記事一覧

埼玉県コロナ対策補正予算1484億円

2020.06.16

アイコン

新型コロナウイルス埼玉県緊急対応補正予算 19日提案

国のコロナ関連第2次補正予算に対応した埼玉県2020年度一般会計補正予算案が新聞に載っていました。今後の感染拡大防止の取り組みや県民生活や県内の経済活動を支え、第2波への備えを万全に固めるための予算と大野知事。主な内容をおしらせします。

【埼玉県補正予算案(追加)主な内容】
▪️医療提供体制強化
・重点医療機関に対する病床確保・設備整備
・医療機関・薬局等の院内感染防止
・クラスター防止対策チーム「COVMAT」設置など
▪️医療・介護従事者ら支援
・医療従事者らへの慰労金
・介護職員らへ慰労金 など
▪️中小・小規模事業者支援
・中小企業、個人事業主への家賃補助

今回のコロナ補正額は1484億4435万円。補正後の埼玉県予算の累計は2兆1770億3002万円だそうです。慰労金の対象となる皆さまには本当にお疲れ様でした。特に、日本の高齢者の爆発的感染を防ぎ、防波堤としてご利用者の健康管理にご尽力くださった介護施設のスタッフの方たちの貢献に心より感謝です。

国や県からいろいろな補助や給付などが続きますが、東京都では夜の繁華街PCR検査の実施で連日、複数の陽性者が見つかるなど、クラスターの発見が続いています。海外では抑え込みに成功したとされる中国で新たな感染者確認の報道もあり。まだまだ気を緩めるわけには行きません。withコロナ"の生活は始まったばかりです。新聞には感染者の療養用に確保したホテルについて使用率が低くかつ、宿泊費の設定に公平性を欠く契約が指摘されています。時系列に検証し、withコロナや第2波へ備えを万全に。私たちもこれまで同様、3密の回避に心がけていきましょう。以上、県の動きでした。

■幸手市でも現在、コロナ第2次補正予算の編成作業が始まっています。

♥久々のブログ更新です。毎日、書きかけては文章の決め手を欠き、書き直しを繰り返すうちに日にちが経ってしまいました。毎日ご訪問下さる皆さま、また、諦めずご訪問くださる皆さま本当にありがとうございます。