記事一覧

令和元年6月議会一般質問

2019.05.24

アイコン

一般質問の内容と質問趣旨

昨日は、6月議会一般質問通告書の締切日でした。令和となって、また、選挙が終わって最初の定例会であり、皆さまにいただいたご信頼に応えられるよう、私なりに十分な準備で臨みたいと思います。

さて、内容は以下の通りです。

1.東武消防組合合理化対策について
今、幸手市は近隣市町(加須市・久喜市・白岡市・杉戸町・宮代町)と消防組合を作って消防行政を行っています。そもそも組合化は、人口減少期を迎えるこの地域にとって、負担を軽減しながらサービスを向上させるという二律背反とも思える命題に、広域化のメリットを求めんと設立された経緯がありますが、組合の合理化を進める案のさらにたたき台が昨年の秋、首長たちの協議(正副管理者会議)の場に上がったことはこのブログでもお伝えしてきた通りです。そして、幸手西分署を含む4署所の廃止案に、幸手市長、渡辺市長は反対を表明していることもお伝えしてきました。その廃止案については特に線路西側の地域では選挙の争点にもなりました。私も西消防署は市民の生命と財産を守る大切なインフラであるとの認識から、現行2署所体制は維持すべきだと考えています。

現在、この問題は市長の交渉の範疇にある問題です。正副管理者会議は令和2年末、すなわち、来年度中に結論を出します。「反対」と唱えるだけでは反対は実現しません。ただのちゃぶ台返しでは、組合にも住民にも通用しません。住民の中にも存続を求める声が日増しに強くなっています。質問では、市長の考えに変節は無いか。交渉は順調に進んでいるのかなど確認したいと思っています。

2.幸手駅橋上駅舎・東西自由通路整備の完成処理について
今年3月17日より幸手駅がリニューアルして共用が開始されました。市の東西が自由通路で結ばれることは喜ばしいことですが、問題はあの規模です。市民の方から「建設中には想像がつかなかったほど豪華」との感想も聞かれ、機能重視の駅を求めていた私も「ツーマッチ」との感想は否めません。
市民の皆さまの税金を投入する行政の仕事は「いかに最小の経費で最大の効果を上げるか」です。コストコントロール、コストマネージメントがどのように行われたのか。大きな事業でありながら一般の競争入札ではない特殊な契約での事業でもあり、完成後の検証は必須です。行政職員にとっては日常茶飯の仕事でも、情報格差があり、行政という「竹のカーテン越し」に課題を探るのは至難の技ですが、皆さまのお知恵をお貸しいただきながらできるだけの準備をして検証に臨みたいと思います。

3.今年度全国学力状況調査について
これは以前にもこのブログで、今年度から同テストの出題傾向が変わったことをお伝えいたしました。基礎基本は定着した→活用に軸足を移すというのが文科省の立場です。私もやってみましたが、日常の生活に密着した問題をどう解決していくかという能力が問われる設問のように感じます。
いろいろなことを考察し、みんなで答えを導き出す力や自分の持てる技術を活用する力は、これから生きる子どもたちの一生の宝であり、幸手市で義務教育を受ける子どもたちにこの力を身に付けさせることは私たち大人の責任だと考えます。そこで、同テストの結果が出る前この時期に、教育委員会に考えを確認しておこうと考えています。テストの結果については9月議会で取り上げるつもりです。

4.水害対策の推進について
水害対策については私もこれまで力を入れて取り組んできましたが、市街化調整区域の中で住宅開発が許可される中、田畑が遊水機能を失い、道路冠水、家屋浸水が続く地域の整備が課題です。年度予算での整備すら、各地区のご要望に添えない現状、これから水害対策をどう推進していくのか。総合政策当局に中長期財政・政策的観点から考えを問いたいと思っています。

♥市議会議員は市政のチェックが仕事です。私のチェックポイントは、
①事業は「最小の経費で最大の効果」をあげているか
②行政課題の解消に住民の意見は反映されているか です。頑張ります。