記事一覧

ついに出口か

2020.05.16
埼玉県 一部施設再開 図書館や小型遊具 出口戦略へ一歩&学校再開で「登校日を設定」

県は15日、新型コロナウィルス対策本部会議を開き、現在の県の緊急事態宣言の一部を緩和し、図書館の利用を再開することなどを決めた。「接触の機会を減らすだけでなく、感染の機会を減らすことに成功すればよりできることが多くなる」と大野知事。いよいよ感染防止の「出口戦略」へ。埼玉新聞より。

今頃、朝刊を見ています。皆さまにはすでにご存知のニュースですね。備忘録方、掲載いたします。さらに、埼玉県教育委員会教育長は、県内の学校再開について、週1日程度の登校日を設け、授業動画や分散投稿などを併用する期間を設けるという。学校再開に向けた条件等の詳細は検討中と言うことですが、やっとそんな時期が来たんだなあと少しほっとしますね。
子どもたちだけでなく、先生方も待ちわびた学校再開です。これから万全の体制を整えた上で保護者の理解を得ての再開となりそうです。良かったです。

実は、昨日、一昨日と東京の孫が登校日だったと言っていたので、埼玉県はいつかなあと思っていたところでした。そうそう、数日前、孫宅に「アベノマスク」が届いたそうです。安倍首相が着けているアレです。やっぱりかなり小ぶり。手作りマスクなどカラフルなマスクが存在感を増している昨今、登校日に集まった子どもたちもアベノマスクの子は残念ながらいなかったそうな。大枚はたいたマスクなのに。勿体ないことです。待てばウチにも来るのでしょうか。😷😷

♥しかし、自粛解除での気の緩みは禁物。今後も予防を怠りなく。三密防止、手洗い励行。マスク着用。😷みんなで協力して参りましょう。

♥さて、幸手市の公共施設の解除はいかに。