記事一覧

日本人にとって皇室とは

2019.10.22

アイコン

即位礼正殿の儀

今日は新しい令和の時代の天皇陛下の即位を宣明されるという日本にとって大切な日でした。私は天皇ご一家に特別な思い入れを持つ者ではありませんが、しかし、日本の天皇ご一家は日本人の模範として多くの人に親しく愛されている存在です。昭和天皇、平成天皇はもちろん、今の皇后さまも、そして、上皇后さまも、これまでのしきたりと格闘しながら今の皇室のあり方を模索されて来られました。今の日本にもし皇室がなかったらどのような日本となっていたのか。

戦争の時代を乗り越え、国民に愛される皇室を築いて来られた皇室の方々のご苦難は計り知れませんし、日本人の中にも天皇制に対して今も不信をお感じの方もあると思いますが、私は日本の国体になくてはならない方達ではないかと感じています。被災地をご視察されると被災された方達に大きなお力をお与えになる。ご自身の自由を犠牲にして国民に寄り添われる。そんな姿から、名古屋の芸術祭に昭和天皇の写真を焼いたりするような"芸術作品"が展示されたということですが、私は表現の自由や芸術とは一線を画すものではないかとの印象が拭えません。

平和国家日本の象徴として、これからも政治的な権力ではなく、日本人の心の支えとしてご繁栄下さるようご祈念申し上げます。