記事一覧

看過できない言葉

2019.09.21

アイコン

経年劣化

一昨日の建設経済常任委員会の決算審議。建設して2、3年しか経たない建物の修理費に対する答弁で「経年劣化」という言葉が使われ波紋を残しました。

建設して2、3年しか経たない建物で雨漏りが発生。今回、市は雨漏りの調査を施工業者以外の業者に発注。ボルトの経年劣化が原因だと言われ市費で修理した、ということ。「2年で経年劣化」…?。この言葉が発せられた時、委員会室がざわつきました。その後もさらに質疑応答がなされましたが、答弁は一貫して経年劣化と判断したと。「2年で経年劣化との判断は市民感覚とズレている」との厳しい指摘もありましたが、最後は部長から今後の反省材料とするとの反省めいた答弁があり決算は認定されました。委員長として質疑応答を調整しながら、今回のシュチュエーションでの経年劣化という言葉は私にもなんとも違和感の残る言葉の使い様です。

委員会審議の内容は本会議で委員長が報告書を調製して読み上げますが、私が委員長として責任を持って報告するために、調製の前にもう少し事実確認を試みたいと思っています。