記事一覧

来月抗体1万人調査

2020.05.17

アイコン

感染拡大防止から次のステップへ

厚労省が、いよいよ新型コロナウィルスの抗体検査を1万人規模で来月から実施すると決めました。恥ずかしながら、感染すること、陽性であること、抗体を持つことの区別はよくわかりませんが、しかし、コロナ対策は明らかに新たな時期に。

都内の医療機関を受診した500人の血液を調べたところ、過去に新型コロナウィルスに感染したことを示す抗体が3人(0.6%)で見つかった。東大の教授は「東京ではこれまでに判明した5000人の16倍にあたる80,000人の感染者がいるのではないか」と指摘しているそうです。
抗体を持つ人が増えることで感染が鎮静化に向かう。その段階に差し掛かってきました。

この検査はどこでも誰でも受けられるのではなく、関係者によると、宮城県、東京都、大阪府で実施の方向で調整されているとのこと。宮城県によると、年齢や性別のバランスを考慮して約3000人を選び出して協力を依頼。市役所や町役場で採血して、抗体が含まれるかどうかを調べる。結果は本人に伝える。大阪府も約3000人が対象となるということ。

この検査は、感染後体内にできる抗体が血液中にあるかどうかを見ることで、過去に感染した人がどれだけいるかを把握し、ワクチン摂取が必要な人数や次の流行で感染する可能性がある人数の推計につながることが期待されているそうです。

私たちの生活も生活様式も、即座に元通りとはいきませんが、ワクチン開発なども進められている中、まだ予断は許されませんが、人類はこのウイルス🦠と対峙できる道を獲得しつつある。このような闘いに打ち勝ってきた歴史の上に、大きくは人類の、身近には今日の生活があるということを改めて感じますね。

♥畏敬、畏怖…。そんな言葉が過ぎります。この地球に宿る生命体は人間だけではないということを改めて感じます。ひと段落したら、次は今回の緊急事態への対応の如何が国際機関、国会など各所で議論されるでしょう。誰かの足を引っ張らんかの議論ではなく、地球儀を俯瞰し、人類という生命共同体の同士として、未来を見据えた建設的な論戦に期待、ですね。