記事一覧

明後日は埼玉県知事選投開票日

2019.08.23

アイコン

25日は埼玉県知事選投開票日です

熱い戦いが静かに進んでいます。幸手市長選は10月9日の投開票と決まりましたが、その前に、今、知事選真っ只中の埼玉県。全県で戦う候補者が回る地域が広く、前回の参議委員戦同様、候補者の声を聞くことなく投票日を迎えるという方も多いものと思います。あまりに静かで選挙戦である事を忘れてしまいそうですが、候補者は真っ黒になって遊説されています。

以前、テレビ埼玉で候補者討論会を見た以外、他の候補者の肉声を聞く機会はありませんが、私は何度か青島候補の演説を聞く機会を得ました。先日もみずほ農協の駐車場にご本人が来られて爽やかに力強く訴えておられました。私は青島氏が唱える「チーム埼玉」という考え方に賛同です。埼玉県は64もの市町村があり、協調より群雄割拠という様態で、東京40キロ圏内は強い。勿論、各自治体、首長のご努力あってのことですが、東京一極集中の恩恵を未だ大きく受ける南部地域。また、西部、北部にも多様な魅力を持つ大小市町村もなかなか横の連携がなく、県内交流がもう少しあっても良いのではないかと常々感じている私は青島氏の考えを是非、押し進めてほしいと思います。
また、埼玉は農業県であるとも。そうなんです。昭和から平成にかけての東京のベッドタウンとしての役割はほぼ終わり、基幹産業の農業も大きな転機を迎えている幸手市。オール埼玉のチームの一員として、幸手市がもう一度輝きを取り戻すには農業の活性化も課題です。新たな魅力発掘の可能性を是非リードしていただきたいと思うわけです。

青島氏は県東草加市育ちだそうです。スポーツキャスターとして多くの著名人のインタビューもこなしてこられた方です。気さくなお人柄で、ご自分の顔を「草加せんべい。しかも醤油せんべい」と笑わせるなどウィットにも飛んでおられて。インタビュアーは相手の方の良いところを引き出すのが仕事。天性備わった選球眼や良いところ探しの能力を県政でも発揮していただき、人も埼玉県も輝かせてほしい。実は、幸手市のこともよくご存知なんですよ。そんなことで、上田県政、県南中心では光の当たりにくかった幸手市にも光を当てて下さるのではないかと密かに期待しています。

もちろん、私たちも努力が必要です。先ずは10月6日、交渉力と企画力ある首長を選出することが先決ですが、兎にも角にも県知事選。静かなる選挙戦は最終盤。前回のような低い投票率での信任は避けたいものです。政治は誰がやっても同じではありません。皆さまには是非、投票に行って下さいますよう。よろしくお願いいたします。

スマホ決済

2019.08.04

アイコン

7pay(セブンペイ)サービス 開始3ヶ月、異例の撤退

またまた、新聞固め読み中。今日2本目のブログです。7pay9月末異例の廃止撤退という時事問題。皆さまはいかが思われますか。

セブン&アイホールディングスは1日、東京都内で記者会見を開き、不正使用の被害があったスマートフォン決済「7pay」のサービスを9月末で廃止すると発表した。抜本的な対策が長期化する見通しで、利用者の不信の高まりからサービス継続は困難と判断したというニュース。

世の中はキャッシュレス決済の時代に突入。どこもここも新たなカードやアプリ開発で、さらにポイント還元などを使って顧客や顧客情報の囲い込みを進めているという世の中。そんな社会の動きになかなか着いていけない私ですが、例えば、イ ○ンカードとかヨー○ドー、T○ード、それに近所のス○カードなどのカードをポイントカードとしてのみ使っています。決済まで伴っているのは以前からあるクレジットカードとスイカくらいです。私の生活様式の中ではそれだけのカードがあれば万能です。そもそも、新しいカードがないと不自由ということはありません。しかし、余談ですが、スイカはスグレモノですよね。開発した人はスゴイ。

元々アナログタイプでデジタル不感症という私が難しい世の中だなあと実感した出来事として。私の住んでいる住宅団地には集合アンテナのシステムが導入されていたのですが、機器の老朽化などの諸事情により一昨年、その機能が解約され、個々人宅でアンテナをつけないとテレビが観られない事態となりました。テレビが観られないというのは結構キツイ。いろいろな情報があって、さて、どうしたものかと思案して家人に聞いたら、 なんと、我が家は光ケーブルを入れていたので何の手続きも不要。そのまま移行できました。

こんなことすら、家人に聞かないとわからない始末。今の時代、電器やデジタルに強いという女性もいらっしゃるかもしれませんが、これからさらにデジタル系の新サービスに順応しなければならない世の中になったとしたら…、思いやられますね。

さて、7payに話しを戻すと、7月末時点での被害は全国の利用者808人。被害総額は計約3861万円となるようですが、100%補償されるらしいです。今回の撤退には、経営陣の責任が問われ、新聞も経営陣のデジタル音痴振りが露呈されたと手厳しい批評。いやいや、こんなサービス合戦を制するにはどのような経営判断が必要なのか。新サービスを問題なく世の中に送り出せて当たり前と思っていますが、それがいかに大変なことか。顧客満足以前に失敗は許されない。厳しい世界です。本当に緻密な計画なく出来ないことですね。開発とは、社運をかけた命がけの勝負です。
サービス開始から3ヶ月で800人以上の方が新サービスの契約をされていることにも驚きます。皆さんの中にも契約されたという方はいらっしゃるのでしょうか。私が仮にも誰かに勧められて契約して被害に遭ってしまったら、果たして補償にまで行き着けるかどうか…。勧誘の怖さは今更ですが、サービスを作る方も使う方も責任を持って理解して取り扱わないといけませんね。

さて、4月に行われた全国学力テストの結果が公表されました。幸手市の結果はまだ確認していませんが、全国的評価や課題が分析されています。私は点数至上主義ではありませんが、これからの社会を生き抜いていく素地の養成は義務教育の責務です。どのような力がついているのか、不足しているのか。そんなことを探るため、次のブログでは全国学力テストを取り上げてみようと思っています。

期日前投票率

2019.07.24

アイコン

参院選期日前投票

先日の参院選の期日前投票の結果について確認しました。

期間 7/5〜7/20 16日間
期日前投票者数 6920人
総投票者数 20776人

総投票者数に対する期日前投票者数の割合は33.6%
当日有権者数43875人に対する割合は15.8% という結果でした。
私も今回は期日前に投票しました。期日前投票制度がなかったら約7000人の方が全て投票しなかったかというとそんなことはないかも知れませんが、投票率の向上に少なからず貢献している制度と言えますね。

さて、ネット選挙が解禁されて6年経ちますが、投票率は改善されておらず。今後はネット投票なども検討材料として総務省でもマイナンバーを使った投票の実証実験を始めているようです。今はまだ諸課題あり導入には及んでいませんが、「AKB総選挙などネット投票の技術は確立されているが、本物の選挙はハードルが高い」と専門家。

ネット投票の信頼性を向上させるにはもう少し時間がかかりそうですが、いずれはきっと。そうなると有権者と候補者の関係も大きく変化する?
良い変化を期待したいですね。

幸手市の結果

2019.07.22

アイコン

幸手市の開票結果について

さて、前号に引き続いて幸手市の投票結果について。先にもお話ししたように、昨夜は開票立会人は午後8時30分にアスカルに集合。8時の投票締め切り後、各投票所から鍵のかかった投票箱が次々運び込まれ、9時から開票が始まりました。開票は市の職員が選挙区と比例区の二手のテーブルに分かれて同時並行で作業が行われます。私は比例区の立会人でした。

県選出議員選挙は午後11時5分に確定。
当選人は、
古川俊治 6,295票 矢倉かつお 4,881票
くまがい裕人 3,264票 伊藤 岳 2,235票

比例代表選出議員選挙は午前2時5分に確定。
以下は総得票数と得票率、名簿登録者の得票数の抜粋です。(総得票率の多い順)
自由民主党 6878.256票 33.82% (名簿登録者の得票数 1412.256票)
公明党 3736.000票 18.37% (133.000票)
立憲民主党 3661.600票 18.00% (405.600票)
日本維新の会1469.000票 7.22% (144.000票)
国民民主党 920.000票 4.52% (272.000票)
れいわ新撰組 739.000票 3.63% (299.000票)
この後、NHKから国民を守る党、社会民主党、安楽死制度を考える会、幸福実現党、オリーブの木、労働の解放を目指す労働者党と続きます。詳しくは市選管HPでご確認下さい。
有効投票数20338票、無効投票438票、投票総数20776票。白票が400票ほどありました。投票に行かなかった方もさる事ながら、投票場にまで足を運びながら白票が投じられることも政治の重い課題です。

最後に、気になる投票所別投票率ベスト5は、
❶コミセン会場 66.70%
❷中央公民館会場 51.10%
❸幸手小会場 48.62%
❹北公民館会場 48.11%
❺八代小会場 47.11%
でした。市全体の投票率は47.33%。コミセン会場はいつもながらダントツです。期日前投票については情報がありませんが後日情報収集したいと思います。

さて、政治にどんな思いを託すかは皆さまそれぞれかと思いますが、今年は幸手市は選挙イヤー。この後も県知事選、市長選と続きます。私たちの生命と財産を守り、現在から将来を見越した安心生活を守るのが政治です。皆さまにはこれからも身近な政治に関心を持ち続けていただきますようよろしくお願いいたします。

参院選2019選開票結果

2019.07.22

アイコン

投票から一夜明けて

遅ようございます。今朝は午前2時まで開票立会人としてアスカルにいました。残務を終えて家に戻ったのが午前3時。少しボーっとした頭でこのブログをまとめていますが、もうこんな時間に。開票立会いの間は選挙速番などとは隔離されていましたので、手元の情報以外、よく分からない状態です。すでにテレビや新聞、市のHP、ネットからいろいろな情報をGETされている方もおられるでしょうから、新しくない情報となりましたらお許しを。

まず、この選挙の総括として、以下、ネット情報を要約したいと思います。

今回の改選数は公職選挙法改正により、選挙区で1、比例で2増え、選挙区の定数は245議席に。このうち、この度の選挙では選挙区215人、比例155人の計370人が立候補し、124議席(選挙区74議席、比例50議席)が争われました。
結果は、自民57(-9)、公14(+3)、立憲17(+8)、国民6(-2)、共産7(-1)、維新10(+3)、社民1、諸派3(+1)、無所属9(+5)。
自民は改選66議席に届かなかったものの選挙区38、比例代表19の計57議席を獲得。公明は7選挙区に擁立した候補者全員が当選し、比例と合わせ過去最多だった前回の14議席に並んだ。全国32の改選数1の「1人区」では立憲、国民、共産、社民の4野党が立候補者を一本化。結果は自民の22勝10敗で3年前の21勝をわずかに上回った。
立憲は選挙区9、比例8を確保。国民は選挙区3、比例3の計6議席に留まり明暗が分かれた。共産は選挙区3、比例4で改選議席を1減らした。一方、維新は初めて東京、神奈川で勝利するなど、選挙区で5議席を獲得。比例でも5議席を積み上げ、改選7を上回った。社民は比例で1議席を死守、得票数2%による政党要件も維持し、吉田元党首が国政復帰を果たした。一方、山本太郎氏が率いるれいわ新選組は比例で2議席を獲得。NHKから国民を守る党も1議席を得て、ともに政党要件を満たした。と、このような状況です。

と、ここまで書いてお昼のテレビをつけてみましたが、ワイドショーはトップニュースが吉本騒動で少しがっかり。

続いて埼玉県の状況です。公選法改正で改選数が1増の4となった埼玉選挙区は、自民党現職の古川俊治氏がトップで3選を果たし、自民から推薦を受けた公明党現職の矢倉克夫氏も再選を決め、自公で2議席を維持。野党は参院選初挑戦の立憲民主党新人の熊谷裕人氏と共産党新人の伊藤岳氏がそれぞれ初当選。投票率は前回より5.45ポイント低下し46.49%という状況です。

次に幸手市についてですが、少々長くなってきましたので、幸手市の結果は次号で。

ページ移動