表した。2025年度までに児童生徒1人につき1台の教育用パソコンやタブレットが利用できる環境を整備するなどとした工程表を示した。多様化する子供の個性に合わせた指導ができるようにし、情報化社会で求められる創造性のある人材の育成につなげる。

ということです。新指導要領に基づき全国学力テストの出題傾向が変わったことをお知らせしていますが、いよいよ文科省は本腰を入れて教育改革を進めるということです。ここで問題は、児童生徒1人につき1台の教育用パソコンやタブレットが利用できる環境の整備です。

データの活用はさておき、デジタル教科書や仮想実現(VR)、拡張現実(AR)など先端的なICTを使った指導も進めることになっていますが、教育用のパソコンなどは、同省が18年3月に全国の公立小中学校、高校を対象に実施した調査では、十分に整備が進んでいない状況であったとされています。まだまだ課題の多いデータ活用ですが、環境整備なく、この方向に向かっていくことは不可能です。

幸手市でも児童生徒用のパソコンは整備してはいるものの1人1台タブレットとなると大きな経費が必要となります。私はこれまでも、ICT導入計画を立てて時宜を逸せず環境整備をするよう訴えてきましたが、今後、財政が豊かか豊かでないかという自治体の財政力の差が子どもたちの教育環境の差とさせないために、財政運営はさらに重要になっていくでしょう。ちまちまと不急のことに支出をしたり(浪費)、将来の財政計画なくお金を使うわけにはいかない。堅実かつ、合理的かつ、効果的な財政運営なく未来はありません。どんな問題を議論するにも、財政を切り離すわけにはいきません。

教育問題は9月議会でも取り上げるつもりです。「基礎基本は定着した」と文科省。基礎基本が課題の幸手市。このギャップにキチンと対応しなければ幸手の教育の未来なし。私は点数至上主義ではありませんが、9月まで、研究、調査、勉強してこの問題に臨みたいと思います。すべては子どもたちの将来のために。

学力テスト 初の英語導入&出題形式変更

2019.04.26

アイコン

2019.4.19日の埼玉新聞より

選挙期間中、新聞を読む時間もなく、今頃まとめ読みをしています。気になる記事から。埼玉新聞一面より。

今日は全国学力テストについてです。
学力テストとは、正式には「全国学力・学習状況調査」と言い、小学6年と中学3年の全員を対象とした文科省の調査です。この学力テストが今月18日に行われ、埼玉県では公立私立を含め1256校の約12万6千人が受験をしたということです。

今回のテストでは、中3で英語が初導入。自分の考えを書いたり発信力を重視した出題に。国語と算数・数学は、学習指導要領改定を踏まえ、基礎知識と活用力を一体に問う新形式に変更され、活用力を意識し日常生活に関わる場面設定に基づく出題が中心となったということ。
学力テストは開始から10年が経ち、関係者からは「学力の底上げが進み従来型は役割を果たした」として、今年から出題形式が変わったということのようです。

私はこれまで学力テスト及び学力について、議会の一般質問等で取り上げて来ました。幸手市の子どもたちの学力の課題は、中学2年生から学力が伸び悩むことです。
なぜ、この年齢で伸びないのか。これを検証することこそ、学力テストの目的だと考えてきました。

15面に、ある小学校の教諭の疑問の声が載っています。この男性教諭は自身の指導経験から、学力の底上げが本当に進んでいるかどうかについては「大いに疑問がある」と話しています。結果を気にする教育委員会からのプレッシャーもあり、勤務先の小学校では過去の学力テストや教委が独自に作成した問題を繰り返し解かせるなどの対策をとっていると。そうした経緯を踏まえると、いくら出来が良くても「形式に慣れただけ」と見てしまうと言うのです。

実は、私の懸念もここにあります。繰り返し学習は大事ではありますが、ただ、結果を出すための形式に慣れるだけの学習では本当の意味での自学自習に繋がりません。この年齢で身に着けてほしい自学自習の態度とは。ずばり、自分の好きな教科に打ち込む、苦手な教科を克服する。そのような学習に粘り強く取り組めること。それが身につけば、どんな困難にも向かって行ける人生の宝となるはずです。

今年から文科省では「学力の底上げは進んだ」として、基礎と活用を一本化した出題に舵を切りました。英語も出題されます。いろいろな意味で、毎日の教育の真価が問われる。そんな学力テストとなりそうです。毎年、夏休みから秋にかけて結果が公表されますので、その時に幸手市の結果を見ていきたいと思います。

私の願いはただ一つ。子どもたちが自分の人生を切り拓く学習態度を身につけた結果、学力テストの点数が上がることです。

さて、私も学力を云々するからには毎年同様に、時間を見つけて学力テストを解いてみたいと思います。なかなか難しいんですよ、これが。

背景、因果を知る

2019.02.06

アイコン

虐待を最後手段としてしまう背景に寄り添う

少し過激な題を付けましたが、今、世の中を揺るがす大問題に、私の学校相談員としての経験、自分の子育てを振り返りながら少し考えたいと思います。

さて、今日お伝えするのは子どもの虐待、DVについてです。野田市で起きた小学4年生女児の死亡事件。死亡の原因は父親からの暴力、虐待でした。さらにその引き金になったと考えられる学校の対応。私の僅かばかりの経験を通してこの事件を見たとき、学校の行為は言語道断と言わざるを得ません。あり得ないと。まず、学校には校長をトップとして、副校長、保健室、担任、学年主任、さらにカウンセラーなども含め、幾重にも張られた網があって、担任だけでは対応できない事案はケースによって様々な組み合わせで組織として対応される。更にその上に教育委員会がある。この仕組みは子どもたちにとってだけでなく、先生や学校にとっても本来"安全網"であり、全国共通の標準仕様ではないかと思います。この仕組みが機能していれば今回の事件は起きなかったかも知れない。

では今回、この仕組みの何が機能しなかったのか。虐待やネグレクトは相談業務の中でも特に慎重さを求められる事案ですし、研修も日常的に行われているはず。一体、何があったのか。関係者には反省以上の誠意で何をすべきだったのか、何がいけなかったのか、見直して欲しいと思います。

さて、学校の対応とは別に、この問題だけでなく、このような事案で気になるのが、DVを蔓延らせてしまう世の中や人の心理です。DVがなぜ世の中からなくならないのか。物事や気持ちの整理の最後の手段として暴力を使ってしまう。その背景に何があるのか。「暴力はいけない」「暴力根絶」と言うだけでは決して解決しない。

子どもは誰でも純粋無垢な存在としてこの世に生まれ、人の手で育てられます。そして、いろいろな環境の中で、いろいろな分岐点を通過して大人になります。環境の中には両親、祖父母、兄弟などの家族や学校や幼稚園の先生、友だち、先輩、後輩などの直接な人間関係以外にも、周りの人間関係の余波を受けたり、さらに経済的なことも含まれます。そんな一切合切を環境として人格が形成されて大人になるのです。

いろいろ解きほぐしが必要ですが、暴力を振るった父親は威圧的な態度で人と接することや、暴力やDVを物事や気持ちを整理する最終手段とする思考回路をどこかで身につけてしまった。
私はそれが一番悲しいと思います。

さらに、もう一つ。就職氷河期、非正規労働など、一部の人に難儀を押し付けて成り立っている世の中のあり様にもメスを入れる必要があるし、逆に言えば、もっと多様な生き方がリスペクトされる世の中にしていかなければ行けないのかも知れないですね。「勝ち組」「負け組」などというイヤな言葉が市民権を得た時代がありましたね。勝ち組でなければ無価値なのでしょうか。ある段階で落ちこぼれると、自分の価値すら見失ってしまう社会。否、否。落ちこぼれるのではない。多様性や個性を否定されることで社会や人生への諦めを生み、自暴自棄や暴力を生む背景となっていないか。

暴力はいけないことです。虐待も言語道断。しかし、悲しい事件の背景にある因果を社会全体の問題として、寄り添って行かなければ悲劇は繰り返す。住みづらい時代になったと言われます。でも、子どもという世の中で一番弱い存在を守れる社会はきっとみんなが住みやすい。私はそう思っています。

子どもたちの成長の証し

2019.01.31

アイコン

幸手市子ども会議開催@幸手市議会本会議場

今年もこの時期恒例の「幸手市子ども会議」が昨日、市議会本会議場で開催されました。議員にも開催通知をいただき、私も傍聴に。今回の「子ども会議」は新しい企画という"新味"も相まって、うな重なら並から上に、弁当なら梅から竹になるような感動と上質感を味わうものでした。
残念なことながら、幸手市で義務教育を終える子どもたちは減少傾向にありますが、皆さまの身近にいる子どもたちが立派に成長していることを是非、知っていただきたくリポートをお伝えいたします。

さて、これまでの子ども議会は市内全小学校から代表を2名ずつ召集し、それぞれが一般質問をするという形式で行われてきました。毎回、各小学生議員は立派な態度で議会に臨んでいますが、今回は小学生代表を各校1名に減数し、中学生代表を4名加えたこと、そして、中学生3名が一般質問をするとともに輪番で議長を務めるという新たな企画として運営されました。

これまでの各小学校2名体制と違い、顔見知りのいない環境で議席に座る小学生議員には今までにない緊張感があったものと思いますが、みな、堂々と自分の役割を果たし、さらに、一般質問終了後の意見交換でもしっかりと発言するなど頑張っていました。一方の中学生議員もさらに立派で、しっかりと議長職を務め、9年間の幸手市の義務教育の集大成となる素晴らしい態度です。
そして、今回、驚きの一場面となったのが、一般質問終了後の「動議」です。議会終了間近、中学生議員から発議があり、『幸手市「スマートフォン」わたしたちの行動宣言』が提案説明された後、全会一致で採択されました。賛成討論もあり、かなり本格的です。
スマートフォンの使い方については、全国的にも生徒会活動として啓発をしている例はありますが、市内各学校を横断してこのような採択がなされる例はあまりありません。議案の元となる宣言も3中学校の代表者が複数回集まって決めたものという教育長の説明でありました。なかなか高度な企画です。

傍聴席の引率の先生や保護者の皆さんを横目で見れば、皆さん本当に誇らしげな表情で食い入るように見つめておられる。帰り道、子どもたちはきっと、ありったけの賞賛をいただいたことでしょう(微笑)。民主主義を身につけた若者が育っています。我々大人もオチオチしていられません。

さて、前述のようにこれまで以上の上質感を感じる子ども会議でしたが、この会は「子ども会議」の域を越えましたね。ネーミングの見直しが必要と感じます。中学生を含むこの議会に「子ども」以上の敬意を表することはできないか。是非一考いただきたい。

そして、最後に。うな重は上の上に特上が、弁当なら竹の上に松があるように、来年のこの模擬議会が、さらに上質になることを期待したいし、期待できるという後味の残る「子ども会議」であったことをお伝えしたいと思います。このような企画、なかなか多くの方に直接見ていただくことは叶いませんが、市のHPにアップされるものと思われますので、皆さまには是非、子どもたちの雄姿をご覧いただき、エールを贈っていただきたいと思います。以上、報告でした。
関係者の皆さま、お疲れ様でした。

ページ移動