記事一覧

緊急事態宣言解除後の市の対応

2020.05.26

アイコン

本日16時の防災無線

こちらは、防災幸手です。
幸手市長の木村純夫です。
全国に出されていました緊急事態宣言が
解除されました。
市民の皆様のご協力に、深く感謝いたします。
今後におきましても
密閉・密集・密接を避けるとともに、
手洗いやマスクの着用などを徹底し
感染防止に努めてください。
こちらは、防災幸手です。

やっと長いトンネルを抜けました。防災無線の通り、まだまだ、油断は大敵です。気をつけて日常を取り戻して参りましょう。先程、市から以下の連絡がありましたのでお知らせいたします。

【幸手市における新型コロナウイルス対策措置の解除について】
令和2年5月25日の国の緊急事態宣言の解除を受け、本日、幸手市コロナウイルス対策本部会議において、下記のとおり決定しましたのでご報告いたします。

1 市主催(共催含む)イベント等の中止及び延期措置の解除期間を令和2年5月31日(日)までとし、6月1日(月)より原則実施します。ただし、実施に際しては感染防止対策を必ず講ずるものとします。なお、イベント等の規模及び内容によっては感染リスクを考慮し、別途中止する場合もあります。

2 公共施設の休館措置等の解除
屋内公共施設の休館措置及び屋外公共施設の利用中止の措置の期間を令和2年5月31日(日)までとし、感染防止対策が整った施設から、順次、利用を再開します。 各施設の開館状況等については、市ホームページにてお知らせします。

3 公立幼稚園及び市立小・中学校の休業措置の解除
公立幼稚園および市立小・中学校については、6月1日(月)から再開します。
このことにより、学校を段階的に再開し、各校が、国や県の示した「学校の再開にむけたガイドライン」等を参考にし、感染予防対策を十分に講じたうえで、教育活動を進めます。
また、6月1日(月)からの一週間は、半日の短縮授業を行います。給食については、6月8日(月)から再開する予定です。
社会教育団体に向けた学校開放については、6月1日(月)以降も当面の間、中止します。再開の期日が決まりましたら、別途お知らせします。

4 幸手市新型コロナウイルス対策本部について
緊急事態宣言下での「新型コロナウイルス対策本部」は解散とする。ただし、今後も市の組織として「新型コロナウイルス対策会議」を設け、引き続き市としての対応は継続していくこととします。(対策会議の担当課は危機管理防災課)

♥これによって、市議会の「新型コロナ感染症対策支援本部」も解散となります。