記事一覧

予算査定の見える化

2019.02.28

アイコン

前号の中で 久喜市の場合

前号で近隣市の予算規模を掲載いたしましたが、その検索中に感じたことを一つ。

久喜市の予算を検索するとHPに予算査定の経過が掲載されています。予算は市長の予算編成の方針のもと、各部課から予算要望が出され、査定の結果、次年度予算が決まるという手順で編成されますが、その全容が全て見える化されているのです。これはとて良いことだと思います。
予算は市長の裁量権の範疇にあったとしても市民の財産であり、どのような経過をたどって、どんな思いで編成されているのかを議会始め市民は知る権利を有しているということです。

しかし、今の幸手市では、地方自治法をバイブルとしており、予算査定の見える化は市長始め執行部にとって義務と規定されていません。今のママでは予算査定の経過公開は拒否られても文句は言えません。久喜市は条例など制定し、市独自のルールで運用しているものと思われます。「隣の芝生は青く見える」というレベルではなく、時代の変化を感じる自治体から運用が始まっている「予算査定の見える化」。是非、幸手市でも取り入れたいものですが、残念ながら誰の意思が邪魔をするのか、なかなか自発的な発案につながらないのが現状。しかし、厳しい財政運営だからこそ、市民に公開されるべきと私は思います。これについては今後、研究をして、幸手市民にも予算査定が見える化できる方法を模索したいと思います。

法治国家における法令や条例はバイブルであり、義務も権利もすべて法令・条例に基づきます。根っこから「幸手市は変わった」と感じていただける一つのテーマとして、「予算査定の見える化」を今後の宿題としていきたいと思う次第です。

♥時代の過渡期にあって、市民サービス、公共のあり方を巡って様々な試みが全国で進められています。予算査定の見える化は埼玉県でも行っています。公明正大、明瞭な財政運営における予算編成過程の公開は今や自治体の「標準装備」と言っても良いレベルになりつつあると感じます。皆さまいかがでしょう。