記事一覧

行政の分限懲戒処分

2019.09.27

アイコン

一般質問で求めていた広島事件 市行政の総括

市長の広島逮捕がお盆前に発生。速やかな市長退任を得たことで議会は通常予定通りの開催となり、22日には「市政に対する一般質問書」を慌ただしく提出。私は1項目目に平和記念式典派遣事業を取り上げました。質疑応答の中で、処分を含め行政も反省すべきは反省し、必要な処分をし、また、事業のあり方を見直して来年度の事業継承に繋げて欲しい旨要望し、職務代理者(副市長)から議会最終日までに分限懲戒委員会で処分を決定し報告するとの答弁があったことはすでにご案内の通りです。

昨日の議会開会前、その結果が公表されました。9月25日に委員会を開催。関係職員には厳しいことですが、処分が決まりました。処分執行は選挙後新市長の"初仕事"となるようです。この事件の終わり方として、象徴的ですね。私は、職員には良くなかったことは真摯に反省し、処分を受け止め、新たな気持ちで市民のための仕事に邁進して欲しいと思います。

【懲戒処分の内容】
❶前市長に同行していた職員
・秘書課長…減給 1/10 3ヶ月
・人権推進課職員…勧告

❷決済者
・人権推進課長…訓告(口頭注意)
・総務部長…訓告(口頭注意)

この処分を厳しいとするか甘いとするか。判断はいろいろかと思いますが、私は妥当と思います。末端の現場職員だけではなく、決裁者にも処分が決定されたことは評価するものです。

改めて。組織や個人を守るには厳しさが必要です。今回、私が処分を要求しましたが、これは本来なら市長に近い議員団が行うべきことです。それが支え手の現市政に対する愛情と使命です。必要なことも言えないから裸の王様を産む。

ダメな根を断ち切る。この厳しさのない組織は人も組織も守れない。最後は市民が犠牲です。ダメな根に気付かず、さらに甘い汁を吸わせれば根は必ず腐り、本体を腐食させるのです。やらねばならないことを適格者が的確に判断するまちは、行き先はいろいろあっても自浄作用が機能するまちと言っても過言ではないと思いますがいかがでしょう。

いつ、いかなる時も臆さず言うべきは言う。これは私のモットーです。いい人じゃいられない。当然敵も多いしいやがられもしますよ。でもそれも覚悟の上。そんな人は必要。いろいろ覚悟の言論活動です。