記事一覧

いよいよ3月議会

2019.02.14

アイコン

本日 議案配布@議員全員協議会

今日の午後開催される議員全員協議会で、3月議会の議案が配布されます。まず、一番気になるのは、来年度がどのような予算編成となっているのかです。何はともあれ、財源あっての施策、事業です。来年度、再来年度は財政が厳しいという前評判。どんなやり繰りがされているか。新しい視点がどう組み込まれているか・・・。
新しい視点ということでは、来年度は幸手市の最上位計画「総合振興計画」が切り替え初年度を迎えます。新しい計画の始動の年。総合振興計画は10年の基本構想を前期・後期に分け、その中で1年1年実施計画を立てて3年ローリング方式で見直しながら執行していくというスタイルですが、前例踏襲では解決しない難問が山積。市長以下、執行部の政策力に注目です。

そして、政策力と言えば、幸手市では今年度の組織改正で政策の専門部署として、これまでの総務部を分割して新たに「総合政策部」を創設。部長職を増やし、政策部門の先鋭化と拡充を図りました。その総合政策部が初めて臨む新年度予算。真価が問われる予算であり、大いに期待したいところです。

さて、予算を見る前に私が考える幸手市の課題を鷲づかみで選ぶとしたら
①財政収入確保と行政改革・・・増収施策と支出の見直しは両輪で
②少子化対策・・・出生率アップと多子世帯奨励
③若者対策・・・定住化=まず、若者が魅力を感じる「幸手市」を再定義
④力強い農業政策・・・農地を隅々まで活用するための方策実行
⑤将来を担う子ども対策・・・義務教育の充実と社会教育の中での育み
⑥老朽インフラと新規インフラのバランスある整備

思いつくままにいくつかあげましたが、まだまだ課題は山積しています。議員の使命として、特にチェックが必要なのは①です。
「お金がないから住民サービスの低下は致し方なし」「財政が厳しいんだから住民負担が増加しても致し方なし」。そんな行政は絶対許されません。歯を食いしばって住民サービスの維持向上に努めている予算かどうか。これを見定めたいと思っています。

今、 時代の大転換期にある危機感と危機管理への意識が問われています。そして、時代の波を和らげ、何が何でも住民の生活を守ることこそ、自治体に求められてられる最大の使命です。議案については今後、このブログで取り上げていきたいと思います。

♥♥♥『全ては幸手市民の笑顔のために』