記事一覧

学力テスト 初の英語導入&出題形式変更

2019.04.26

アイコン

2019.4.19日の埼玉新聞より

選挙期間中、新聞を読む時間もなく、今頃まとめ読みをしています。気になる記事から。埼玉新聞一面より。

今日は全国学力テストについてです。
学力テストとは、正式には「全国学力・学習状況調査」と言い、小学6年と中学3年の全員を対象とした文科省の調査です。この学力テストが今月18日に行われ、埼玉県では公立私立を含め1256校の約12万6千人が受験をしたということです。

今回のテストでは、中3で英語が初導入。自分の考えを書いたり発信力を重視した出題に。国語と算数・数学は、学習指導要領改定を踏まえ、基礎知識と活用力を一体に問う新形式に変更され、活用力を意識し日常生活に関わる場面設定に基づく出題が中心となったということ。
学力テストは開始から10年が経ち、関係者からは「学力の底上げが進み従来型は役割を果たした」として、今年から出題形式が変わったということのようです。

私はこれまで学力テスト及び学力について、議会の一般質問等で取り上げて来ました。幸手市の子どもたちの学力の課題は、中学2年生から学力が伸び悩むことです。
なぜ、この年齢で伸びないのか。これを検証することこそ、学力テストの目的だと考えてきました。

15面に、ある小学校の教諭の疑問の声が載っています。この男性教諭は自身の指導経験から、学力の底上げが本当に進んでいるかどうかについては「大いに疑問がある」と話しています。結果を気にする教育委員会からのプレッシャーもあり、勤務先の小学校では過去の学力テストや教委が独自に作成した問題を繰り返し解かせるなどの対策をとっていると。そうした経緯を踏まえると、いくら出来が良くても「形式に慣れただけ」と見てしまうと言うのです。

実は、私の懸念もここにあります。繰り返し学習は大事ではありますが、ただ、結果を出すための形式に慣れるだけの学習では本当の意味での自学自習に繋がりません。この年齢で身に着けてほしい自学自習の態度とは。ずばり、自分の好きな教科に打ち込む、苦手な教科を克服する。そのような学習に粘り強く取り組めること。それが身につけば、どんな困難にも向かって行ける人生の宝となるはずです。

今年から文科省では「学力の底上げは進んだ」として、基礎と活用を一本化した出題に舵を切りました。英語も出題されます。いろいろな意味で、毎日の教育の真価が問われる。そんな学力テストとなりそうです。毎年、夏休みから秋にかけて結果が公表されますので、その時に幸手市の結果を見ていきたいと思います。

私の願いはただ一つ。子どもたちが自分の人生を切り拓く学習態度を身につけた結果、学力テストの点数が上がることです。

さて、私も学力を云々するからには毎年同様に、時間を見つけて学力テストを解いてみたいと思います。なかなか難しいんですよ、これが。