記事一覧

子育て応援まつり@ウェルス

2019.12.08

アイコン

ハイハイレース 幸手の赤ちゃん大集合‼️

今日は、朝からウェルスで「子育て応援まつり」が開催され、私もボランティアの一員として参加してきました。今日は1日、とても穏やかなお天気で、多くの親子連れ、じいじばあば連れで賑わいました。

開会時には木村市長がご挨拶。その後、少しブースを回って次の公務に向かわれましたが、今日はなんと、朝から夜まで7つの公務が重なっているとか。木村市長におかれてはまだ副市長の選任前で一人で公務に臨んでおられるわけですが、本当にお疲れさまです。
さて、まつりの様子を少しお知らせします。

子育て応援まつりは今年14回目を迎える長寿事業です。社協や子ども支援課、登録するボランティア団体などによって組織する子育てネットワークが中心となって運営している、毎年クリスマス前の恒例行事です。人形劇や折り紙などの手作りコーナー、おもちゃ病院などのほか、フロアでは子どもたちによるダンスや太鼓などの実演。ジャグリングなどの演技もありました。私のグループはトレーニング室で赤ちゃんのハイハイレースを担当。

ハイハイレースとは、3メートルのマットレスをコースとし、赤ちゃんがハイハイで進みます。順位ではなく、完走が目的です。選手は15人の赤ちゃん。3組に別れて"競い"ました。親は必死。こっちこっちと手を叩くもそう簡単にはいきません。本番では、無情にもゴールできずタイムアップとなる赤ちゃんも。本番以外ではスイスイ這うのに、なかなか大人の思惑通りにはいきません。いや〜、盛り上がりました。

赤ちゃんの他にも兄弟姉妹、パパ、ママ、じいじ、ばあばなどなど、私たちスタッフも含め総勢80人ほどの人が、ウレタンマットのコースを行く"選手"に大声援。最後はそれぞれ「完走賞」のメダルとおみやげをもらって、みんな笑顔のひと時でした。

ハイハイという月齢が同じくらいの赤ちゃんが集合するわけですが、産院が同じだったり、母親教室が一緒だったりとママ達の様子も垣間見え、頑張っているパパの姿も微笑ましく感じた次第です。

また、今日は学生ボランティアとして市内中学生も参加。赤ちゃんレースのお手伝いをしてくれました。子どもが大好きな中学3年生。保育士希望ということでしたが、義務教育残りの3ヶ月を有意義に過ごし、受験を制して希望を叶えて欲しいと思います。赤ちゃんの健やかな成長を心から願っています。中学生の将来に幸あれ❣️

こんな楽しいまつりが開催されています。もし、お孫さんや小さなお子さまがいらっしゃったら来年は是非、ご来場を。関係の皆さま、お疲れ様でした。