記事一覧

会派届提出 目前

2019.05.05

アイコン

連休も後半、皆さまにはいかがお過ごしでしょうか

今年は10連休という過去にないゴールデンウィークが続いていますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

以前、日祭日についてこブログで取り上げた時、日祭日を休日として過ごしている人ばかりではないということをご指摘頂いたことがありました。確かにそうです。休日に出かけることが出来るのは、休日でも働いている人がいて下さるからです。また、今のように、非正規労働者、特にアルバイトで生活費を得ている人にとっては、休日=生活費の減少を意味することでもあり、そう簡単に休むことは出来ません。幸手ではすでに田植えが始まっていますから、田植えの準備や田植えに従事されたという方もいらっしゃるでしょう。

そのような背景はありながらも、しかし、海外旅行に行く人、帰省する人、また、観光に出かける人、観光にくる人など、日本中を人が大移動した。そんな印象のGWであることに違いはありません。

私は、義父が米寿となり、そのお祝いと義母のお墓まいりを兼ね、孫たちを連れて京都、奈良に帰省をいたしました。行きも帰りも東京駅、京都駅、新幹線は人、人、人。実家が観光地にありながら、帰省をしても観光にまで及びませんが、つかの間の親族水入らずの時間を過ごしてきました。

さて、帰りの京都駅でいろいろな雑誌を買いました。関心の向くまま手に取ったのは、日経ビジネス、東洋経済、プレジデント、週刊日経トレンディ、週刊ダイヤモンドなど。何と言っても、世の中や地域の活性化とは経済が回ってこそです。今のグローバル社会の中で国の舵取りとともに、私たち地方において、今、何をして行かなければならないのか。そんなことを少しでも探りたいと思いから選んだのがこラインナップでした。

明治、大正、昭和、平成、そして、令和という新しい時代は待ったなしに変化しています。これから始まる市議会においても、これまでの幸手市の歩みやいろいろな考え方を整理整頓する必要があるように思います。

先の選挙で新しい枠組みで新しい時代を迎えた幸手市議会では、来る7日が会派届の期限です。会派とは、議会運営に参画するための同志の集まりです。いろいろな考え方の方向性を同じくする議員によって構成されます。私に頂いた1161票は、私がこれまで中村議員と共に会派先進として貫いてきた「良いものは良い、悪いものは悪い」と言い続けてきた活動へのご評価と受け止めています。議会で多数を取らなければ何もできない。そんな考え方もありますが、私は、これから4年も市民の皆さまの大切な声を市政に届けることを第一に、最良の選択をして会派結成に臨みたいと思っています。皆さまには今後ともご支援、ご指導のほどよろしくお願いいたします。

さて、残りの休日はこの雑誌を読み、これからの私の活動について考えたいと思っています。また、会派については7日が過ぎ、全容が明らかになりましたらご報告いたします。