記事一覧

参院選2019選開票結果

2019.07.22

アイコン

投票から一夜明けて

遅ようございます。今朝は午前2時まで開票立会人としてアスカルにいました。残務を終えて家に戻ったのが午前3時。少しボーっとした頭でこのブログをまとめていますが、もうこんな時間に。開票立会いの間は選挙速番などとは隔離されていましたので、手元の情報以外、よく分からない状態です。すでにテレビや新聞、市のHP、ネットからいろいろな情報をGETされている方もおられるでしょうから、新しくない情報となりましたらお許しを。

まず、この選挙の総括として、以下、ネット情報を要約したいと思います。

今回の改選数は公職選挙法改正により、選挙区で1、比例で2増え、選挙区の定数は245議席に。このうち、この度の選挙では選挙区215人、比例155人の計370人が立候補し、124議席(選挙区74議席、比例50議席)が争われました。
結果は、自民57(-9)、公14(+3)、立憲17(+8)、国民6(-2)、共産7(-1)、維新10(+3)、社民1、諸派3(+1)、無所属9(+5)。
自民は改選66議席に届かなかったものの選挙区38、比例代表19の計57議席を獲得。公明は7選挙区に擁立した候補者全員が当選し、比例と合わせ過去最多だった前回の14議席に並んだ。全国32の改選数1の「1人区」では立憲、国民、共産、社民の4野党が立候補者を一本化。結果は自民の22勝10敗で3年前の21勝をわずかに上回った。
立憲は選挙区9、比例8を確保。国民は選挙区3、比例3の計6議席に留まり明暗が分かれた。共産は選挙区3、比例4で改選議席を1減らした。一方、維新は初めて東京、神奈川で勝利するなど、選挙区で5議席を獲得。比例でも5議席を積み上げ、改選7を上回った。社民は比例で1議席を死守、得票数2%による政党要件も維持し、吉田元党首が国政復帰を果たした。一方、山本太郎氏が率いるれいわ新選組は比例で2議席を獲得。NHKから国民を守る党も1議席を得て、ともに政党要件を満たした。と、このような状況です。

と、ここまで書いてお昼のテレビをつけてみましたが、ワイドショーはトップニュースが吉本騒動で少しがっかり。

続いて埼玉県の状況です。公選法改正で改選数が1増の4となった埼玉選挙区は、自民党現職の古川俊治氏がトップで3選を果たし、自民から推薦を受けた公明党現職の矢倉克夫氏も再選を決め、自公で2議席を維持。野党は参院選初挑戦の立憲民主党新人の熊谷裕人氏と共産党新人の伊藤岳氏がそれぞれ初当選。投票率は前回より5.45ポイント低下し46.49%という状況です。

次に幸手市についてですが、少々長くなってきましたので、幸手市の結果は次号で。