記事一覧

いろいろな体験より

2019.10.18

アイコン

市民の方の12日の体験より

日が経つにつれ、いろいろな方からいろいろな体験をお聞きします。今の時期はそんなことがあったのか。ああ、私もそうだった、など、まずはみんなで12日の追体験することは大事なことだと考えます。改善は、みんなが幸手市で何が起きていたのかを知ることから始まる。私はそう信じています。私が今日お聞きした体験や思い、ご意見の幾つかをお伝えいたします。

体験❶🐕ペット連れはダメだった
スマホのメール情報で避難勧告を知り、大至急荷物をまとめて、妻と愛犬同伴で近隣の避難所に歩いて避難。ところが犬を連れての避難所入所はダメだと。アレルギーの方への配慮と。仕方なく自宅に戻った。

体験❷避難所の駐車場🚗満杯
私は歩いて避難したが、避難所には車が満杯状態。遠方からの避難では仕方ない部分もあるが、車での避難のあり方も決めた方がいいと思う。

体験❸🤱🤰妊婦さんへの配慮は必要
産院に勤めている。12日はシフトではなかったが、先生が待機された。防災無線は聞き取りにくく、避難場所もわからなかった。避難所では妊婦さんなどに配慮を。

改めて。余談を少し。皆さまの中にもペットをどうしようかと考えてそもそも避難を諦めた方もおられるでしょうか。これまでの地震などではペット連れ故に車中泊という事例は知るところですが、水害の場合は避難場所も限られることからペットをどう扱うか。これも何らかの決め事は必要ですね。難しい問題です。
車での避難は避難中に水に流されるということもあり、勧めることもできませんが、しかし、避難所から離れたところから避難する場合、徒歩ともいかない。駐車スペースは十分ではない。
赤ちゃん連れや妊婦さんへの配慮は大事なことですね。これについては、前にブログで書きましたが、やはり、避難所運営には女性のリーダーが必要だと思います。男性には申し訳ありませんが、女性のことは女性にしかわからないことは多いのです。私のような年齢になるとそれほどでもなくなりますが、若い女性や妊婦さんなどには体調含めできるだけ配慮してあげたいものです。
今回、私がいた避難所に「授乳室」を作ったことをお伝えすると評価していただきました。

いかがでしょう。同じ体験、思いをした方もいらっしゃるでしょうか。これからも皆さまの様々な体験を共有していきましょう。