記事一覧

幸手境線バイパス開通に向け

2019.07.29

アイコン

埼玉幸手・茨城五霞両県を繋ぐ道路整備促進期成同盟会「一般道幸手・境線バイパスの建設促進に関する要望」提出のため茨城県庁へ

長い題名になりました。今日は午後から上記要望のため茨城県庁に行って来ました。この要望活動は両市町の首長、両県県議、住民代表、議会議長、議会建設関係委員長と執行部の関係部課長などが毎年、埼玉県庁と茨城県庁を交互に訪れて要望を提出して来ました。当路線は両市町が抱える道路インフラ諸問題(慢性渋滞・大型車の一般生活道路への迂回・通過交通など)の解決と周辺地域のポテンシャルを高める重要な道路とされ、五霞土与部・小福田線→都市計画道路幸手五霞線→杉戸高野台駅を結びます。
工事は着々と進み、今は中川に架かる新橋(埼玉県側が施工)も上部橋を架けるまでに進捗。来年度には開通が見込めるまでになっています。

私はこの度は建設経済常任委員長として4年前と合わせて2度目の茨城県庁訪問となりました。茨城県庁の所在地の水戸は遠いですね。しかし、今回は前回と違って圏央道が開通したことで常磐道への乗り継ぎがスムーズで、幸手から片道約1時間半で往来できました。

昔から「まちづくりは道づくり」と言われますが、今日は道が繋がる利便性を実感した次第です。私もこれまで幸手市の都市計画道杉戸・幸手・栗橋線」の北神整備を求めて来ましたが、なかなか進展に至らず。この道路は私が引っ越してきた当時から「いずれは」とされて来ましたが、かれこれ30年が。しかも計画が進展しないどころか、今では生活道路が通過交通の抜け道となりとても危険性が増しています。こちらも幸手市の都市計画の大きな課題の一つです。