記事一覧

幸手駅東口エレベーターにも台風の影響

2019.10.21

アイコン

ただ今停止中 原因解明を急ぐ

幸手駅をご利用の皆さまには既にご承知のことと思いますが、先の台風で幸手駅東口のエレベーターが止まっています。まだ復旧に至らずたいへんご迷惑をおかけしていますが、原因と対応について金曜日に確認ができましたので遅れ馳せながらお知らせいたします。

エレベーターが動かなくなった原因は、エレベーターの下に掘り下げられているピットに大量の雨水が流入し、据え付けられた電子部品が水に浸かってしまったことによるものです。他の駅等でも同様の原因で同タイプのエレベーターが複数故障しているらしく、交換部品の取り寄せにはもう少し時間がかかるということのようです。

工事が始まる前、設計図を見た時に外付けのエレベーターでありながらひさしが少し小さいような印象でしたが、それにしてもです。暴風でいくら雨がピットに吹き込んだとしてもピットの大きさが縦横約2m×2mもあり、そこに深さ約70cmもの雨水が溜まるというのは余りに大量。ドアの隙間からの流入だけでは考えにくいと担当課も首を傾げています。
部品交換を急ぐのと並行してさらに詳細に調査中とのことですが、修理にもう少し時間がかかりそうです。皆さまにはご不便をおかけいたします。車椅子等での駅のご利用には今しばらくは西口への送迎をお願いいたします。

さて、自由通路は3月に幸手市に引渡されてまだ半年です。想定外の自然災害なのか、構造等に問題はないか。様々な観点から慎重に原因を究明していただきたいと思う次第です。