記事一覧

営業利益98.5%減

2019.07.28

アイコン

日産4〜6月期の業績悪化 営業利益16億円

7月26日朝刊より

私では理解できない数字が経済紙、一般紙の一面に。四半期にせよ、世界企業の営業利益が前年同月比99%も減となることはどういうことなのでしょうか。事業改善にかなりな大鉈が振るわれたということなのでしょうか。今更ながら26日の新聞を見てびっくりしています。

我々ごとき部外者が、あまりこのお話しに深入りすることは慎みますが、これらの数字をもとに、今後1万2500人の人員削減をするということです。

調べてみると、会社の利益にはいろいろあって、営業利益だけで経営状況を判断するものではないようですが、しかし、これによって、海外工場の閉鎖を含め世界14工場で生産調整し、コスト削減を急ぐ。国内でも福岡県と栃木県の工場で合計880人の期間採用を抑制。雇用を減らすことになるとの報道。社員の方はもちろんのこと、日産城下町の自治体は気が気ではないものとお察しします。

自動車大手の構造改革が相次いでいるということですが、多くの業態が構造改革が迫られている現在。自由主義経済の中で、また、未来予測不能な時代に、多くの従業員や家族の人生を預かる社会の公器として、会社首脳陣には是非、活路を見出していただきたいと思います。

このような血の滲む企業活動から生み出された利益から納められる税金で私たちの生活は支えられています。それは幸手市でも同じです。公共機関も同じ社会的公器であり、無駄を省き、効果的、効率的な財政運営がますます求められる。そんな時代性をひしひし感じる報道です。

♥さて、今から埼玉県知事選立候補者の集会に出かけます。政治は誰がやっても同じでありません。私たちの代表を選ぶ選挙です。しっかり見極めて来たいと思います。