記事一覧

6月議会一般質問

2020.05.23

アイコン

6月議会松田まさよ一般質問 質問項目

いよいよ6月議会が始まります。国の地方創生臨時交付金を含む大型コロナ対策などの議案の提出が予定されています。一般質問は、新型コロナウィルスの感染防止を考慮し、下記の事項を議員全員で確認。

【議運での確認事項】
1. 6月定例会の一般質問については「幸手市議会申し合わせ事項」にかかわらず、今回に限り、質問時間を30分以内とする。また、一般質問の項目は会派内での重複がないように調整するとともに、極力3項目以内となるよう努めるものとする。

【松田まさよ一般質問】
~以下の2項目を取り上げました~

1.防災対策の強化について
先日このブログでもお知らせした衝撃的なコメ泥棒被害を中心に、幸手市内全域の空き巣等も含めた侵入窃盗被害・検挙状況、市の対策強化をどう考えるかを確認するつもりです。防犯の最大の抑止は検挙です。地域を守る議論をしたいと思います。

2.防災対策の強化について
台風19号を受けて、避難所・避難場所開設マニュアルの作成が約束されていますが、未だ報告がないまま、また雨の時期を迎えます。マニュアルは作ってからがスタート。地域の自主防災組織や自治会や関係機関・者との連携には時間が必要です。さらに、新型コロナウィルス感染症の発生で、これまでの災害対応に加え、新たに感染拡大防止(三密状態)の回避等への備えが求められる状況に。対策について市の考えを確認する予定です。

♥「コロナ🦠の質問はしないの?」と思われるかも知れませんが、6月議会では、まず、議員全員協議会で市のコロナ対策の経過報告が予定され、また、4月から私は市に対して都度意見書を出してきました(市議会ルールに則り)が、その意見書への回答も予定されており、コロナ対策関連については、それらを聞いた上で、6月議会の議案審議の中でしっかり議論していくつもりです。

♥♥取り上げた2項目は、実は昨秋からの宿題であり、災害や防犯の綻びは市民や住民の日常生活の安全を脅かすもの。防災、防犯は安全な街づくりの根幹。次に起こらないための対策は必至。安全な地域を守るための2題です。