記事一覧

九州南部大雨

2019.07.06

アイコン

鹿児島で土砂崩れ、避難所1617カ所8489人が避難

近年、豪雨災害が多発しています。特に九州や中国、近畿などが前線の経路となることが頻発しています。昨日5日の埼玉新聞が記録的大雨になった九州南部地域の状況を伝えています。

気象庁によると4日はトカラ列島の鹿児島県十島村で1時間に77ミリ、三重県鳥羽市で60.5ミリ、長野県飯田市で56.5ミリの非常に激しい雨を観測、最大瞬間風速は東京都の三宅島で26.7メートル、静岡県御殿場市で25.9メートルを観測したとしています。
総務省消防庁のまとめでは、住宅被害は石川、熊本、宮崎、鹿児島4県で全壊6棟を含む232棟に生じた。避難指示対象者は4日午前4時半時点の計1,104,237人、鹿児島宮崎両県が最多に。
避難所は同午前4時半時点で鹿児島など1府9県に1617カ所でき、8489人が身を寄せたと。気象庁によると前線の影響による6月28日の降り始めからの総雨量は宮崎県えびの市で1089.5ミリ、鹿児島県鹿屋市で901ミリ、熊本県湯前町で612ミリ、曽於市では3日だけで421ミリの雨が降り1977年以来の観測史上1位の値を更新していたということです。

もし、このような規模の大雨が幸手市を直撃したら私たちはどうしたらいいのか。幸手市の場合は山がないので土砂崩れが起きることはないものと思いますが、問題は海抜7メートル以下という地形で吐ききれない雨水の影響です。幸手市の避難所はどこもそんなに高い場所はなく、さらに雨が溜まり出した後での避難は相当に困難となることが想定されます。

地震、大雨など自然災害に100%備えるのは難しいことですが、しかし、心構えがあるのとないのでは大違いです。まずはハザードマップを確認して下さい。自分の逃げる場所はどこか。誰に声をかけるか。持ち物は。大災害は誰の身にも起きること。自分の身に置き換えて、そんなことをぜひ見直して行くことが大切です。

西日本豪雨から一週間

2018.07.13

アイコン

15府県 避難者なお7085人

 平成で最悪の被害となった西日本豪雨は、大雨特別警報が広島、岡山などで発表されてから今日で一週間が経とうとしています。

 国交省によると、鉄道では11鉄道事業者の26路線が運休、停電は一部を除いてほぼ復旧したものの、水道は11府県の23万5000戸で断水が続き、国道は68路線185区間が土砂崩れなどで寸断されているということ。
 土石流などの土砂災害は31道府県の519件、床上・床下浸水などの住宅被害は2万4150棟に。今後もまだ増える見通し。現在も15府県の約4万7600世帯に避難指示・勧告などが出され7000人以上の方が避難されており、文科省によると、公立学校の休校は現在257校で続いているということ。

 また、気象庁によると気温が35度近くに上昇する地域もあり、厚労省は、東日本大震災時に新設された「災害時健康危機管理支援チーム(DHEAT=ディーヒート)」を岡山県に派遣したということです。

 厳しい現実です。

自然の猛威

2018.07.08

アイコン

豪雨 岡山や広島では”経験のない”事態に

 観測史上稀にみる早い梅雨明けが宣言された関東地方。しかし、西日本から東日本にかけて停滞した梅雨前線が活発化し、山口や広島など西日本を中心に「数十年に一度」という記録的な大雨が襲い、多くの方が被災されました。

 気象庁によると、特別警報を一度に8府県に発令したのは初めてで、多くの地点で72時間雨量が観測史上1位となったということ。

 近年の災害の猛威は驚異的ですらある。「いずれ月に移住します」という方以外、この地球で生きていくしかない私たちです。台風の巨大化は日本だけのことではありません。なぜ、このようなことが起きるのか。「他人事」ではなく「自分事」として考えていかねばなりません。

 専門家の皆さんには気象の観点のほかにも、環境、国土・土地利用などあらゆる視点から原因究明を。国会議員、都道府県議会の先生方には地域に応じた対策を。もちろん、市議会議員も同様です。
 そして、私たち一人一人に何ができるか。こと、環境面に関しては江戸時代、日本は世界でも気宇な「エコロジー社会=資源循環型社会」を構築していました。その精神を引く現代日本人の英知を集めれば何かできるはず。
 
 人類は常に「進化」を目指して今日まできました。しかし、最近の状況をみると、私たちはこれまでの「進化」の定義を見直すというくらい大きな視点で、地球規模の問題として、災害の原因究明と対策を議論しなければいけないのかもしれません。

 暑い夏。クーラーを節約しろというのではなく、引き算の法則で。まず、自分が贅沢しているな、というところから見直す。引き算をしても大丈夫なところから引き算を実践する。個人の小さな積み重ねが大きな結果につながると信じて、自分には何ができるかを考えるきっかけにしようではありませんか。

 国は災害対策本部を立ち上げ救命救助にあたるとしています。被災地の皆さまにはたいへんなことと思いますが、救援を信じて頑張っていただきたいと思います。

台風3号

2017.07.06

アイコン

幸手市 床上浸水1棟 床下浸水2棟

 昨夜の大雨被害について

 昨日の台風3号では、埼玉県全域に大雨・洪水警報が発令され、道路冠水最大33カ所、床上浸水1棟、床下浸水2棟は全県で3棟で、そのすべてが幸手市内での発生でありました。

 一体いつになったら安心できるのか。何度も何度も浸水に見舞われる地域の皆さまの心情は察するに余りあり。私も何度も市に水害被害の推進を求めてきました。私が要望しているのは、まず、水路の現状調査です。幾つかの水路が繋がって1本の水路を形成している中のどこに問題が発生するのかを調査して対応を考えるべきではないかと訴えています。
 現在、市は治水対策の軸として「調整池(ため池)構想」を掲げていますが、長大な計画であり、財源確保も未知数です。私はもっと身近な対策で、迅速に対策をしていくべきだと考えています。

 さて、昨夜の見回り時の写真を掲載します。暗くて見にくいのですが、深夜のわんわん公園周辺、牛村橋周辺、中5丁目川崎地区との境界周辺の状況です。牛村橋周辺で水位を測る職員2名に遭遇。中5川崎境界周辺では水の中に乗用車が止まっていましたよ。

ファイル 920-1.jpg ファイル 920-2.jpg
ファイル 920-3.jpg 

昨夜は河川の水の悪臭が気になりました。どぶ川のニオイというか、治水対策と水質浄化も課題ですね。
 

台風9号情報

2016.08.23

アイコン

幸手市HP 災害時情報より

 昨日の台風9号に関する情報です。

  幸手市HP⇒防災安全課⇒災害時情報提供(台風9号)

   累積降雨量   117.0mm(22日)
   1時間最大降雨量 28.5mm(22日12時~13時)
   最大瞬間風速   29.4m/s(22日16時台)

 県内では西部地域を中心に河川の水があふれ、浸水被害が相次いだと今日の埼玉新聞。市のHPには掲載はありませんが、幸手市内でもやはり水害常習地において浸水・冠水で通行止めとなった場所が幾つか発生しています。今もまた、雨音が大きくなってきました。テレビでは、関東地方は大気不安定な状況にあると。幸手市のピンポイント天気予報では大雨・洪水警報、雷注意報が出ています。今夜は非常に激しい雨の恐れあり。心配な夜が続きます。

 

ページ移動

  • << PREV
  •   NEXT >>