記事一覧

幸手駅東西自由通路の開通式典挙行

2019.03.16

アイコン

10時から開通式典 その後渡り初め

今日は朝から幸手駅東西自由通路の開通式典があり参加してきました。式典のあと、西口広場のモニュメント、ロータリークラブさまより寄贈された時計台の除幕式に続き、自由通路の渡り初めとなりました。きらびやかな通路に驚かれた方も多いのでは。以前にも書きましたが、財政の心配さえなければ美しさに見とれてしまいます。

式典ではこの幸手駅の東西をつなぐ自由通路・駅橋上化整備事業の概要が報告されましたが、平成23年3月に西口区画整理事業が県の認可を受けたという、この事業の発端となる先人の努力や先人の功績に触れていなかったのが残念でした。行政の継続性を考えれば当然触れるべきことです。

さて、駅舎・自由通路整備事業の最終的総事業費は25億7500万円となるようです。以前から申し上げている通り、自由通路で市の東西が繋がることは喜ばしいことだと思いますが、駅は機能であることを忘れるほどの豪華さは必要不可欠ではないと感じます。事業化されていないが必要なお金の使途は無数にあるのです。少しでも節約して必要な事業に当てる。当然のことです。
そして、「駅は活性化のエンジン」と現市長は言っていました。財政力に見合った駅舎整備を求める住民の請願、陳情にも耳を貸さず進めた投資をどう活性化に結びつけるのか。回収するのか。これは現市政の重たい宿題です。
新駅舎を起爆剤とした人口減少の抑止、環境客増に、目標と責任を持って取り組んでいただきたい。

さて、新駅舎供用は明日の始発から。西口の仮駐輪場は駅の南200m先にあります。駅からは少し遠いので自転車ご利用の方は余裕を持ってご出立を。


豪華絢爛

2019.03.06

アイコン

幸手駅東西自由通路 視察

去る4日。議案質疑の後、3月16日開通の幸手駅東西自由通路の工事現場を視察。通路を眺めての第一印象が「豪華絢爛」です。

通路を進んで駅改札口前のフロア。工事は佳境にさしかかり、床材のはめ込み始め、最後の仕上げが行われていました。通路一帯がどこぞのホールかと見紛うほどです。さすが、16億円もの財源(自由通路のみ)を投入するとここまで豪華に仕上がるのかと。これは嫌味ではなく本当に、財政の心配さえ無ければこの美しさに見惚れてしまいます。

先のブログで、これからの幸手市は生活密着型サービスの充実が最優先と書きました。デマンド交通などの不便の解消がなかなか図られない現状を考えると、自由通路はまさに夢の御殿。

さて、16日の開通式は午前から午後にかけて式典とアトラクションが開催される予定です。是非、多くの方にご来場いただきたいと思います。自由通路によって市の東西がつながることに異論はありません。しかしくれぐれも、勘違いしないでいただきたいのは、これは私たち幸手市民の血税で作られたということです。どこかの誰かに造ってもらったのではありません。その視点からご覧いただきたいと思います。

埼玉新聞”話題スポット”より

2018.09.03

アイコン

本日の埼玉新聞一面トップに幸手駅

 埼玉新聞を購読されている皆さま、今日の朝刊はご覧になりましたか?

 幸手駅の橋上化工事が一面に取り上げられています。幸手市では毎議会前に広報広聴担当者がセットして、市長の記者会見が行われています。その中で多分、私たち議員に報告された資料(前回の完成図)なども説明されたのでしょう。それが今日の新聞に掲載されたものと思います。
 とてもよくかけた記事でありますので、以下に写メにてご紹介いたします。写真の上でクリックすると大きくなります。見にくいのを承知で。(埼玉新聞社に記事使用の許可をいただいての掲載です)

 【埼玉新聞 9/3朝刊 一面「話題スポット」より】

ファイル 1091-1.jpg

 以前のブログにも書きましたが、おカネがあれば問題ない話ですが、いかんせん、幸手市財政は厳しい。そのへんが本当にバランスよくまとめられています。駅舎供用への市長の期待の声と、今年度補正予算で計上された来春のお披露目式典や自由通路の階段アート、西口の記念モニュメント設置委託料などを疑問視する市民の声。さて、皆さまはどうお考えになるでしょう。

 駅は「機能」であり、モニュメントや階段アートはなくても駅は機能します。ひっ迫する市の財政。工事費をもっと抑えるべきとしてきた市民の声を、私はもっともだと思います。経費がかかるものは東武鉄道との間で取り交わした経費28億4500万円の中で。それ以外の「張り出し」予算は今は封印です。この経費の中に納まるもの以外はとりあえず第2弾、第3段の整備とすべきだと私も思いますが、いかがですか。

 

幸手駅の完成予想図

2018.08.27

アイコン

来年3月完成に向けて

 本日、議会では幸手駅の工事の進捗が説明され、完成予想図が配布されました。その後、現場の視察に。完成は本年度末の3月を予定。工事は粛々進められ、今は自由通路が架設され、9月中には西口に階段が降ろされる予定とか。ちょっと見にくいですが、以下は今日配布された完成予想図です。

 外観・・・市民の皆さまへのアンケートで決まったアクセントカラーの「ピンク」は駅舎東口の壁面(写真中央の茶色いゲート板=タイル仕様)に「桜吹雪」としてあしらわれます。また、エレベーターの昇降部分には透明のアクリル板を使用。中の照明は色彩を変えることができるそうです。駅舎上部には壁面緑化として植物を植栽。建物中央の上の緑っぽい部分です。分かるでしょうか。ここは完成後の管理は東武鉄道が行います。
 なんだかんだ、当初の計画よりかなりデザインがグレードアップしている印象です。画面の上でクリックすると写真が拡大されますよ。

ファイル 1088-1.jpg

 内装・・・埼玉県産の木材を使ったレトロ&温かみのある色調です。改札前のスペースが広いのでベンチを置いたり、市民の文化作品を飾る展示スペースがあったり。通路床には日本橋から日光までの宿場名を刻んだ瓦をタイルの間に配置します。その宿場名には天井からスポット・ライトが当たる仕掛けです。

ファイル 1088-2.jpg ファイル 1088-3.jpg

 コンセプトは「日光街道の宿場町」。完成図をみると、まるで劇場か、そのままホールにでもなりそうと思うほどの仕様です。インスタ映えするというか。そういう意味では、遊び心も含め、駅としては”突き抜けて”います。デザイナーもきっと楽しかったと思いますよ。近隣のどちらかというと無機質な駅の意匠と比べても、また、東武鉄道自慢の野田線大宮公園駅と比べてもかなり画期的&実験的。この贅沢感、これからの駅づくりのトレンドになるか?

 まあ、5坪や10坪の土地でも意匠の限りを尽くした家を建てる例もありますから、28億4500万円をかけなければこの輝きがでなかったかというと、それはそうではないと思いますが、取り敢えず、経費の範囲内での工夫であり、職員の努力には敬意を表したいと思います。

 しかし、ここでもう一度原点に戻って考えた時、駅舎とは本来、機能です。財政との兼ね合いで考えれば、自治体が手掛ける駅は機能重視=無機質とならざるを得ない。過去、「身の丈に合った」「財政支出の少ない」駅舎を求めて陳情や請願という市民運動が起きましたが、そこでの市民の主張は、市の財政を考えた時、機能重視でやるべきだというもので、会派先進も賛意を表し紹介議員になった経緯があります。
 鶴の恩返しではありませんが、自分の羽を抜いて美しい布を織ったとしても、その影響で体力が続かないというのでは本末転倒。おカネが潤沢にあれば言う事もないことですが、市の財政の現状から見て身の丈以上とも見え、複雑な心境です。

 後は、市がどこまで本気でこの28億4500万円をかけた駅の利用者を増やすことに執念を傾けるかということです。交流人口(観光客)もさることながら、定住人口を増やしてこの駅を使ってもらうことで、投資を回収する気概が必要です。
 

幸手駅舎の施工状況

2018.06.17

アイコン

先日、駅前を回りました

 来年3月の完成を目指して進む駅舎整備。現在の状況です。西口広場や停車場線等の整備が進んでいます。今日は東側からみた写真を掲載いたします。東側の階段部分が立ち上がっています。

ファイル 1053-1.jpg

ページ移動