記事一覧

豪華絢爛

2019.03.06

アイコン

幸手駅東西自由通路 視察

去る4日。議案質疑の後、3月16日開通の幸手駅東西自由通路の工事現場を視察。通路を眺めての第一印象が「豪華絢爛」です。

通路を進んで駅改札口前のフロア。工事は佳境にさしかかり、床材のはめ込み始め、最後の仕上げが行われていました。通路一帯がどこぞのホールかと見紛うほどです。さすが、16億円もの財源(自由通路のみ)を投入するとここまで豪華に仕上がるのかと。これは嫌味ではなく本当に、財政の心配さえ無ければこの美しさに見惚れてしまいます。

先のブログで、これからの幸手市は生活密着型サービスの充実が最優先と書きました。デマンド交通などの不便の解消がなかなか図られない現状を考えると、自由通路はまさに夢の御殿。

さて、16日の開通式は午前から午後にかけて式典とアトラクションが開催される予定です。是非、多くの方にご来場いただきたいと思います。自由通路によって市の東西がつながることに異論はありません。しかしくれぐれも、勘違いしないでいただきたいのは、これは私たち幸手市民の血税で作られたということです。どこかの誰かに造ってもらったのではありません。その視点からご覧いただきたいと思います。