記事一覧

消防西分署問題

2020.05.26

アイコン

幸手消防西分署に関する市長報告

先日18日の議員全員協議会は、市長から西分署の存続協議の現状報告がありました。遅れ馳せながら皆さまにお知らせいたします。

【18日の市長報告】-趣旨要約-
❶これまでの経緯
東部消防組合は人口45万人の身体・生命、財産を守ることを目的にH24年近隣4市2町が調印、協定書で運営を計画。その後、H30.7.25、正副管理者会議で合理化案(4署所廃止を含む)の協議を開始。今日に至っている。
❷現在
H31年から合意を得たことから順次合理化案を予算に反映。西分署存続は私の公約。廃止は受け入れられない。市民の安心安全のために、市民の期待に応えなければならないと考えた。幸手市は組合の中で広域化のメリットの最大化を目指す。そのため、今年2月の正副管理者会議で「前に進む合理化協議」を求め、以下、3点を要望、確認した。
①幸手市の現状維持
②組合の合理化考慮した一歩前進した議論
③組合の全体像に照らし、根拠を把握した合理化案の協議推進

そして過日5月14日、正副管理者会議で「西救急ステーション化案」が提案され管理者からコメントを求められる。「幸手西分署存続の声は大きい。市民の声に耳を傾けつつ、適切に対応したい。議会へ報告し、考えをまとめたい」として案を持ち帰り。本日の報告に至る。

凡そこのような説明でした。私は請願の紹介議員として、理ある民意が市長を後押ししたと考えます。具体案の説明後、議員にも発言の機会あり。私は「市民請願の本意に鑑み、結果に100%満足ではない。が、廃止案の俎上にあった西分署について管理者間協議で改めて、署所存続自体を合意に導き、市民の最大の不安である救急体制の維持を実現させた木村市長の尽力を評価。私は7115名の民意が今回の結果を下支えしたと考える。加えて市長には、今後もさらに可能な限り市民のための交渉を継続いただくようお願いしたい」旨発言。議員間の温度差や意見の不一致さも見受けられましたが、今はまだいろいろな議論はあって当然です。

【その後の動き】
請願代表・後援者によると、市議会決議が組合に届けられた後もさらに署名活動を続け、去る5月20日、組合に対して、当初からの計画通り市内区長・在職者等63名の署名こをもって、市議会請願よりより広域化の視点を加えた要望を提出したとのこと。今日、住民にも自治会回覧でその報告がありました。コロナ緊急事態宣言等もあり、第二弾の署名取りまとめにはご苦労があったとの後日談も聞いています。地域の生活環境の維持向上に最後までご尽力されていること、本当にお疲れ様です。
報告に掲載された"組合議会傍聴記"を見ると、西分署の地盤沈下や訓練塔の利用不能などを問題とする、存続を否定するともとれるような質問もありその本意を察しかねるところですが、これには「全く支障ない」との組合答弁。安堵です。

【今後について】
今後の交渉を見て市長から然るべき時期に然るべき方法で住民の皆さまへの説明がなされることになるでしょう(コロナ三密回避等もあり方法はまだ未定です)。市議会議員としては、目標を持って頑張っている市長を支援するしか出来ませんが、市長には、唯一幸手市の交渉窓口として、組合全体を俯瞰し、幸手市民の安全安心確保に、今後もさらによりよい結果を得るべく最後まで粘り強く頑張っていただきたいと思います。

♥私たち幸手市民は東部消防組合の組合員です。組合は私たちの手の届かない行政ではありません。最後まで最善を尽くす。それあるのみです。
♥♥紹介議員として、請願代表からの住民報告に先んじてのお知らせを控えておりました。ご報告が遅くなりましたがご理解のほどお願いいたします。