記事一覧

九州南部大雨

2019.07.06

アイコン

鹿児島で土砂崩れ、避難所1617カ所8489人が避難

近年、豪雨災害が多発しています。特に九州や中国、近畿などが前線の経路となることが頻発しています。昨日5日の埼玉新聞が記録的大雨になった九州南部地域の状況を伝えています。

気象庁によると4日はトカラ列島の鹿児島県十島村で1時間に77ミリ、三重県鳥羽市で60.5ミリ、長野県飯田市で56.5ミリの非常に激しい雨を観測、最大瞬間風速は東京都の三宅島で26.7メートル、静岡県御殿場市で25.9メートルを観測したとしています。
総務省消防庁のまとめでは、住宅被害は石川、熊本、宮崎、鹿児島4県で全壊6棟を含む232棟に生じた。避難指示対象者は4日午前4時半時点の計1,104,237人、鹿児島宮崎両県が最多に。
避難所は同午前4時半時点で鹿児島など1府9県に1617カ所でき、8489人が身を寄せたと。気象庁によると前線の影響による6月28日の降り始めからの総雨量は宮崎県えびの市で1089.5ミリ、鹿児島県鹿屋市で901ミリ、熊本県湯前町で612ミリ、曽於市では3日だけで421ミリの雨が降り1977年以来の観測史上1位の値を更新していたということです。

もし、このような規模の大雨が幸手市を直撃したら私たちはどうしたらいいのか。幸手市の場合は山がないので土砂崩れが起きることはないものと思いますが、問題は海抜7メートル以下という地形で吐ききれない雨水の影響です。幸手市の避難所はどこもそんなに高い場所はなく、さらに雨が溜まり出した後での避難は相当に困難となることが想定されます。

地震、大雨など自然災害に100%備えるのは難しいことですが、しかし、心構えがあるのとないのでは大違いです。まずはハザードマップを確認して下さい。自分の逃げる場所はどこか。誰に声をかけるか。持ち物は。大災害は誰の身にも起きること。自分の身に置き換えて、そんなことをぜひ見直して行くことが大切です。