記事一覧

熊本豪雨

2020.07.07

アイコン

九州で記録的大雨続く 改めてハザードマップ等身近な避難行動をチェック

停滞する梅雨前線の影響で、九州地方は記録的な大雨が続いています。九州山地を源流とする球磨川で発生した決壊・氾濫は計12カ所にも。そのいずれもが「重要水防箇所」指定地と重なっており、避難指示対象が122万人という大災害に。あっという間に水かさが増し、着の身着のまま避難したと振り返る住民の方。周辺のライフラインは大きく喪失し、さらに今後も100ミリ、200ミリという大雨が続くことが予測されています。

関東地方でも2017年の関東・東北豪雨により鬼怒川が決壊。常総市などで大きな被害が発生しました。幸手市では昨年秋の台風19号で利根川が栗橋観測地点で氾濫危険水位を超え、避難勧告が発令されましたが、この時は完成直後の八ッ場ダムと雨雲の滞留がなかったことに助けられ、難を逃れました。仮に、大雨が続いていたら関東平野一体が大きな被害を受けていたかも知れません。
この度の豪雨で被災された皆さまにお見舞いを申し上げるとともに、私たちもハザードマップなどを確認し、いざという時の行動をご家族で是非、話し合っておいていただきたいと思います。

幸手市洪水ハザードマップより主な項目のみ掲載いたします。内容は各自お確かめください。
❶避難時の心得
〜万一、避難することとなったら冷静に状況判断しながら安全な避難を心がけて下さい〜
▪️正確な情報収集と自主的避難を
▪️避難の呼びかけに注意を
▪️お年寄りなどの避難に協力を
▪️2人以上で早めの避難
▪️車での避難は控えて
▪️堤防に車を放置しない
▪️靴は運動靴で足元の安全を確認しましょう
▪️アンダーパスの浸水
▪️万一、逃げ遅れたら

❷日頃からの備え
〜台風や集中豪雨はある程度予測できる災害です。情報を入手し、しっかりした準備をしておきましょう〜
▪️風水害に備えておくべきこと
・建物などの事前準備
・家族の準備

❸情報の入手
〜幸手市を始め、国土交通省や埼玉県では気象・河川などの防災情報をホームページなどでお伝えします。正確な情報を入手し早めの避難を心がけましょう〜
▪️災害時に備える防災知識をインターネットで入手
・幸手市ホームページ
・熊谷地方気象台
・国土交通省(リアルタイム)川の防災情報
・国土交通省利根川上流河川事務所
・国土交通省江戸川河川事務所
・国土交通省荒川上流河川事務所
・埼玉県内の雨量・水位

❹水位の見方

❺わが家の防災メモ
・わが家の避難場所
・家族・親戚の連絡先
▪️備蓄品(非常用持ち出し品)のチェック表

♥ハザードマップをお持ちでない方は幸手市のホームページ 危機管理防災課でご確認ください。

♥♥なお、❸については、幸手市では防災無線の内容を手元の携帯電話等で受けられる「防災メール」の登録を推進しています。登録方法もホームページの危機管理防災課サイトに掲載されていますので是非、ご登録を。私も登録しています。また、6月議会の一般質問で防災対策の強化について取り上げました。その中で、防災メールの登録推進(情報の受け手を広げる)と共に、防災メールでどんな情報が提供できるのか、手元情報の整理、発信内容の研究・充実を求めました。

♥♥♥さらに、6月議会の一般質問では、課題(避難場所開設の不手際・不統一な対応など)を残した昨秋の台風19号の反省を受けて宿題となっていた避難マニュアルについても確認。答弁では、宿題の「避難所運営マニュアル」は作成が完了し、今後は運営について地域の方や避難場所・避難所の施設管理者と協議を詰めで行く段階とのことでした。一歩前進です。手始めとして、今月は危機管理担当者が区長会に出向いて今後の避難について協議を始める手筈とのこと。九州の状況をみると、今まで以上の備えが必要です。さらに、避難所・避難場所でのコロナ対応のガイドラインが埼玉県から示されているとのこと。幸手市でもガイドラインを参考に対応を加えるとしています。コロナ3密回避にはこれまで以上にスペースが必要で、改めて避難所指定の拡大も協議していかなければならないとの答弁でした。

♥♥♥♥自然災害の全てをコントロールするのは不可能ですが、平常時に「危ない」と感じる課題にはできる限り事前に対応し、備えを充実しておく。「自助・共助・公助」それぞれの立場でしっかり準備してまいりましょう。

防災講話

2019.12.01

アイコン

地域の防災訓練

今日は私の住んでいる地域では、地域清掃の後、恒例の防災訓練がありました。その中で市の防災担当課の職員を講師に防災講話がありましたので簡単なまとめですが、皆さまにもお伝えしたいと思います。

【防災講話】

①自助・公助・公助
◆「公助」
・災害時に、思うように動けないということがわかってきた。公共も地域で同じように被災する→活動を保障できない。交通の分断、電話がつながらない→職員が行動に移せるか→★実際の救助につながっていかない
・阪神淡路大地震時、被災15分以内に命を失う"圧死"が多かった。救助がくるまでに地域でどう安全を守っていくか。→公的救助を待つのはナンセンス

◆活動の切り口「共助」
❶自主防災組織
・地域を知っている人 隣近所の集まり=どこかでつながっている→普段から集まれる環境づくりが大事
・活動の際は、身の安全確保→家族・地域の安否を確認→避難行動を。

◆避難行動「自助」
・冷静ではない環境→機械的に動けるように→決まったパターンを体に馴染ませる=日頃から訓練
・3日を超えると命のリスクが高まる→正確な情報がスピーディーな救助につながる
⭐️避難時の持ち物→「自分の命を守るもの」身の安全・命を守るグッズ優先。避難した後ひよっとしているものは後回しで→独自に必要なもの(薬・メガネ・入れ歯など)や代わりが効かないもの→普段使っているものをいかに持って行くか
⭐️洪水時の車移動は🆖→極力使わないプランを考えておく

②ハザードマップ
◆利根川・江戸川・荒川の氾濫を想定→香日向2〜5m
*避難行動をとるときは
 ⭐️どこから水が来るのか。避難の方向を知る
 ⭐️避難場所、避難ルートは家族で複数確認しておく
 ⭐️避難する場合は、家族で避難所の合流場所を決めておく

このような内容でした。
災害については、「自助7 共助2 公助1」と言われています。自助の大事さに納得を感じる講話でした。そして、実は、このような会に出かけて、普段から地域に"顔を見たことのある人"を増やしておくことも大事なんですね。易しい言葉でしたが、大事なことがたくさん伝えられました。正直な話し、そこまで公助が頼れないのかと、若干ショッキングでもありましたが、避難行動をどうとるかは自分なんだなと改めて感じました。今日のニュースが東日本大震災で避難の不手際を問われた大川小の賠償確定を伝えています。責任。難しいですね。
公助を担う行政にはどんな使命があるのか。実はこれは他山の石にあらず。これこそ、幸手市において今回の台風19号が突きつけた課題です。これについては自主避難とは別のステージとして詰めておく必要ありです。

それはさておき、避難時の持ち出し品については、ひょっとしているかも、というものではなく、例えば、薬や入れ歯などの常時使っているものをいかに持ち出すかが大事というのは合点でした。確かに。いつも使っているものは机の上にありますから、代替の効かない、独自のものをきちんと持ち出すテクニックは必要ですね。

また、会場では自主防災組織の備蓄品の展示、東部消防組合職員による救急救命、初期消化の訓練の指導もありました。役員、関係の皆さま、ありがとうございました。

幸手駅東口エレベーターその後

2019.10.23

アイコン

部品入手 明日工事の予定

先日お伝えした台風19号の影響で停止中の幸手駅東口エレベーターですが、部品が手に入り、明日には工事が行われる予定との情報。比較的早く部品が調達できて良かったです。大変ご迷惑をおかけいたしました。最終的な原因究明の結果については明日以降確認いたします。

幸手駅東口エレベーターにも台風の影響

2019.10.21

アイコン

ただ今停止中 原因解明を急ぐ

幸手駅をご利用の皆さまには既にご承知のことと思いますが、先の台風で幸手駅東口のエレベーターが止まっています。まだ復旧に至らずたいへんご迷惑をおかけしていますが、原因と対応について金曜日に確認ができましたので遅れ馳せながらお知らせいたします。

エレベーターが動かなくなった原因は、エレベーターの下に掘り下げられているピットに大量の雨水が流入し、据え付けられた電子部品が水に浸かってしまったことによるものです。他の駅等でも同様の原因で同タイプのエレベーターが複数故障しているらしく、交換部品の取り寄せにはもう少し時間がかかるということのようです。

工事が始まる前、設計図を見た時に外付けのエレベーターでありながらひさしが少し小さいような印象でしたが、それにしてもです。暴風でいくら雨がピットに吹き込んだとしてもピットの大きさが縦横約2m×2mもあり、そこに深さ約70cmもの雨水が溜まるというのは余りに大量。ドアの隙間からの流入だけでは考えにくいと担当課も首を傾げています。
部品交換を急ぐのと並行してさらに詳細に調査中とのことですが、修理にもう少し時間がかかりそうです。皆さまにはご不便をおかけいたします。車椅子等での駅のご利用には今しばらくは西口への送迎をお願いいたします。

さて、自由通路は3月に幸手市に引渡されてまだ半年です。想定外の自然災害なのか、構造等に問題はないか。様々な観点から慎重に原因を究明していただきたいと思う次第です。

幸手市HP更新

2019.10.19

アイコン

改めてHPをチェック

先日来、台風19号の対応について続けて書き込みをして来ましたが、今日は市のHPについて。避難勧告が出された当時の市のHPやネットでの情報発信のあり方などについては市民の皆さまにもいろいろなご意見があろうかと思います。

昨日、改めて市のHPをみると、検証の一環なのかどうか、新しく外部リンクが貼られるなど、更新がされていました。9月3日にも更新履歴あり。これから防災は自治体にお任せではなく、住民の自主的判断を喚起する方向にシフトされそうな中、必要かつ重要な情報が手元でサクサク検索できることは良いことだと思いますが、住民が詳細な情報を知るということは、逆に、自治体には住民の自己判断に足る避難環境整備や身近な情報提供、指示の的確性など、さらに高いハードルを求められるとの覚悟が必要です。

ご関心のある方は市の危機管理防災課のページをご確認下さい。そして、自分ならこの情報をどう使うか。是非、ご考察を。

ページ移動