記事一覧

幸手市子ども議会

2020.02.07

アイコン

子ども議員から様々な提案 私が想う「笑顔で暮らせるまち さって」

昨日は風が強いなあと思っていたら、何と何と、早々と花粉が飛び出したのでしょうか。昨日からどうも花粉症の症状が治りません。皆さまはいかですか?

さて、そのような突風が吹き荒れる中、昨日、市役所3階の市議会本会議場で行われた「幸手市子ども議会」の様子をお知らせします。私も始めは傍聴席に陣取ったのですが、上記の症状がひどく、仕方なく別室で視聴。臨場感には劣りましたが、各学校代表は、通学路の安全確保などの身近な問題から市の観光の活性化、環境問題への市の取り組みなどについて、たいへん堂々と質問をしていました。一方、市長は市政について、渾身の想いを子ども達に伝えていました。少し難しかったかなとは思いますが、子ども達が市政に対する理解を深めてくれたのではと思います。
答弁が毎年恒例の内容となっている質問も多いのですが、子ども達の目を通して語られる課題や問題意識、すなわち、子ども達が育つ環境づくりに、大人社会がキチンと対応していかなければとの印象を改めて強めた次第です。

当日の様子はすでに埼玉放送でも取り上げられ、テレビ等でご覧になった方もいらっしゃるかと思います。今日、今の時点では残念ながら市のHPが追いついておらず、他機関の先行報道となっていることは少し残念に感じますが、まあ、担当にもいろいろ手続きがあるのでしょう。今の情報社会、サクサク検索できてこそのプロモーションです。改善できるなら改善してほしいですね。

♥ご関心がありましたら、「幸手市子ども議会」と検索を。よろしくお願いします。