記事一覧

withコロナを生きるということ

2020.06.20
新聞等ではコロナ対策の検証記事が花盛りな今

突然の「パンデミック」に国際社会と連携しながら対策を打ち出してきた政府の方針の下、地方自治体もまた、与えられた(求められる?)守備範囲の中で懸命にこの緊急事態に対応してきました。まだ予断は許されませんが、日本政府が国際社会から"失敗"の烙印を押される時期もありましたが、今は不思議の国との側面も残しながら、その結果が注目を集めるに至っています。もちろん、後手との批判やいろいろな議論はありますし、全く制度も国柄も事情も違う他国と優劣を競うのもあまり意味はありませんが、全体として、感染爆発を起こすことなく、死者数の激増もなく耐えてここまで来たことは私も評価されるべきだと思います。また、幸手市もその中で頑張ってきました。また、私も議員に与えられた機会を使っていろいろな意見や提言を市に提示してきました。

改めて今、日本が感染爆発を起こさなかった背景としてクローズアップされているのが、靴を脱ぐなどのもともとの生活様式をはじめ、マスクに抵抗がない、清潔な環境、ハグをしない、言語に發音が少ないなど、文化的な一面です。私は、それら文化的背景に加えて、自粛要請を受け入れた私たち自身の行動、さらに、国の制度である国民皆保険制度や介護保険制度などの制度、クラスター追跡という専門家の判断、医療や介護施設等に従事する皆さまの献身に守られたということを強く感じます。

しかし一方で、長期自粛要請による経済や雇用への影響は深刻です。厚労省集計によると、コロナ感染拡大に関連した解雇や雇い止めが全国で2.5万人に上り、そのうち非正規労働の従事者が54%を占めると発表。withコロナはこれまでも予兆があった社会の変容をますます加速しています。withコロナをどう生きるか、生き抜くか。

世界の中の日本、日本の中の埼玉、埼玉の中の幸手市は5万人の生命と財産を守るために存在しています。市長は社会の変化を見極め、短中長期に持続可能なまちづくりの航図を描く。私たち議員はチェック機関として役割を果たす。責任の重さに改めて身の引き締まる思いです。
withコロナ、afterコロナは皆さんとともに。難題は山積です。英知を絞って参りましょう。