記事一覧

令和2年度予算要望

2019.11.12

アイコン

会派「幸手市政クラブ」 市長に来年度予算要望を提出

来年度予算の編成期の今、役所では各部課へのヒヤリングと査定に向けた調整が行われている時期です。私たち会派も昨日、市長に対し、来年度予算の要望を提出してきました。

来年度予算がとてもタイトであることは市の予算編成方針を見ても明らかだと、先日もこのブログでお伝えいたしました。それを底辺に何をどう組み立てるのか。どのように財源を捻出し、新市長が公約とした事業を進めるのか。何と言っても新年度は新市長初めての予算編成ですから大いに注目ですね。そのような状況にあって、昨日は、武藤議員とともに会派の考えを要望書にまとめ、市長に提出してきました。
要望書の内容は以下の通りです。

【令和2年度予算要望書】
当局におかれましては、市政進展のためご尽力を賜り心より感謝申し上げます。
さて、残念ながら、昨今、本市においてはさまざまの不祥事等を始め、市民の皆様に不安を抱かせ信頼を損なう事象が続発しております。令和2年度予算編成にあたりましては、これらを払拭し、信頼を回復すべき年となります。つきましては、財政状況の厳しい折ではありますが、市民の安心、安全な市民生活確保のため、下記の事項にご配慮いただきますよう要望申し上げます。

●危機管理、防災体制の確立及び消防体制の強化
●ライフラインの安全確保
●高齢社会に対するデマンド交通の見直しなど交通手段の確保
●生活道路の補修整備
●学習環境の整備
●財政基盤強化のため新たな県企業局による産業団地の誘致と、圏央道、4号バイパス(東埼玉道路)との接続となる惣新田幸手線バイパスの整備促進
●公共施設の整備管理計画の確立と早期着手
●一人ひとりの職員が公務員として、幸手市をどうすべきか、市民サービスをいかに行うか、市長のためだけでなく市民のために働くという自覚と責任の確立、また、そのための研修の充実
●法令、条例、規則等の遵守と業務執行

以上お願い申し上げます。

個別な事業に細かな要望をするというスタイルではありませんので、「これで要望?」と思われるかもしれませんが、市議会議員として皆さまに公約している事項が効果的に実行されることを第一とし、会派としての今後の市政チェックの基本的なスタンスを示したものとお受け取りいただければ幸いです。

短中長期のものが混在していますが、それぞれ段階を踏んで進めていかなければならないものばかりです。先般の台風19号における防災体制の見直しや地域の交通手段の確保、学習環境の整備などは長期展望を持ちながらも短期に結果が求められるものです。また、幸手市庁舎を始め、公共施設は、床面積を30%削減する計画であり、住民の皆さまの理解なく進めることができない施策です。整備のあり方も含め、住民の皆さまに十分なご意見をいただきながら進めるには時間がかかりますが、できればコンサル丸投げではなく、このような住民と対話を要する案件は職員手づくりで計画を詰めて欲しい。そして、そのためにも、何より市政クラブの思いとして、下の2つの●は重要ポイントです。前書きにもありますように、ここ数年、幸手市では様々な不祥事が頻発しています。その度に私たちは、コンプライアンスや規律について提言を繰り返してきました。新市長には是非ともこの点にこそ大鉈を振るっていただくことを期待するものです。

♥職員の個々の資質というより、組織として人材育成と適材適所配置。さらに、私は組織改編なども有効に活用して筋肉質な業務体制を確立していただきたいと強く願うものです。