記事一覧

追記

2019.10.16

アイコン

自主避難所と指定避難所

前々回のブログで警戒レベル3の自主避難と警戒レベル4の避難勧告による避難について書きました。その中で、避難勧告で避難した方に備蓄品の毛布と水が配布されたとお知らせしましたが、少し追記を。私がいた指定避難所では毛布はほぼ一人に一枚配布され、水は個別配布ではなく1.8ℓのボトルがいつでもお使いいただけるよう用意されましたという状況です。しかし、ほとんどの方はご自分でお持ちになっていたのか、水を所望される方はほとんどありませんでした。

さて、都内にいる私の身内が、うちの防災無線の内容はこんなだったよと、先ほど受信メールを送ってくれました。以下はその内容です。

✴️台風19号の東京地方への接近に伴い、自主的に避難されるかたにご利用いただくために、市内7か所のコミュニティ・センター内に自主避難所を開設しています。
開設日
令和元年10月12日(土)
?開設施設
・○○コミュニティ・センター(住所:**四丁目25番**号)
・○○コミュニティ・センター(住所:**七丁目6番**号)
・○○コミュニティ・センター(住所:**一丁目13番**号)
・○○○コミュニティ・センター(住所:***二丁目32番**号)
・○○○○コミュニティ・センター(住所:**一丁目11番*号)
・○○コミュニティ・センター(住所:***七丁目15番*号)
・○○コミュニティ・センター(住所:***三丁目13番**号)
◆利用にあたって
 ・自主避難所は、スペースの提供のみとなります。
 ・食料等の必要品は、各自でご準備の上、施設にお越しください。

✴️16時20分ごろに放送した防災行政無線の放送内容について
「こちらは、◉◉市です。洪水に関する警戒レベル4、避難勧告を発令しました。△川が氾濫するおそれがあります。**二丁目、四丁目、五丁目、六丁目の方は、◇◇◇小学校、または、◇◇中学校にすみやかに避難してください。避難場所への移動が危険な場合は、近くの安全な場所に避難するか、屋内の高いところに避難してください。」

窓を締めていたのでほとんど聞き取れず、回数も1回かな、という記憶です。幸手市と何が違うか。それは避難場所を指定していることです。自主避難所への避難は食料等の準備も促しています。防災無線が聞き取りにくいのはどこも同じですが、情報の内容は充実していますね。内容から、防災無線は地域限定で放送されたことが伺えます。幸手市と同様、災害メールの受信を登録していれば、居住地近くの避難場所が手元のケータイ等で分かるようになっています。

何が最適かはいろいろなお考えがあるかと思います。他のまちの事例がそのままわが町に当てはまるというものでもありません。まだ検証作業はこれからですが、とりあえず入手した他市の状況を私の備忘録方、お知らせいたしました。より良い改善に向け、少しでも繋げていければと思います。