記事一覧

9月議会一般質問 

2020.08.22

アイコン

昨日、9月議会の一般質問通告書を提出

人口減少や治水・災害対策をはじめ、厳しさの増す財政問題など、新年度予算の編成期を前に9月議会で質問したい項目はたくさんあります。特に財政問題は前市長時代の財政運営の結果、基金が枯渇。来年度の予算編成は厳しさがさらに増すことが想定されることから、9月はその検証を取り上げるつもりでしたが、会派内調整の結果、先輩議員の武藤議員が取り上げることとし、私は以下の2点を質問することにしました。

【松田まさよ一般質問】
1.埼玉東部消防組合幸手西分署救急ステーション化について
⑴今月5月、正副管理者会議において西分署の救急ステーション化案が提示され、幸手市では庁議を経て、案の受け入れを決定、8月18日には組合に対し、西分署救急ステーション化に同意の立場で態度表明をするとのことであった。正副管理者会議での協議結果を伺う。

2.新型コロナウイルス感染症対策における幸手市の通常業務に関する対処方針について
⑴新型コロナウイルス感染症発生による通常業務への影響を伺う。
⑵通常業務における市民・職員以外の関係者を含む会議等の開催の取り扱いを伺う。
⑶リモート・web会議の環境整備状況を伺う。
⑷今後の市のwithコロナの対処方針を伺う。

♥先の6月議会は緊急事態宣言の解除後間もなく、コロナ感染防止対策として時短を目的に、一般質問は議員の質問持ち時間を通常45分を30分に制限。質問項目は3項目以内で、会派で内容が重複しないよう項目調整することなどを申し合わせました。今回も感染拡大が続くことから同様の申し合わせが議会運営委員会(構成:会派代表)で決まりました。
今回、受付番号5番。一般質問初日最後の登壇が予想されます。

♥消防問題は幸手市議会の中でも組合議員の間に異論争論が勃発。組合の合意までにはまだデリケートな問題も残っており、私も慎重に準備して臨みたいと思っています。