記事一覧

政治のコミュニケーション一考

2019.07.06

アイコン

政治的マーケティング 政治広告

先日の新聞が政党がネット上で女性ファッション雑誌と組んだ広告企画について論じていました。私はネットの便利さは利用するものの、結構アナログ人間なので、家族間のLINEのほかSNS関係の情報ネットワークは使っていませんので、ネット上で何が起きているのかについて若干疎い傾向にありますが、この記事を元に少し考えてみたいと思います。

さて、新聞では、一政党の「政党広告」を取り上げ、政治的マーケティングの手法を論じています。現代の政治コミュニケーションで重要なのは「情報」より「情動」であり、「内容」より「つながっていること」が大事なのは日常のコミュニケーションと同じだと。「友達や家族との集まりはその行為に意味があり、話した内容は二の次です。選挙でも公約で判断せず、握手をした候補者に投票することがあるでしょう。広告にとってもつながることが大事で、メッセージ内容にさしたる意味はないはず」と大学教授。

今回の政党の行為も日頃接点のない女性に「つながり」を意識してもらおうと、身近な雑誌を使ったのではないかと分析。今日のようにマスメディアの影響力が大きくなるにつれ、政治家に取っても活動が「イベント」として報道されることが重要になり、今や政治自体が、SNSを含めたメディアの影響力を最大限に発揮することを目的に置いていると。

ふむふむ、確かにその傾向を強く感じますね。そして、「キャッチーな短文」。これが勝負です。しかし、確かにネットの威力は凄まじい一方、超アナログ現象として、政治や政治家が選ばれる基準が「握手」だったりもする。握手をした時に直感として信頼を感じることもあるでしょうから、一概に握手を否定するものではありませんが。

政治とは「政(まつりごと)ではありますが「祭り事」ではありません。私たちの大切な日常生活や権利を守る政治とは本来愚直なものだと思います。私もまだまだ力不足ではありますが、皆さまのお声を聞き、皆さまの思いを市政に届けるという本来の目的を見失うことなくこれからも愚直に精進してまいりたいと改めて思う次第です。また、それをご評価頂ければ本望です。

さて、明日は予てよりご案内の「松田まさよ意見交換会」を開催いたします。午後3時30分から幸手市コミュニティセンターにて。今回は改選後初めての集会として、議会の報告を少しと、地域の自然愛好家に幸手市の自然についてお話しをしていただく予定です。地方創生の第一歩は地域を知ることから。そして、皆さまとの意見交換では是非、皆さまのお声をお聞かせください。お忙しいこととは存じますが、万障お繰り合わせてご参集くださいますよう改めてお願い申し上げます。

♥私にとって唯一の"ネット情報ツール"であるこのブログももっと発信回数を増やさないといけませんね。皆さまにはいつもご訪問有難うございます。なお、明日の集会の設営にご協力頂ける方は3時にご集合願います。こちらもよろしくお願いいたします。