記事一覧

続報 懲戒処分 何が起きているのか

2019.10.09

アイコン

またもや 懲戒処分事案発覚

新市長の初仕事として、広島事件の後始末があるとお伝えしていましたが、今日、新たに職員の停職3カ月という懲戒処分の実態が明らかに。8月に分かったものですが、新市長就任後の昨日8日に処分が執行されました。
内容は、免許証更新をせず公用車を運転。さらに平成30年には偽造した免許証の写しを市に提出していたとのことですが、私たち議員も記者発表以上の情報はなく、市のHPの新着情報に記者発表の内容が記載されておりますのでご関心のある方はご覧になって下さい。

いずれも前市長時代に発生した事案です。

しかし、何でこんなに問題が続くのか。理解に苦しむところです。これらに対して新市長がどのようなメッセージを発信されるのか。職員も市民も固唾を呑んで見守っていますが、しかし、ここまで来ると首長云々ではなく、職員自らが考えるべき"公務員の矜持"の問題ではと思えてなりません。私はこれまでも事あるごとに行政の見直し、行政改革を訴えて来ました。自ら律する。誰に言われた、彼に言われたではない。綱紀粛正は職員自らの手で行うべきです。問題がこんなにあちこち吹き出すのは組織に問題があるからです。市長が気合を入れたり全てを監督して済む問題にあらず。管理職のマネージメント力が問われます。

しかし、市政一新を掲げる木村市長には間髪入れず、的確なメッセージを発信し、職員の意識改革の機会としていただきたい。そして、原因を特定し膿を出し切り、再発防止に努めていただくよう心からお願いします。正に、市政一新待ったなしです。