記事一覧

教育界の事件

2020.09.19

アイコン

埼玉県教育委員会 教諭の懲戒免職

県教育委員会は9月10日、覚醒剤取締法違反容疑の公立中学校教諭(40)の懲戒免職、8月19日に有罪が確定して失職(低学年児童を服の上から触る)した元教諭(32)に退職手当を支給しないことを決定した、との報道より。

覚醒剤で懲戒になった教諭は「立場をわきまえ、もっと考えて行動しなければならなかった」と反省していると新聞は書いていますが、覚醒剤や児童へのわいせつ行為は立場をわきまえる以前に、個人の趣味や嗜好の問題ではなく、犯罪です。資質が問われる行為だと考えますがいかがでしょうか。
覚醒剤の誘惑に負けるような心情で子どもたちを導けるか。わいせつ行為は受けた人が大人になっても一生心の傷を持ち続けることも報告されています。私も学校相談員時代にそのような事例に遭遇しました。学校不審は連鎖します。

県教委は今のところ、処分者としての立場ですが、コトが起きてからの処罰ではなく、採用者でもあるのですから。採用時にできることはないのか、是非検証していただきたい。採用時に全てを見極めるのは簡単なことではないことも十分理解しますし、あまりに画一的な基準では多様性が失われます。しかし、被害が出てからでは遅いし、最近はこのような処分を伴う事件が多いと感じます。

再犯も増えています。これについては今後は40年間、犯罪歴がトレースできるような法整備も進んでいるようですが、多くの誠意ある先生たちのためにも、県教委にはこのような処分が起こらない環境づくりに取り組んでいただきたい。私も孫を持つ身。また、地域の"いちばあば"として、子どもたちの健全育成を求めて止みません。改善を強く求めます。