記事一覧

コロナワクチン接種 報告

2021.04.17

アイコン

から議会にコロナワクチン接種の現況が報告されました

昨日は市長召集の議員全員協議会があり、5つの議題で報告がありました。そのうち、コロナ関連の2議題についてご報告いたします。

【コロナ関連】
❶新型コロナウィルスワクチン接種について
4月2日に第一弾の予約受付が始まったコロナワクチン接種。私たち議員にも複数の市民の皆さまからご意見やご要望が届いています。昨日は市からの現況報告の後、議員からの質疑が受け付けられました。私は、多くの方が電話で繋がるだけでも困難となった予約受付の反省と次期対策、希少なワクチンを一人分も無駄にしないシュミレーション、ドタキャン対策などを問いました。この他7人の議員が質問。それらへの答弁も含めて概要をお知らせいたします。

■はじめに
75歳以上の皆さまに接種券9,123通を郵送した中で始まった4月2日からの接種予約。当初より電話5回線とウェブ予約で全ての申し込みに対応できるのか、との危惧はありましたが、案の定の結果に、説明の冒頭、市からも多くの皆さまにご心配とご不便をおかけしたことについて反省とお詫びの言葉がありました。

■報告 受付結果
・電話での予約413件、ウェブでの予約462件。
・接種日4日間(各日220人定員)の予約は即完。
議員に説明されていた当初1箱のワクチン配分予定がその後、急遽増配され、私も予約受付人数を485人とお知らせしていましたが実際の受付は880人に倍増されました。質疑では、複数の議員から情報の遅滞なき伝達への要望と、ウェブ予約のシステム的課題、予約受付完了の市民に対するタイムリーな周知などの課題が指摘されました。

■今後の対応、対策について
市は、電話の架かりにくさ対策として、次回受付以降は、予約を受け付けるコールセンター回線を2回線増設し7回線で対応するとのこと。それでも電話の繋がりにくさが予見されることから議員からは、もっと増設できないのかとの指摘もありました。市からは現況の施設(ウエルス)の架線敷設能力、予約管理システムとの連携上の課題を含め、現状では2回線増設がMAX対応であるとの説明がされました。私も現況やむなしと受け止めるものですが、さりとて、市民の混乱はみえています。改善に限界があるとしたら他に何が可能か。複数の議員からも申し込める対象者をもう少し年齢を刻むなどして行えないかなどの提案があり。市は今後の検討としました。

また、スムーズな接種に欠かせない接種当日のシュミレーションについては、近日、医師会の先生方や市職員など関係者による集団接種シュミレーションが実施予定とされています。繊細な管理が必要な希少なワクチンに対して、時間と場所、人数を制約して行う今回の接種。対象者の予診と導線のスムーズさはもちろんのこと、集団行動に対する感染対策が必須です。今のところ、接種会場では接種者10〜12人ほどをグループとし、30分程度で予診環境を整え、準備ができたら医師がグループに出向いて問診と注射を行うことが想定されています。ワクチンの無駄を出さない対策も含め、まず、幸手市の接種初日となる5月6日、75歳以上220人の方が混乱なく接種ができるように準備をしなければなりせん。すでに接種が始まっている他自治体の事例や知見もあり、十分な検討を行うよう私を含め複数の議員から指摘がなされました。皆さまにおかれましては当日のキャンセルはできる限り避けるようご調整くださいますようお願いいたします。

♥この度の予約申し込みの混乱に関して、議員からは「危機管理として行政能力が問われる局面だ」との厳しい指摘もありました。また、タイムリーな情報提供を求める声も複数ありました。国のワクチン配分自体、国民の早期に接種したいとの気持ちに添い切れない中にあり、市の担当者も出来るだけ混乱のないようにと準備対応していますが、1億人が2回接種するという前代未聞の事業です。国の今後のワクチン配送予定にはまだまだ不確定要素もありますが、希望者全ての方が接種できることは間違いなく、市はこれについては今後、様々な媒体を使って市民の皆さまのご不安の解消と安心、ご理解をいただけるよう広報して行くとしています。

♥♥予約申し込みの困難さを複数の方からお聞きしている私も、今後も予約受付から接種までの一連のスムーズな対応、対策は引き続き求めてまいります。皆さまには、ワクチン供給体制のもどかしさの中でご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

❷所得が少ない(低所得)子育て世帯への給付金について
コロナ関連のもう1つの議題です。
新型コロナウィルス感染症による影響が長期化する中で、所得の少ない子育て世帯に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、子育て世帯生活支援特別給付金を支給する事業が実施さるます。
今回はひとり親世帯が対象です。支給対象者のうち、令和3年4月分の児童扶養手当の支給を受けている方は申請不要です。その他、新型コロナウィルス感染症の影響受けて家計が急変し収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方なども対象となりますので条件等お確かめ下さい。なお、支給額は児童一人当たり一律50,000円。全額国庫負担で賄われます。今回はひとり親世帯が対象ですが、ひとり親世帯以外の所得が少ない世帯への給付については現在国において制度設計がなされている段階ですので、正式な通知を受けた後に別途対応することとなっています。

♥対象と思われる方は担当課(こども支援課)にご確認下さい。

75歳以上の方へ コロナワクチン接種予約 状況

2021.04.05

アイコン

75歳以上 予約第一弾は終了 今後について

4月から始まったワクチン接種予約。市では「新型コロナウイルスワクチン対策室」を新設し、ワクチン接種券は第一弾として、75歳以上の皆さまに3月30日に届け。コールセンターは5回線を架設し予約に対応しています。

しかし、始まった当初から予約の受付はパンク状態で、今日も複数の方から回線がかからないとのご指摘をいただきました。市に確認してみると、予約はすでに予定定員に達し、これ以上の予約をお受けする状況ではないことが判明。ワクチンの供給量が少なく、今後の供給が見通せない中では予約を受け付けると市として"空手形"をお渡しすることになります。そのことから、予約そのものを一時中断するとの判断がなされる事態のようです。

これについては、市は早急にHPでお知らせするとともに、75歳以上の市民の方については、近日、ハガキでお知らせを送付する予定とのこと。
ワクチン接種事業は国のスケジュールに合わせた対応がなされていますが、世界中でワクチンの供給が待たれる中、不測の事態や遅延に対しても現場では懸命の調整が行われています。先ほど、私たち議員にも新型コロナウィルスワクチン担当室から上記を知らせる通知がありましたので、取り急ぎ下記に転記いたします。皆さまにはご心配をおかけいたしますが、ご理解とご協力のほどお願い致します。

【新型コロナウイルスワクチン接種の予約について】
議員各位
4月2日に「新型コロナウィルスワクチン接種実施計画の送付について」の通知の中で、「当面1箱の半分である485人分を受け付け、供給のめどがつき次第、予約できる人数を増やして参りますのでご承知おきください」とご案内しましたが、5月6日から5月15日までの予約が予定定員に達したため、一旦予約の受付をのみ取りやめる事といたしました。

ワクチンの供給が不安定のため、予約の再開については5月10日からを予定しております。このこの対応についてはホームページでお知らせするとともに、75歳以上の市民の方には葉書によりお知らせいたします。

♥今後、いろいろな媒体を使ってお知らせが発信されると思います。ワクチン接種がスケジュール通りにいかないことは始める前から予測されたことであり、5回線の電話で大丈夫かとの心配はありました。電話では予約だけでなくいろいろなご相談などにも対応するため、どうしてもお一人あたりの通話時間が長くなることも否めません。今後については、できる限り混乱を避けるための改善を講ずるようですが、私も皆さまから頂くご提言やご意見、要望を市に伝えてまいります。
皆様にご心配をおかけして恐縮ですが、皆さまのご理解とご協力を重ねてよろしくお願い致します。

市のコロナ情報

2021.03.13

アイコン

市内感染者100例目となる

昨日、幸手市の新型コロナウイルス感染者の発生が100例目となったとの報告が手元に届きました。現在、このブログで感染者情報をお伝えするのは控えていますが、市HPの新着情報「新型コロナウイルスに関連した患者の発生」情報に追加掲載されている陽性者の療養状況を含めて、現在の状況をお知らせいたします。

陽性者の療養状況は最近追加された情報で、幸手保健所から提供された情報の集計に時間を要するため、概ね2週間毎の更新となるものとのことわりがあり。現在掲載されているのは2月15日現在を最新とするものですが、それを見ると、
2月15日現在 
要請者数(集計時) 92人
患者数 2人
入院中 2人
宿泊療養 0人
自宅療養 0人
入院調整中 0人
退院・療養終了 90人

となっています。首都圏はじめ、医療逼迫情報を目にする中、幸手市においては、この時点では陽性者は全員入院、そのほかの皆さまは療養を終了されている環境にあり、皆さまの安心に繋がる状況で推移しているものと判断いたします。

感染のリスクは誰でも同じです。そして、現場では必要な対応がなされた後、退院・療養終了となられています。陽性となられた皆さまにお見舞いを申し上げるとともに、感染された方を差別することのないよう私たちも配慮して参りましょう。

緊急事態宣言再延長@首都圏4都県

2021.03.06

アイコン

21日まで2週間の延長

政府が5日、首都圏1都3県に発令している緊急事態宣言を再延長すると決定。これに伴い、4知事も飲食店への時短営業要請継続などの取り組みを継続。全体昨年3月の連休以降感染者が急増したことを踏まえ、「一年前を思い出そう」を合言葉に手洗いや3密回避などの基本対策の徹底を促すとしています。

そしてこれに伴い、幸手市でも、市内公共施設の利用制限及び市主催事業への対応について、期間が延長されます。議員にも通知がありましたので、公共施設の予約に関する決定事項を抜粋してお知らせいたします。基本的な対応に特段の違いはありません。皆さまにはご不便をおかけいたしますがよろしくお願いします。なお、詳しくは市HPなどでお確かめ下さい。

■市内公共施設の利用制限及び市主催事業への対応について

【期間】令和3年3月21日まで延期する
(令和3年1月8日から令和3年3月21日)
【市内公共施設の利用制限】
・事前予約不要の屋内施設の休館措置は3月21日まで延長する。
・事前予約を受け付けている施設は、既に予約を受け付けた分について、その範囲で利用可とし、施設内のそれ以外の場所は原則利用不可とする。
・施設利用の際は新型コロナウィルス感染拡大防止措置を徹底するとともに、利用者に対しても対策を講じさせる。
・既に予約を受け付けた分については、予約のキャンセルや延期を呼びかける。
・3月屋内施設の期間中の利用について、新規予約は受け付けない。
・屋外施設の午後8時以降の利用についても新規予約は受け付けない。
・3月22日以降の利用予約については、期間が延長された場合は利用中止のお願いをすることがある旨必ず伝える。
など

♥広報さって3月号にコロナワクチン接種の流れについての情報が掲載されています。また、「第2段ハッピーPayPay」に関するチラシもおり込まれていましたが、こちらは3月15日までの短期間のポイント付与キャンペーン第2弾です。

♥♥宣言再延長で厳しい状況が続くことになりますが、更なるご理解とご協力をお願いいたします。また、いつものお願いで恐縮ですが、市内でのお買い物やテイクアウトなど、地域消費にさらなるご協力を。

♥♥♥幸手市のこれまでの累積感染者は95例と県内でも低い水準で推移しています。誰も感染リスクは同じです。これまで同様、3密対策、マスク着用、手洗いなどを励行しながら、後2週間、頑張って参りましょう。よろしくお願いします。

接種を希望される皆さま 3月広報紙をご確認ください

2021.02.27

アイコン

新型コロナワクチン接種の手順が掲載されますのでご確認を

昨日、一般質問の日程が終わりました。そして終了後、執行部から、広報さって3月号にワクチン接種に関する記事を掲載する旨、報告がありました。国際的にも国も、地方自治体も、まだ手探りで準備を進めている状況ではありますが、幸手市でも接種の実施体制、接種順位、接種までの手続き、予約など、体制の準備が整いつつあり。

昨日の報告では、ワクチン接種対象者にはこれまでの予定通り、今後、3月中旬から4月下旬にかけ通知が発送されることになります。その通知文の発送委託、皆さまからの相談や予約を受け付けるためのコールセンターの設置委託なども進んでいます。また、3月下旬には各公民館とウェルス幸手で説明会を開催する予定との説明でした。
本ワクチン接種は任意接種であり、今後、ワクチン接種の希望者は自分で接種予約を行っていくことになりますので、ご希望者は3月広報紙や接種券などのご確認をよろしくお願いいたします。

♥国や県が走りながら制度を設計している状況報道などを観て、予定通り接種にご心配をされる方もあられると思います。大元のワクチンの入荷遅滞による接種時期の遅れへの懸念はありますが、国内的には例えば、昨年の一人10万円給付事業も当初は様々な課題が指摘されていましたが、終わってみれば、少々の混乱はありましたが、全国の自治体が全市町村民への交付を完遂。幸手市も然り。当初、準備の遅れなどが心配されていましたが、職員の頑張りで皆さまのお手元に遅滞なく給付金が届いたのではないでしょうか。つくづく、恐るべし日本の官僚機構、行政機関。

私は日本を「通知国家」「通達主義」と勝手に命名していますが、どんな事業であれ、省庁を問わず、国から様々な微に入り細に入りの膨大な通知や通達が、都道府県や市町村の首長宛て、担当者宛てに日々発出されています。国会が方向性を決めれば、必ず官僚組織は遂行する。首長が指示すれば行政機関は動く。これぞ法治国家の国体。今回のワクチン接種も、現場担当者が国や県から来る膨大な通知や通達を読み込みながら、体制の構築を進めています。今後のシュミレーションを待たねばなりませんが、私はこの点は是非ご安心をしていただきたいと思います。

♥♥さて、前述の通り、これまで経験のない全国民対象のワクチン任意接種事業。これは希望者の予約から始まります。何度も申し上げて恐縮ですが、新型コロナワクチンは「任意接種」です。希望者各人が手続きを進めることが必要となります。幸手市でも現場職員は関係各位のご協力をいただきながら、接種を希望する最後のお一人までワクチンが行き渡るよう詰めを急いでいます。少々の混乱は想定されますが、接種を希望される皆さまには、3月広報紙、インターネットHP情報、接種券などをしっかりとご確認され、遅滞なく手続きをなさいますようお願いいたします。

♥♥♥また、ご希望者で会場までの移動手段を持たない方への対応をどうすべきか。これについては、先日の臨時議会におけるワクチン事業にかかる補正予算審議の折り、私も執行部に質疑し、検討を求めたところですが、それについても現在、検討が進められています。

ページ移動